2016年3月10日 更新

【一乗寺の人気店】拳サイズの唐揚げと王道ラーメンが絶品!「中華そば 高安」

一乗寺周辺は学生さんが多い街で、彼らの胃袋を満たすためか、京都でも特にボリューム満点のラーメン店が多い地域だ。この日伺ったのは「中華そば 高安」。

なかなかお洒落な佇まいです。ラーメン店というより、カフェのような雰囲気だ。開店10分ほど前に到着したのだが、店前には開店待ちで行列ができていた。
 (21718)

店内は、カウンターとテーブル席で20席ちょっと。駐車場はちょっとだけあり。空いてたらラッキー。
 (21726)

メニューを確認。名物はボリューム満点だというからあげ、それにすじラーメンなり。ラーメンにから揚げ3個、ご飯が付いてくるセット物が¥950なり。

テーブル上にはにら、それにゴマとしっかり唐辛子がまざった「にらゴマ」がスタンバイ。それに天一のように、唐辛子味噌もスタンバイしている。ウマそうな予感でわくわく。

鶏ベースの王道ラーメン

 (21719)

チャーシュー麺なり。丼は小さめだけれど熟れんばかりのボリューム感。
薄切りの巻きばら肉チャーシューと共に、中にはモモ肉だと思われるごろんとしたでっかい塊のチャーシューが入っているお得感。
スープは鶏だしなのか天一と同様のベースを感じるもので、粘性はほとんどなくさらっとしている。

ネギが高井田ラーメンのようにぶつ切り。麺は細麺だがあまり特徴に溢れている感じでなく、中華そば!みたいなものだ。初めて食うのだが、どことなく懐かしいな感じがした。、
 (21720)

すじラーメンなり。コンニャクと牛すじを砂糖醤油で甘辛く炊いたものが大量にラーメンに乗っているものだ。

牛すじの煮込んだ汁もラーメンに入るので、かなり甘いダシになっちゃうのが特徴ですな。
 (21724)

先のにらごま、および唐辛子味噌を適宜投入し、ふはふはと頂くのが吉ですな。

名物!拳サイズの唐揚げ

 (21723)

店員さんが大推薦してくるから揚げ5個。赤ん坊のこぶし以上ありそうなかなり大きなものだ。(コップと比較して推察してください~)安いのでムネ肉かな、と思ったのだが、モモ肉だった。

衣はさくさくで中身はアツアツでジューシー。テーブルに置かれてから暫く放置しておかないととても危険。イキナリ食べると絶対に上顎の皮がべろりんといってしまいそうなほど、あっつあつだ。ほんわりカレー粉の香りがとても食欲をそそる。

王道的なウマさで好感度大かな。胃袋に自信のある人向け大推薦なり。

中華そば 高安の感想

中華そば 高安 店舗概要

名称:中華そば 高安
住所:京都市左京区東大路北泉通下ル一乗寺高槻町10
営業時間:11:30~27:00 
定休日:なし
TEL:075-721-4878
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。