2020年12月28日 更新

【京都ランチ】御所南人気デザイナーズホテル内☆和モダン空間フレンチ「ブロンロネリ」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区御所南、寺町丸太町にあるデザイナーズホテル。その館内にあるシックで和モダンな空間のフレンチレストランでランチをいただきました。

シックで大人のムードただよう和モダン空間フレンチ

 (198479)

中京区御所南エリア、寺町丸太町下がる。

地元民ゆえホテルに泊まる機会あまりありませんが、デザイナーズホテルとして他府県の観光客にとって有名なホテルみたいです。13室のゲストルームすべてを、13組の国内外のクリエイターにより、13通りのデザインで仕上げ、宿泊のたびに違った楽しみが味わえるというホテル。なので、リピーターも多いみたいです。
 (198480)

以前、ラウンジ利用で軽食を食べた時、予想以上に美味しかったので、今回はその時偵察したフレンチレストランでランチをすることに。ちょうどクリスマスシーズンということもあり、レストランではクリスマスメニュー中心で、今回は予約して臨みました。でも、普段から人気レストランのようで、予約することが無難。この日は満席でした。
 (198481)

ラウンジではクリスマス飾りが施されていました。
 (198519)

店内。一口に和モダンな空間と言っても、簡素な装飾のシンプルな内装のお店は多数ありますが、こちらはどちらかというとゴージャス系和モダン。欧米系映画に登場しそうな、東洋イメージ的というか。
 (198491)

バーカウンターもあり、どことなく夜っぽいイメージでもあります。
 (198482)

今回は予約の段階で、クリスマスコースメニューになります、とのこと。メインを魚か肉からチョイスするハーフコース3500円のお料理に。テーブルセッティングにはカトラリーに加え、お箸もあり、お料理によってはサーヴィスの方もお箸を推奨されたりして気楽にいただけます。
 (198483)

ドリンクメニュー。昼間から呑むことも可能でしたが、この後仕事ありの友人とのランチだったので、アルコールなしで。
 (198484)

で、お料理スタート。まずはアミューズ。

フランス産地鶏プーレジョーヌを使った赤ワイン煮のクロケット、プティサラダとトリュフヴィネグレット。クロケットの下にはレンズ豆。
 (198485)

地鶏がリエット状になったものをクロケットにしたような、濃厚で重層な味わい。途中、プティサラダのふんわり香るトリュフヴィネグレットがさらに味に深みを添えます。
 (198486)

リースに見立てた、クリスマスメニューにふさわしい一皿。

シャンパンでマリネしたタスマニア産サーモン、フェンネル添え。ポワブロンソース。白は聖護院かぶら、赤はパプリカソース。
 (198487)

わりと肉厚なサーモンが食べ応えあり、さらにキャビアも添えられ、しっかりボリューミーな前菜。野趣あふれるフレッシュなリーフたちもさわやかな味わい。
 (198488)

かぼちゃのポタージュ。濃厚なかぼちゃに牛乳の泡、さらにお皿上部に添えられたクミンパウダーを時折溶かしながらいただく。馴染みあるかぼちゃのポタージュにクミンがスパイシーなアクセントに。
 (198489)

そして、メインはお肉をチョイスしました。魚なら、オマール&手長海老のポーピエットでした。

こちらは、阿波黒牛のフィレ肉の網焼き赤ワインと赤味噌のソース。お肉の下には長粒米のリゾット。柔らかくキメの細かい肉質の赤身に香ばしい網焼き風味をまとい、赤ワインと赤味噌ソースのコクと深みが、フレンチの醍醐味でもあり、さらに和のような馴染みあるテイストにも昇華。
 (198492)

最後、デザートにトマトアイス、ココナッツミルクとイチゴのカップ、チョコレートテリーヌ。そしてコーヒーでした。

今回はクリスマス限定メニューでしたが、年末年始も特別コースや季節のコースなどランチも数パターンあり、さらにヴィーガン料理も対応。日常を忘れるゆったりとしたランチが楽しめるレストラン。ぜひお試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:THE SCREEN レストラン ブロンロネリ
場所:京都市中京区寺町丸太町下ル下御霊前町 640-1
電話番号:075-252-1215
営業時間:LUNCH 11:30-15:00(L.O.13:30) DINNER 17:30-22:00(L.O.20:00)
定休日:不定休
公式サイト:https://www.screen-hotel.jp/
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな