2016年6月2日 更新

宇治橋商店街*大人気のランチは予約困難!喫茶タイムが狙い目「ロバ」で過ごすくつろぎタイム【カフェ】

宇治橋商店街の中にある古民家カフェ。手間ひまかけた和食がいただけると人気で、思うように予約が取れないほど。ですが喫茶営業の時間は割合ゆったりで、のんびり過ごすことができてオススメですよ〜

宇治橋商店街の人気和カフェ!

 (36183)

 (36189)

宇治橋商店街の中にあるこちら。中村藤吉本店に近く、ご存知の方も多いかも。
ぼーっと歩いていると通りすぎてしまいそうなさりげない外観ですが、古風なロバのイラストの看板が目印。
引き戸を引いて入店すると、そこは誰かのお宅にお邪魔したようなリアルな古民家感。
靴を脱いでお邪魔するあたりも、まさにおうちカフェ。
 (36184)

 (36190)

 (36186)

 (36185)

 (36187)

玄関入ってすぐの板の間のテーブルやカウンター席は窓からの光が明るく、畳の間には宇治らしい茶箱で仕切られたテーブル席にちゃぶ台。畳の間の奥には庭も見えて癒やされます。
それぞれ少しずつ趣の違う席なので、その日の気分で座ってみてください。
どこに座っても雰囲気を存分に楽しめそうです。

体を気遣う食事メニューにヴィーガンスイーツ

 (36209)

こちらの食事は化学調味料、添加物はほぼ使用されず、天然の素材にこだわっておられるそうで、そんな丁寧な食事が人気のひとつ。
ほっこり空間も相まってなかなか予約が取れないほどです。
画像はお店のFacebookからお借りしたランチのものですが、おいしそうだし体に優しそうで見ているだけでほっこり。
この空間でこんな丁寧な食事ができるのですから、人気なのもよくわかります。
夜はアラカルトとともにアルコールもいただけるので、そういう利用も素敵ですね。
 (36191)

 (36192)

14:00~17:30の喫茶時間ではドリンクと数種類のケーキが用意されています。
賑わうランチタイムをはずせば、こんなに静かでのんびり。
案外この時間帯がオススメかもしれません。

注文したのは「キャラメルナッツのヴィーガンタルト」と「ほうじ茶ラテ」。
卵・牛乳不使用で、キャロブ生地の上には豆腐クリームと、キャラメリゼされたナッツ類がトッピング。
ヴィーガン系はともすればあっさりしすぎていて物足りない事がありますが、こちらのはそんな事はなく、あっさりしているのにコクが感じられ、そして優しい甘味がおいしい。

ほうじ茶の芳醇で濃厚な香りがそそられるほうじ茶ラテは、宇治がお茶の街だという事を再認識させてくれます。
このままでもおいしいですが、きび砂糖を入れるとほうじ茶の風味がより活きて絶品でした。
どちらも丁寧に作られているのがわかるおいしさ。
これなら食事も絶対おいしいだろうな〜と思いを馳せます(笑)

ちなみにコーヒーは、先日ご紹介した「kaido coffee 焙煎所」
http://kyotopi.jp/articles/knICG
の豆を使われていますよ。
 (36194)

宇治観光で疲れた体を癒やすのはもちろん、わざわざ出かけたくなるカフェ。
食事は是非予約しておでかけを。
また毎週土曜日には酒かす酵母のパンも販売されるそうで、パンを買いにいくのもいいですね。

他にもこのあたり素敵カフェオープンや、オシャレスポットの開発が進みつつあるそうなので、今後ますます注目されるのでは、と思います。

定番の観光も楽しいですが、少し視点を変えて楽しむ宇治もきっと楽しいですよ!

ロバ on Instagram

ロバ 店舗情報

住所:京都府宇治市宇治壱番83
電話:0774-24-5966
営業時間:
ランチ・11:30〜14:00
喫茶・14:00〜17:30
夕食・18:00:〜21:00
定休日:火曜日・第2月曜日(月曜日はランチのみ営業)
アクセス:JR奈良線 宇治駅下車 徒歩4分

H.P:http://www.kyoto-roba.com/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/uji.roba/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス