2018年4月16日 更新

京都・堀川商店街に佇む鶏肉店「堀川鳥岩」限定立ち飲みがパワーアップ!!

京都府庁からもほど近い場所にある堀川商店街。その一角に店を構える「堀川鳥岩」がリニューアル。お昼は鶏肉店、夜は週2で立ち飲み営業をされてましたが、リニューアルし営業日も増えパワーアップ。「堀川鳥岩」の第2章をお届けします。

堀川鳥岩の立ち飲みがパワーアップ

 (120692)

レトロな雰囲気漂う、堀川商店街。堀川通り沿い、ちょうど丸太町と今出川の中間あたりに位置します。再開発もすすみ個性的なお店が軒をつらねますが、その中でも一際人気だった「堀川鳥岩」。週2回水曜・金曜限定で営業されていた立ち飲み営業が人気で、常連さんをはじめ大盛況のお店でした。
その鳥岩が立ち飲みスペースを拡充させてリニューアルオープン。4月17日正式にリニューアルオープンしますが、先駆けて関係者向けにプレオープンが行われましたので、その様子をご紹介します。
 (120695)

こちらがリニューアル後の外観です。
以前の趣は残しつつも、きれいになり立ち飲みスペースがかなり拡充されました。
立ち飲みは週2日から週4日の火曜、水曜、金曜、土曜にパワーアップしました。
 (120763)

ちなみに以前はこんな様子。情緒があふれ独特な楽しそうな雰囲気でした。
美味しい鶏料理はもちろんですが、お隣さんは知らない人だったのに気付いたら一緒に楽しく飲んでいる、その一体感のある空間が一番の魅力でした。
 (120710)

リニューアル後、立ち飲みスペースはかなり広くなり、マックス40人くらいは入りそう感じに。
カウンター席が新設され、テーブル席が設けられています。

ちなみにトイレもきれいな洋式になり、以前のリニューアル前の状況を知っている方はビックリされるはず(笑)
 (120704)

立ち飲みスペースは拡充されましたが、大将の焼き台の位置は変わらず。
元ホテルの洋食シェフだった大将が焼く、絶品の焼鳥を頂くことができます。
リニューアル後も寡黙な大将が最前線でお店を率います。
 (120765)

こちらは以前のメニュー表ではありますが、基本的にはリニューアル後も価格は変わりません。
 (120766)

こちらも以前のドリンクメニュー。
瓶ビール、日本酒、酎ハイ、ハイボールなど定番のものが並びます。
リニューアルし、生ビールも注文できるようになりました。

美味しさもお値段も変わらず!

 (120697)

定番のポテサラ。クリーミーでまろやかな味わい。
よきスターターです。
 (120727)

鶏皮のポリポリ揚げ。名前の通りポリポリした食感と鶏皮の甘味が楽しい一品。
つい、つまんでしまいます。
 (120797)

味噌ダレが美味しいシャキシャキ野菜は、よき箸休めに。
 (120728)

ねっとりと美味しい鶏きものしぐれ煮。
ここまでがスピードメニュー。
 (120698)

堀川鳥岩の名物は、こちらのから揚げ。
揚げたてサクサク少し甘めの味付けで、噛みしめると鶏の旨味と甘味が口の中に広がります。
あわせるのはハイボール、ハイカラってやつですね。
 (120706)

気まぐれメニューのローストチキン(鶏の丸焼き)
じっくりと焼かれたローストチキンはしっとりと美味しく、クリーミーなソースとの相性もバツグン。元洋食シェフならではのお料理です。
 (120711)

大将がじっくりと丁寧に焼く、焼き物はこちら。
ももねぎ、もも塩、せせり、鶏ハラミ、鶏レバー、ずり、玉ねぎ、しいたけ、万願寺。
炭火でじっくりと焼くことで、素材の旨味が十分に引き出されています。
言うまでもなく、お酒との相性もよく、つい飲みすぎてしまいます。

 (120803)

プレオープン、最後は大将の言葉で〆。最後の最後まで大盛り上がり。
常連さんに、街に、愛されてきましたが、4月17日から「堀川鳥岩」の第2章がスタート。

立ち飲みスペースも広くなり、営業日も週4日(火曜、水曜、金曜、土曜)に増えました。
これからの進化が楽しみですね。

堀川鳥岩 クチコミでの評判

堀川鳥岩 店舗情報

店名:堀川鳥岩
住所:京都府京都市上京区西堀川通下長者町角
電話番号:075-441- 4070
営業時間
販売:10:00~18:00頃
立ち飲み17:30~22:00(火・水・金・土のみ)
定休日:日曜日
※店舗営業は11:00~19:00

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン