2016年12月31日 更新

【激戦区・一乗寺】旨辛な坦々つけ麺が美味!特盛まで同一料金!「つるかめ一乗寺」

ラーメン激戦区の一乗寺の人気店「つるかめ一乗寺」です。旨辛な坦々つけ麺を頂いてきました。

ラーメン激戦区の人気店

 (67424)

一乗寺のラーメン街道にある「つるかめ一乗寺」です。つるかめの本店は四条寺町にあり、六角通り、北大路にも店舗があります。最近は、別ブランドの「麺処 蛇の目」も展開しているグループです。

外観からは結構広そうに見えるのですが、奥行きがそんなにないの横長な店舗です。
 (67425)

客席はこちらなので、こちらから入ります。真っ赤な提灯がかわいいですね。
 (67427)

店内は1列のカウンター席のみになっています。ざっと10席ないくらいの広さです。キッチンと客席は完全に分離したスタイルになっています。
 (67426)

オーダーの仕方なんですが、店舗の外に券売機があるので、そちらで職権を購入してから入店してください。

メニューですがらぁめんは魚介醬油と旨辛の2種類で、つけ麵は魚介醬油、西京味噌坦々、旨辛の3種類です。プラスして期間限定麺があったります
サイドメニューは、唐揚げや餃子、チャーシュー丼、玉子かけごはんなどがあります。意外と豊富なラインアップです。

ボリューム満点の旨辛つけ麺

 (67428)

どれにしようか迷ったあげく、西京味噌坦々にしようと思ったけど間違えて旨辛坦々を間違えてオーダーしてました(笑)
坦々系も大好きなので、まったく問題ありません!

つるかめのすごいところは、つけめんは特大の400gまで同一料金なこと。そりゃ400gを頼むっきゃないですよね。
なかなかなボリュームのビジュアルです。
 (67429)

つけ汁には鮮やかなラー油とゴマの風味が食欲をそそります。濃厚で粘度も強めで好きなタイプです。まさに旨辛な仕上がりでした。

麺の量がたっぷりなので、さすがに味が単調になりがちなので、途中で卓上調味料の酢ニンニクでの味変がオススメです。
酢の酸味がとニンニクの風味がよく合いますので、ぜひお試しください。
 (67430)

麺はちょっと縮れ目の極太麺で、ひやもりやあつもりのチョイスができます。プリッとした食感が美味しくて、つけ汁によく絡みます。
脂身の少ないチャーシューが2枚入っていて、しっかりとした味わいです。
つけ麵と言えば〆はスープ割ですね。

なお、通し営業で年中無休なので、つけ麵好きにはとっても使い勝手のいいラーメン店です。らぁめんも評判いいので次回は試してみたいと思います。
一乗寺には本当に美味しいラーメン店が多いのですが、ぜひ寄ってほしいお店です。

つるかめ一乗寺 クチコミ情報

つるかめ一乗寺 店舗情報

店名:つるかめ一乗寺
住所:京都市左京区一乗寺赤ノ宮町22
電話番号:075-703-1087
営業時間:11:30~24:00
定休日:無休

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一乗寺きっての人気を誇るつけ麺専門店!極太麺が美味い!「つけめん 恵那く 」

一乗寺きっての人気を誇るつけ麺専門店!極太麺が美味い!「つけめん 恵那く 」

叡電一乗寺駅から徒歩数、一乗寺の人気店「つけめん 恵那く」に行ってきました。京都でも珍しいつけ麺専門店です。濃厚なつけ汁に極太麺のマッチングがたまりません!
【新店】住宅地に佇む大人の洋食屋☆「まるさか洋食堂」一乗寺

【新店】住宅地に佇む大人の洋食屋☆「まるさか洋食堂」一乗寺

お昼のみ営業、不定休なので開いてたらラッキー!一乗寺に2019年3月にオープンしたばかりの洋食屋「まるさか洋食堂」さんへ行ってきました!
【京都銭湯めぐり】洛北観光の合間に一汗流してさっぱり!雄大な景観を背景に☆「雲母湯(きららゆ)」

【京都銭湯めぐり】洛北観光の合間に一汗流してさっぱり!雄大な景観を背景に☆「雲母湯(きららゆ)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は洛北の観光名所の集中するエリアにある銭湯。山登り感覚の観光の後、一汗流しに利用しました。
【京都お寺めぐり】知る人ぞ知るミニ清水の舞台や洞窟もあるパワースポット!『有頂天家族』の聖地「狸谷山不動院」

【京都お寺めぐり】知る人ぞ知るミニ清水の舞台や洞窟もあるパワースポット!『有頂天家族』の聖地「狸谷山不動院」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区一乗寺の山間にある真言宗修験道大本山のお寺。昔から交通安全や自動車祈祷のお寺として有名。そして、知る人ぞ知るコンパクトな清水の舞台もあり。
ブックカフェのパイオニア★ほっこりモーニング「大垣書店 &cafe 高野店」

ブックカフェのパイオニア★ほっこりモーニング「大垣書店 &cafe 高野店」

今はメジャーになりつつあるブックカフェ。いち早く取り入れた、今尚愛され続ける地域に根付いた寛ぎのブックカフェです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン