2018年8月31日 更新

毎年大人気!「妙心寺退蔵院」秋のお食事付き特別拝観はいかがですか?

妙心寺退蔵院「 秋のお食事付き特別拝観」でとっておきの紅葉狩りはいかがでしょうか。

昼夜表情の違う世界をじっくり堪能!

 (131488)

四季の華やぎと禅寺の落ち着いた佇まいを兼ね備えた妙心寺 退蔵院。秋の池泉回遊式庭園では、池のまわりの紅葉が美しく色づきます。
その退蔵院で、通常拝観前後に人数限定・ガイド付きで開催します!
妙心寺御用達精進料理店「阿じろ」のお食事付きで特別に拝観いただけるプランを、昼・夜の2時間帯ご用意しました!
 (131487)

開催概要

日程

2018年11月17日(土)~12月2日(日)  ※予約制・雨天決行
【昼食プラン】①11:30~13:00 / ②13:00~14:30
【夕食プラン】①17:30~19:00 / ②19:00~20:30
 ※各プランの集合・受付は開始時刻の10分前から退蔵院にて行います。
 ※準備の都合上、開始時刻前の入場はできません。

プラン

・昼食プラン:1名様 4,500円(特別拝観料・お食事代・税込)
・夕食プラン:1名様 5,000円(特別拝観料・お食事代・税込)
 ※各回定員 約35名。15名様以上の団体割引もあり
 11月23日~26日の夜プランにつきましては、7,000円のSPコースを開催致します!
 【チケットは、8/31(金)より販売開始!】

■お問い合わせ
株式会社のぞみ  おすすめ京都体験事務局
TEL 075-351-9915 
Mail yoyaku@onozomi.com
*平日10時~18時 ※土日祝休

精進料理店「阿じろ」謹製の特別メニュー

当会の料理は、精進料理店「阿じろ」による、特別メニュー(昼食:松花堂弁当、夕食:秋の精進膳)をご用意します。
特に夜間特別拝観プランでは、「京の秋御膳」と題して御膳スタイルでご用意。先付の白和合にはじまり、胡麻豆腐、彩りのよい季節物の平皿、名物「達磨うどん」など約10品にも及びます。滋味あふれる秋の味を賞味ください。
昼食:松花堂弁当

昼食:松花堂弁当

夕食:秋の精進膳

夕食:秋の精進膳

瓢箪となまずが迎える、妙心寺の名刹・退蔵院

禅の精神を表す水墨画「瓢鮎図」と今昔の庭園美

禅の精神を表す水墨画「瓢鮎図」と今昔の庭園美

退蔵院では、禅の精神を端的に表したこの「瓢鮎図」をモチーフにした瓦や欄間などが、境内の至る所に散りばめられています。
また作庭時期が異なる、室町期の枯山水庭園「元信の庭」と昭和期の池泉回遊式庭園「余香苑」が、400年の年月を越えて融合。秋の「余香苑」では紅葉が彩りを添え、自然豊かで美しい情景を作り出しています。

室町期の画家・如拙(じょせつ)筆の日本最古の水墨画「瓢鮎図(ひょうねんず)」(国宝)は、男が瓢箪でなまずを捕らえようとしている様子が描かれています。
*現在退蔵院で展示しているものは国宝模本

退蔵院の様子はこちらのビデオからもご覧いただけます

Four seasons of Taizoin Zen Buddhist Temple 妙心寺退蔵院の四季

アクセス

退蔵院(臨済宗妙心寺派大本山 妙心寺塔頭)/Taizo-in Zen Buddhist Temple
京都市右京区花園妙心寺町35
・JR花園駅から北東へ徒歩約7分、妙心寺南門より退蔵院へ
・JR京都駅(JR山陰本線で約12分) →JR花園駅
・三条京阪駅(地下鉄東西線で約8分) →JR二条駅(JR山陰本線で約5分) →JR花園駅
▼その他のアクセス▼
・京都市バス91,93号系統「妙心寺前」バス停から徒歩約3分、妙心寺南門より退蔵院へ
・嵐電北野線「妙心寺」駅から徒歩約10分、妙心寺北門より退蔵院へ
・「退蔵院駐車場」5台/南門側(下立売通沿い)
・「妙心寺大駐車場(花園会館隣)」20〜30台/南門側(下立売通沿い)
※妙心寺大駐車場は、花園会館の宿泊者優先。満車の場合は、近隣のコインパーキングを利用ください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

のぞみ のぞみ