2017年6月20日 更新

牛丼 大手の吉野家でチョイ呑みできる「吉呑み」をご存知ですか?

大手牛丼チェーンの吉野家、うまい、安い、早いのキャチフレーズでいつでも美味しい牛丼が安く食べることができて最高ですよね。そんな吉野家で気軽にチョイ呑みができる「吉呑み」というシステムをご存知ですか?体験してきたので、その様子をご紹介します。

うまい、安い、早い 牛丼の吉野家

 (83821)

大手牛丼チェーンの吉野家、国内で1200店舗以上、海外でもアメリカや台湾を中心に730店舗展開しており、国内外から愛されている牛丼屋です。実は、はなまるうどんも吉野家のグループ店なんですよ。京都では20店舗展開しており、24時間営業、駐車場完備、ドライブスルーの店舗などあり、実は京都競馬場にも出店しており、安くて美味しく、利便性もいいので利用されたこともある方も多いのではないでしょうか。
 (83831)

店舗軒先にある、この提灯の存在はご存知ですか? 吉野家でチョイ呑みができる「吉呑み」っていうシステムがあるんですよ。2015年にテストにスタートしたこの展開ですが、現在京都の18店舗で行われています。吉呑みの時間は17時~24時まで(一部店舗により異なります)、実施店舗はページ最後に記載していますが、実施店舗はこの提灯が目印です!
 (83823)

今回は伏見南店に来てみました。コの字のカウンター席に、テーブル席といった、よくある吉野家の店内レイアウトです。
 (83824)

気になる吉呑み限定メニューはこちら!店舗によって若干異なるようですので、気をつけて下さい。

さすが、吉野家です。ビールのジョッキが350円、グラスが180円とお酒もお値打ちな価格設定です。
おつまみメニューは、肉豆腐や豚キムチ、枝豆などの渋めのメニューが並びます。

気軽に楽しい「吉呑み」

 (83825)

まずは生ビール(350円)に、おつまみは肉豆腐(280円)、豚キムチ(280円)、枝豆(150円)をオーダーしました。さすが吉野家です、アテ系メニューもスピーディーに運ばれてきます。
 (83826)

牛丼のお肉を使った肉豆腐は、さながらすきやきといった感じでよきアテですね。紅ショウガを加えると、シャキシャキとした食感と酸味が加わりオススメです。
豚キムチも安定の美味しさで、白ネギがたっぷりのっていて、こちらもビールによく合います。
 (83827)

吉野家の通常メニューとは、ひと味違うアテメニューのウインナー(250円)もあり!
プリプリのウインナーにはケチャップとマスタードをつけて頂きます。ウインナーにはハイボールがオススメかも!
 (83828)

吉野家ですから、やっぱり〆は牛丼ですよね。お酒も飲んでアテも頂いたので、普通サイズの牛丼はしんどいのでちっちゃいサイズがあるのはありがたいですよね~。
もちろん牛皿もありますので、ごはん不要の方は牛皿を注文してください。
〆の牛丼にあわせるのは、じっくり煮込んだ煮玉子(100円)です。こちらは提供まで5分ほどかかるので、先に注文しておいてくださいね。
 (83829)

〆の牛丼の上に煮玉子と紅ショウガをセットして、特上〆牛丼の出来上がり!
これがまたビールに合うんです!
一部店舗では実施されておらず、また時間も17時~24時と限定的ですが、吉野屋でのチョイ呑み「吉呑み」を一度お試しあれー。結構心地よくてハマリそうですよ。 ただ、チョイ呑みなので長居元気ですよ(笑)

吉野家 吉呑み SNSでの反響

吉野家 吉呑み 基本情報

企画名:吉呑み(よしのみ)
実施時間:17時~24時(※一部店舗は異なります)
実施店舗:
四条東洞院店、円町店、京都百万遍店、烏丸五条店、阪急西院店、京都洛北店、京都駅八条口店、西京極七条店、京都九条店、24号線竹田久保町店、1号線京都南店、1号線山科店、171号線久世店、9号線桂店、 外環状線醍醐店、伏見南店、171号線大山崎店、1号線久御山店

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン