2019年3月7日 更新

丹波の素材を使った炭火焼きと土鍋ごはんが美味しい日本料理店「さかい」

御池通御幸町近くの日本料理のお店「さかい」なり。ランチの3500円のコースを。

お手頃な日本料理のランチ

 (146794)

今回は「日本料理 さかい」なるお店。ランチは¥3500と5000の2種がスタンバイ。お店は御池通御幸町下ル50mほどにある「御幸町ビル」なる雑居ビルの1Fにある。普通は企業事務所など入りそうな物件なのですが、一部レストランなどが入っている。あまりファンシーな物件ではありませんが、店内へ。
 (146795)

元々、地下鉄松ケ崎駅の近くに合ったお店で5年前にこちらに移転してこられた模様ですな。キッチン前のカウンター席が6席、それに御覧のテーブル席が。全11席というこじんまり物件。坊主頭で痩身のトークもイケるご主人と、サブのお若い女性料理人さんの2名編成で回されていました。我々が入って、カウンター席が満席に。ご主人が丹波篠山のご出身で、丹波の食材を取り入れた炭火焼が頂けるのが特徴なお店。
 (146797)

お酒好きな方からご紹介いただいたので、間違いなく日本酒は揃っているのであろう!と思ったら、その通りでした。冷酒は一合¥900~¥1200で片口提供。「これ以外にもありますのでおっしゃってくださいね~」とご主人。
 (146798)

呑む気満々ですので、今日も日本酒からスタートすることに。ガラス製の杯が色々と。
 (146800)

チョイスしたのは佐賀の地酒「東一 純米吟醸うすにごり」なり。程良い酸味で米の旨味はあるのですが、白ワインのようなスルスルと呑める一杯。良いのを引き当てた~とにっこり。
 (146801)

まずはかぶら蒸しが登場。中には意外に大きな甘鯛の切り身、ほこほことした百合根、それにコリコリと食感の良いきくらげが。のっけから良いスタートですな。。美味しいです!
 (146803)

お次は蕗とウド。良い塩梅のダシでお浸しにしてあり、その上から濃厚な胡麻ダレと切り胡麻、紫蘇の花がぱらぱらと。春を想起させる一皿ですが、良いですなあ。日本酒に合うアテになる野菜系料理が嬉しい。
 (146804)

ついつい日本酒のピッチが上がるのですが、お次は福井の地酒で「紗利 五割諸白(ごわりもろはく) 純米大吟醸」なり。いやー、これまた非常にCP良好なお酒ですな。魚介用食中酒として調整されているそうなのですが、フルーティで程良い酸、それほど辛口ではありません。
 (146805)

で、本日のお刺身は天然平目を薄造りに。ポン酢で頂く趣向なのですが、エージングも完璧~で非常に美味しかったです。添えてあるあおさを巻いてみたり、辛味大根を乗せてみたりして楽しめるのが嬉しい。 それに量も6切れほどと色々楽しむには十分な量があるのだ。 ついついピッチが上がり、速攻で次のお酒を推薦いただくのだ。
 (146807)

メニューに書いていないのはこの4本になりますね!とご主人。私も今年初めて呑んだのですが、醸し人九平次のうすにごりが出ていますよ~とのご推薦で速攻で乗っかる我々。(これは、ご主人も相当な日本酒好きだと見た・・汗) ネットでは既にプレミア付きのお酒なようですが、超良心的価格で出して頂きました。これまたマスカットのような葡萄っぽい香りの軽やかな一杯ですな。
 (146808)

お次は椀物で、黒豆が入ったひろうすと生湯葉。蓋を開けると鰹だしの良い香りがふわーんと。豆尽くしなのですが、これまた美味しいのだ。柚子とみょうが千切りが偉大。
 (146810)

で、¥3500のランチで、牛肉の炭火焼が出てくるのは驚き。ま、量は一口でぱっくり!なのですが、丹波牛に甘口の和風おろしローストビーフソースを合わせました的一品。野菜はプチヴェールなるケールと芽キャベツを交配したものを焼いてあるのですが、これまた美味。牛蒡の素揚げと共に。
 (146811)

