2018年1月12日 更新

【京都神社めぐり】世界遺産に初詣!糺の森でパワーチャージ!!世界に一つだけの御守で運気上々☆「下鴨神社」

京都パワースポット神社としても名高い世界遺産・下鴨神社。新しい年を迎えた初詣ということで、いつも以上に念入りに。世界に一つしかない御守も人気。

正月を終えてひっそりとした雰囲気

 (111121)

平日の下鴨神社。きっと正月三が日は多くの参拝客でにぎわったことでしょう。
それもひと段落ということですかね。平日のこの日はわりと閑散として悠々自適に参拝できるくらい参拝客少な目。

というより、この日は激寒だったからかもしれません(汗)
 (111122)

糺の森に流れる清らかな小川。原生林には野鳥も集い、市内にいながらにして森林浴。
 (111123)

 (111124)

森にはこんな遊歩道も整備されていて、ゆったりと散策するのも楽しい。
 (111125)

南口鳥居。
 (111142)

さらに神社のシンボル的存在でもある楼門。
 (111126)

楼門を潜り抜けると、今年戌年の絵馬が登場。土佐犬ですかね。闘え!ということか(笑)
 (111128)

いや、忍耐です。肝に銘じて。
 (111127)

有頂天家族のスタンプラリー用のパネルもまだ健在。
 (111129)

今回は初詣なんで、いつも以上に念入りに参拝(笑)
 (111130)

本殿・言社のえと詣に。七つの社にそれぞれの干支の神様が祀られ、自分の干支の社を参拝するもの。
 (111131)

こんなふうに小さな社が7つ並んでいます。
 (111132)

それぞれの干支の絵馬もあります。
 (111133)

御手洗社は湧き水のある場所に社を建てたもので「井戸の上の社」という事から「井上社」とも言われています。
 (111136)

 (111134)

湧き水の湧き出ている所が「御手洗池」、そこから水が流れ出した先が「御手洗川」。この御手洗池がら自然に清水が湧き出る時に発生する水泡を模したのがみたらし団子で、その発祥と伝えられています。

そんな場所での、水みくじもすっかり定着。この水に浸すと文字が浮き出る方式。
 (111137)

水みくじもよかったんですが、今回は寒かったんで本殿前の授与所のおみくじを。
ここのおみくじ、かなりオリジナルですね。横書きで長い(笑)そして、3つに折りたためる方式。今回は吉でした。
 (111138)

そして、さらに今この御守が注目みたいです。というか、前からあったみたいです。私が知らなかっただけで(笑)
 (111139)

一つとして同じ柄がない、世界に一つだけの御守。
京都パワースポット神社の御守。さらにパワーが授かりそうですね!

下鴨神社 へのツイート

詳細情報

住所:京都府京都市左京区下鴨泉川町59
電話番号:075-781-0010
参拝時間:6:30~18:00
関連URL:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都神社めぐり】師走後半でも紅葉残る世界遺産・糺の森!新年の大絵馬も登場☆「下鴨神社(賀茂御祖神社)」

【京都神社めぐり】師走後半でも紅葉残る世界遺産・糺の森!新年の大絵馬も登場☆「下鴨神社(賀茂御祖神社)」

師走後半の世界遺産・下鴨神社。すでに境内は初詣準備が進む中、糺の森では名残りの紅葉も。来年の干支・亥の大絵馬も登場。
【京都神社めぐり】日本でも珍しいラグビーの神様!世界遺産・下鴨神社の糺の森の社☆「雑太社(さわたしゃ)」

【京都神社めぐり】日本でも珍しいラグビーの神様!世界遺産・下鴨神社の糺の森の社☆「雑太社(さわたしゃ)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は世界遺産・下鴨神社の糺の森にある新しい社。ラグビーとゆかりの深い珍神社。
【京都神社めぐり】世界遺産・下鴨神社境内で美人祈願!女子必訪のパワースポット☆「河合神社」

【京都神社めぐり】世界遺産・下鴨神社境内で美人祈願!女子必訪のパワースポット☆「河合神社」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は世界文化遺産・下鴨神社境内糺の森にある神社。美しくなりたい女性たちに人気のパワースポット。行ってきました。
【京都神社めぐり】夏越神事・茅の輪も登場☆世界遺産・糺の森に巨大タマゴ出現?「下鴨神社」

【京都神社めぐり】夏越神事・茅の輪も登場☆世界遺産・糺の森に巨大タマゴ出現?「下鴨神社」

おおきに~豆はなどす☆今回は世界遺産でもある下鴨神社へ参拝。緑豊かな糺の森には巨大タマゴ、さらに夏越の祓神事の茅の輪がこの時期に登場してました。
【京都冬の風物詩】世界遺産で食べる小豆粥!無病息災を願う小正月の御粥祭☆「下鴨神社」

【京都冬の風物詩】世界遺産で食べる小豆粥!無病息災を願う小正月の御粥祭☆「下鴨神社」

新春、1月15日の小正月に毎年執り行われる御粥祭。この日に小豆粥を食べることで1年間無病息災で過ごせるというもの。境内では小豆粥をいただこうと参拝客が集っていました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers