2019年7月22日 更新

【烏丸カフェ】気軽に入れる雰囲気がいい感じ♪『nana's green tea』

阪急烏丸から徒歩2分♪四条烏丸のバス停前にあるカフェ。席数も多く、気軽に入れる雰囲気です♪テイクアウト可能で、急いでいる時にも助かるカフェです。

気軽に入れて、普段使いカフェにも♪『nana's green tea』

阪急烏丸から2分!SUINA室町1階にありアクセス良好♪
抹茶・緑茶を中心に日本の食文化を現代人のライフスタイルにあった形にして、スイーツやフードを提供されています。
気軽に入れて、明るい店内は友達と一緒の人や、お仕事の休憩にも。お一人の方も多く、良い雰囲気♪
ランチで利用しました。
 (158878)

入り口付近です。
祇園祭の函谷鉾のお向かいにお店があります。
祇園祭の賑わいが映りこんでいますね^^
 (158885)

温泉卵たぬきうどんをチョイス。
レジで支払いを先に済ませて、番号プレートをテーブルに置いておくと席まで持って来てくれます。

ランチセットの温泉卵たぬきうどん

 (158879)

冷やし温泉卵たぬきうどんと白玉ぜんざい、アイスコーヒーです。1150円。
 (158884)

カフェでおうどんってどうなんだろう?って思っていましたが、、、美味しかったです♪
麺はコシがあって、お出汁も美味しくて、温泉卵を絡めて食べると何ともまろやかで、上手くまとまっていましたー^^
 (158880)

白玉ぜんざいはモチモチしてて、甘さ控えめでした。
食後にちょっと甘いものが欲しい時にぴったりでしたー。

その他のメニュー

その他のメニュー

その他のメニュー

ランチセットはフードとドリンク、甘味を選んで、料金は1150円、1250円の2種。
メインのフードはご飯系は天然カジキマグロの丼やタコライスなど6種、おうどんは梅とろろ昆布うどんなど3種。
ドリンクは宇治緑茶やほうじ茶、コーヒーや抹茶ラテなど。(一部追加料金あり)
甘味は白玉ぜんざい、わらび餅、あんみつの3種。(一部追加料金あり)

店内の様子

 (158888)

大きいガラスで明るい店内♪
席数も多く、色んなタイプの席があるので、気兼ねなく席を選べました。
 (158889)

 (158899)

 (158898)

携帯の充電もできるみたいです♪

口コミによる評価

スイーツも充実しているようですね!次回食べてみたいです♪

店舗情報

店舗名:nana's green tea 四条室町店
住所:京都府京都市下京区四条通室町東入ル函谷鉾町78 SUINA室町 1F
電話番号:075-352-2266
営業時間:10:00~21:00
定休日:無休
関連ページ:http://www.nanasgreentea.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の老舗和菓子店プロデュース!デパ地下の和カフェ*イオリ 京都大丸店

京都の老舗和菓子店プロデュース!デパ地下の和カフェ*イオリ 京都大丸店

京都大丸内のイオリ、スイーツのみならずお食事メニューも秀逸。笹屋伊織のプロデュースのカフェです。
気分はまさに"英国貴族" 極上の紅茶サロン『grace』(グレース)【烏丸五条】

気分はまさに"英国貴族" 極上の紅茶サロン『grace』(グレース)【烏丸五条】

烏丸五条、ビジネス街のど真ん中にひっそり佇む紅茶専門店。紅茶インストラクターの資格を持つオーナーによる紅茶や秀逸な焼き菓子でワンランク上のくつろぎ空間を。
京都パティスリーのトップランナー「パティスリー・エス」☆「素敵な日常」を演出します♡【四条烏丸】

京都パティスリーのトップランナー「パティスリー・エス」☆「素敵な日常」を演出します♡【四条烏丸】

京都のケーキ・スイーツの人気ランキングでは常にトップを争う人気店「パティスリー・エス」☆イートインもできる店内は、意外なほど気取らない、日常使いもできる気楽さが素敵でした☆
今年創業300年の京都老舗和菓子店!笹屋伊織プロデュースのオサレ和カフェで絶品かき氷!!「IORI(イオリカフェ)」【四条烏丸】

今年創業300年の京都老舗和菓子店!笹屋伊織プロデュースのオサレ和カフェで絶品かき氷!!「IORI(イオリカフェ)」【四条烏丸】

こちらは老舗和菓子店・笹屋伊織がプロデュースするカフェ1号店。そして、大丸京都店内にあり、いつも人気。夏場はバリエーション豊かなかき氷がいただけます。
ニューオープン!珠玉のモンブラン専門店 ☆和栗専門 紗織 (さをり)【四条河原町カフェ】

ニューオープン!珠玉のモンブラン専門店 ☆和栗専門 紗織 (さをり)【四条河原町カフェ】

10月10日にグランドニューオープンされた丹波の恵みを紡いだ錦糸モンブラン専門に取り扱う和カフェ。こだわり抜いた素材と製法、丹精込めて紡ぎ出される僅か1ミリのフワッフワのモンブランは必食です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m