食事用に巨大ダシ巻玉子がくるくると巻き上がっていくのを見ているだけで楽しい。玉子10個は確実そうな超しっかり量~を六等分。
 (146813)

土鍋の炊きたて白ご飯と、更に自家製ちりめん山椒に白菜のお漬物、昆布佃煮と共に!なのですから、ま、日本人にはたまらない~!のですな。初めの一杯はおかず無しでも喰える白ご飯そのものの旨さで。
で、ご飯お替りOK!だったので、結局私が御覧の量で3杯、相方も2杯制覇。 というのも・・・
 (146814)

ごらんの出汁茶漬けセットが、各テーブルにででーんとセットされるから。
 (146816)

いやはや、大満足でした。あまり他のお店では見かけない作戦ですが、米好きには非常に嬉しいですな、これは。御主人ご出身の丹波篠山の米だそうです。
 (146818)

で、最後の甘いものまで抜かりなし。甘いオレンジのジュレと苺、ヨーグルトにレモンジュレというような酸味が切れ上がった組み合わせ。レーズンがワイン漬けだったり、これも細かい工夫あり! これも間違いない美味しさでした。

いやー、これは¥3500の中で出来るお料理の充実度アップを相当計算されていると思いますな。米好きには非常に好印象だと思います。 これが¥5000になると、お刺身が3種盛りにグレードアップし、途中で魚の焼き物が追加され、お肉が多めな模様ですな。
(お隣のカップルがそうだったので汗)

で、結局日本酒3合で〆て¥10800なり。いやはや、この充実感でこれは凄いです。 少々前から京都でも土鍋ご飯専門店がありますが、米好きで日本酒好きでランチ!なら、この店も十二分に選択肢に入ってきそうな予感。 非常に良かったのですが、夜コースも¥6500!という非常に来やすい設定なので、これは夜にも覗きに来ないとな!という感想。ご馳走様でした、また来ま~す。

クチコミでの評判

店名:日本料理 さかい
住所:京都市中京区毘沙門町553 御幸町ビル 1F
営業時間:12:00~13:00(最終入店) 18:00~20:00(最終入店) 
定休日:水曜日
TEL:075-231-6901

関連する記事 こんな記事も人気です♪

旬の食材をふんだんに使った釜めしと本格和食「旬菜料理 みずかみ」

旬の食材をふんだんに使った釜めしと本格和食「旬菜料理 みずかみ」

観光名所の御所南に佇む、釜めし推しの本格和食店「旬菜料理 みずかみ」、ランチの釜飯コースを頂いてきました。
【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

おおきに~豆はなどす☆京都府庁前にある京料理の名店。創業当初から高コスパの懐石を提供し、そのスタイルは今も変わらず健在。久々に夜うかがいました。
学生が運営する本格レストラン⁈「taiwa RESTAURANT AVENU 京味鶴・藤」

学生が運営する本格レストラン⁈「taiwa RESTAURANT AVENU 京味鶴・藤」

ここは学生さんたちが集う学生レストランではなく「京都から世界へ 最高級のおもてなしを」との気概で一流を目指す 京都調理師専門学校の学生さんたちが腕を振るってもてなしてくれる特別な場所なのです。
今後予約が取りにくくなりそうな北大路の京料理店「悠々(ゆうゆう)」

今後予約が取りにくくなりそうな北大路の京料理店「悠々(ゆうゆう)」

北大路駅から徒歩数分、本格和食店「悠々(ゆうゆう)」でランチなり。ランチは予約制なのでご注意ください。
まだまだ知られていない京料理の実力店|四条烏丸の「観山(かんざん)」

まだまだ知られていない京料理の実力店|四条烏丸の「観山(かんざん)」

四条烏丸からもほど近い、高辻通沿いの割烹「観山」なり。曜日限定、ランチの5000円コースをいただいてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。