2020年10月13日 更新

人数限定して開催。妙心寺退蔵院お食事付き「観楓会」

四季の華やぎと禅寺の落ち着いた佇まいを兼ね備えた、妙心寺 退蔵院にて色づく楓と「阿じろ」の精進料理を心ゆくまでゆっくりと。

昼夜表情の違う世界をじっくり堪能!

退蔵院入口

退蔵院入口

境内を鮮やかな紅葉で色を染める妙心寺 退蔵院では、お食事付き『観楓会』を開催いたします。静かにゆっくりと木々の彩りを楽しみたいという声にお応えし、人数を限定して特別ツアーを開催。今季はウイルス対策を講じた上で20名の定員制で行います。妙心寺御用達精進料理店「阿じろ」の食事を非公開の施設で味わい、庭園をゆったりと散策できる本プラン。さらに夜間拝観時には、庭園の貸切ライトアップを特別に行います。
 (168200)

絵画のような余香苑の眺め
 (168202)

 (168224)

夜の精進膳

夜の精進膳

今季より夜は週末のみの開催、お食事内容は、松茸を中心にグレードアップ
 (168206)

昼食は彩りも鮮やかな松花堂弁当

妙心寺退蔵院は、創建から700年以上。 歴史や伝統の重みと、庭園や木々の華やかさの両面が感じられます

妙心寺退蔵院の寺宝が「瓢鮎図」です。室町期の画家・如拙(じょせつ)が描いたと伝わる国宝で、禅の僧侶が修行の際に経験する「禅問答」をテーマにしています。
男が瓢箪(ひょうたん)で鯰(なまず)を捕らえようとしている様子を題材に、「瓢箪で、ぬるぬるした鮎を抑え捕ることができるか」が問われています。あなたなら、どう答えますか?

Four seasons of Taizoin Zen Buddhist Temple 妙心寺退蔵院の四季

開催概要

2020年11月14日(土)~11月29日(日)  ※予約制・雨天決行
【昼食プラン】:11/14(土)・21(土)・22(日)・23(祝)・29(日) 11:30〜13:00
【夕食プラン】:11/14(土)・15(日) 17:30〜19:00

・昼食プラン:1名様 5,000円(特別拝観料・お食事代・税込)
・夕食プラン:1名様 8,500円(特別拝観料・お食事代・税込)

■お問い合わせ
株式会社のぞみ  おすすめ京都体験事務局
TEL 075-351-9915 
Mail yoyaku@onozomi.com
*平日10時~17時 ※土日祝休

過去開催の様子

・普段入れないところでの食事はとても良かったです。風も気持ち良く、あっという間でした。(50代・男性)
・子どもも一緒でしたが美味しいご飯を食べて紅葉の庭を見れて大満足でした。お庭で抹茶を楽しむこともできました(30代・女性)
・静かにゆったりと、過ごさせていただきました。(40代・女性)
・1人での参加でしたが、同様の方が多く安心して参加できました。夕暮れ前から日暮れのライトアップまで楽しめて良かったです。(40代・男性)
 (193534)

写真は寺内のどこでも撮影可能です
夜のお食事の様子

夜のお食事の様子

夜のお食事の様子
 (193533)

静かな空間で過ごして頂けます

アクセス

退蔵院(臨済宗妙心寺派大本山 妙心寺塔頭)/Taizo-in Zen Buddhist Temple
京都市右京区花園妙心寺町35
・JR花園駅から北東へ徒歩約7分、妙心寺南門より退蔵院へ
・JR京都駅(JR山陰本線で約12分) →JR花園駅
・三条京阪駅(地下鉄東西線で約8分) →JR二条駅(JR山陰本線で約5分) →JR花園駅
▼その他のアクセス▼
・京都市バス91,93号系統「妙心寺前」バス停から徒歩約3分、妙心寺南門より退蔵院へ
・嵐電北野線「妙心寺」駅から徒歩約10分、妙心寺北門より退蔵院へ
・「退蔵院駐車場」5台/南門側(下立売通沿い)
・「妙心寺大駐車場(花園会館隣)」20〜30台/南門側(下立売通沿い)
※妙心寺大駐車場は、花園会館の宿泊者優先。満車の場合は、近隣のコインパーキングを利用ください。
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

のぞみ のぞみ

オススメの記事