2017年9月21日 更新

【ディープ京都酒場】水・金営業の格安立ち飲みパラダイス!商店街のかしわ屋さんの絶品鶏料理☆「堀川鳥岩」

前々から気になってたお店。堀川商店街にあるかしわ(鶏肉)屋さんで水・金曜のみ夜営業してる立ち飲み店。店頭に立ち飲みスペースを設け、自由な雰囲気。しかも格安な鳥料理をアテに飲めるのが人気。

夜な夜な静まり返った商店街に集う人々

 (95528)

堀川商店街。ふだんあまり夜来ることのない場所。呑兵衛の友人がこの商店街にあるかしわ屋さんが昼営業後、水曜と金曜の夜だけ立ち呑み店をオープンしてて、それがめっちゃいい!とウワサしてて。

夜の商店街、もう閑散としてます。どこも閉まるの早いですよね。
 (95554)

そうこうしてると、何やら一か所だけ人だかりが。
 (95555)

ここがそのかしわ屋さん。あ、関西では鶏肉を「かしわ」と呼びます。念のため補足。
もう店の前にテーブル張り出して盛り上がってます。しかもこんなに人気とは(笑)
 (95532)

ドリンク類けっこう割安。瓶ビール・赤星が400円はいい!他は300円。
 (95533)

で、すぐさま店のカウンターでメニュー表を見つつ注文。かしわ屋さんですから、当然鶏料理の数々。串モノは各種1本100円。揚げ物400円、サラダ系200円など。あと本日メニューもちょっと凝ったものがあります。
 (95531)

ちゃんと冷えたビールが出てきます。かしわ屋さんで(笑)
 (95534)

で、まずは赤星でカンパ~イ!ぷしゅ~
 (95535)

まず、すぐ出てくるアテとして肝のしぐれ煮200円。ねっとりとした鶏レバーを甘辛くお酒のアテとして仕上げた味付け。うめぇ~
 (95536)

サラダ類はふだん鶏肉が並んでいる冷蔵ケースで待機。
 (95537)

そして、焼き物はこんなふうにすぐそばで焼くライブ感。
 (95538)

すぐさま、スレンレス皿に乗って登場。万願寺、しいたけ、ぼんじり、せせり、皮など。いいよ~この焼き立て頬張りながらの立ち飲み。
 (95539)

この60年変わらぬ味付けの名物からあげ300円が絶品。ちょっと甘じょっぱい下味のついた、外はカリカリ中ジューシーな唐揚げ。ビールのアテにベストマッチな味の濃さ。
 (95541)

二日酔いとかも考慮して、トマトチューハイ。意外とトマトジュースのチューハイないんですよね。好きなんですが(笑)
 (95542)

きゅうりと大根の浅漬け。生姜も入ってさっぱり。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都・堀川商店街に佇む鶏肉店「堀川鳥岩」限定立ち飲みがパワーアップ!!

京都・堀川商店街に佇む鶏肉店「堀川鳥岩」限定立ち飲みがパワーアップ!!

京都府庁からもほど近い場所にある堀川商店街。その一角に店を構える「堀川鳥岩」がリニューアル。お昼は鶏肉店、夜は週2で立ち飲み営業をされてましたが、リニューアルし営業日も増えパワーアップ。「堀川鳥岩」の第2章をお届けします。
【京都酒場めぐり】繁華街の呑兵衛御用達人気店!話題の熱々名物エッグ必食☆立ち飲み店「ココロ」【四条河原町】

【京都酒場めぐり】繁華街の呑兵衛御用達人気店!話題の熱々名物エッグ必食☆立ち飲み店「ココロ」【四条河原町】

四条河原町の上る、木屋町との間にある飲食店が所狭しと立ち並ぶエリアに立地。立ち飲み店好きの呑兵衛の間では常に話題にのぼるお店。名物エッグを求めて行ってきました。
ディープな京都立呑みマニアの間で今ココが熱い!昼から営業の隠れ家店「立呑み友立ち」【三条河原町】

ディープな京都立呑みマニアの間で今ココが熱い!昼から営業の隠れ家店「立呑み友立ち」【三条河原町】

大勢の通行人でにぎわう三条通りから細い路地を南へ。敬愛する日本酒マニアの方と飲みに行くことになり、最近呑兵衛仲間の間で話題沸騰中の立ち呑み店。そして、昼から呑めるお店。
【京都西陣】昭和風情ただようディープエリアの老舗!隠れ家的で地元密着型の焼肉店☆「大詔閣」

【京都西陣】昭和風情ただようディープエリアの老舗!隠れ家的で地元密着型の焼肉店☆「大詔閣」

ちょうど白梅町で用事があり、その帰りに西陣へ。西陣界隈でもさらにディープな西陣京極の一角にある創業50年を超える老舗の焼肉店。三条や四条にも支店があり、こちらのお店が本店に当たるという。
ランチタイム過ぎても夕呑みできるパラダイス人気店!アテの高クオリティにまた感動☆「柳小路TAKA」【四条河原町】

ランチタイム過ぎても夕呑みできるパラダイス人気店!アテの高クオリティにまた感動☆「柳小路TAKA」【四条河原町】

いいお店というのは、自ずとリピート率高し。中途半端な午後3時過ぎ。それでも美味しいお酒とアテを求めるならここ。いつもは立ち呑みが多いんですが、今回は2階のテーブル席でゆっくりと堪能。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな