2016年2月26日 更新

山科 王将餃子より元祖ソウルフード!京都人御用達☆「珉珉食品・せみ餃子」【ご当地グルメ】

以前、王将ウォッチャーであると豪語していた私。そして、王将餃子こそ京都人のソウルフード!とまで断言。ですが、じつはもっと元祖のソウルフード餃子を忘れていました。今回は珉珉食品㈱の「せみ餃子」をご紹介します。

昔から変わらない、せみ柄のパッケージデザイン

 (17549)

こちらがその餃子。この赤と青のストライプ枠。昔からこんなだったと思います。こちらは珉珉食品㈱のせみ餃子。どうでしょう、王将と珉珉どっちが古い?と言われると珉珉のような記憶が。
珉珉というと、昭和28年大阪千日前に1号店をオープンし、京都にもチェーン店がある餃子店を関西人としては思い浮かべるのですが。じつはこのせみ餃子の珉珉食品、昔は大阪の珉珉と同じグループだったんだとか。そして、今は別経営の会社。山科区にあります。
さらに、この珉珉食品、なななんと!王将本社の目と鼻の先にあります!!なんでしょう・・・山科って、餃子特区なんでしょうか(笑)

スーパーには必ず置いてる定番商品・せみ餃子

 (17562)

そして、京都のスーパーには恐らく必ず置いてる定番商品。それにしてもイマドキこの値段。安ッ!
これでも割高。他のスーパーでは、税込み80円台だったり。だだ大丈夫でしょうか(笑)
 (17566)

そして、こんな高級路線の餃子も。といっても、この安さ(笑)

久々に買ってみた!

 (17569)

 (17572)

そう10個入りでした。王将より数は多い!そして安い!!
このタレ、懐かしいです。白いのはニンニク汁。好みで調節できます。昔から口臭対策を考えていたなんて、先駆的です(笑)

そして、焼いてみた!

 (17576)

より美味しく見せようと、せみ餃子だけに羽つき仕上げにしようと試みましたが失敗(笑)
でも、まあよく焼けてます。

で、食べてみた!

 (17579)

そして、実食!すいません。ピンボケです(笑)固形感としてはキャベツが認識できます。あと、んーなんでしょう。懐かしい味です。
王将全盛になるまではこれが京都人にとっての餃子でしたから。それに、王将1人前価格換算だと2人前食べられてお釣りがきますから。今も昔も庶民の味方と言えますね。

ヨ〜イヤサ〜♪

せみ餃子への口コミ

珉珉食品㈱ 会社情報

■会社名
珉珉食品㈱
■住所
京都府京都市山科区西野山射庭ノ上町211−1
■電話番号
075-591-7485

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな