2017年4月24日 更新

【京都南禅寺】早くも桜から新緑へ!水路閣の青モミジが眩しい!!早朝にマイナスイオンチャージ☆

早朝の南禅寺。桜の名所として有名で、すでにシーズンは終了してしまいましたが、今度は新緑シーズンに突入。すでに新しい息吹が境内には湧き上がり、早朝から心身ともにエネチャージ。

朝6時の南禅寺

 (78384)

桜シーズンだと、この時間でも観光客がわりと多かった南禅寺。シーズン終了とともに、また早朝のひっそり感を取り戻しています。
 (78387)

この日は座禅会があり、普段は有料拝観となる南禅院での暁天坐禅会。多くの参加者が来られ、中には小学生くらいの小さいお子さん連れのファミリーも。お子さんでも、静かに禅定にはげまれてました。

少し肌寒い朝で、中には靴下やダウンジャケット着用の方も。ま、個人の自由ですが、快適さを求めればそれだけ本来の禅定の意味が薄れるというか。せっかくの機会だから、初心者の方でも裸足で参加されることを推奨。
 (78388)

南禅院は南禅寺発祥の地。亀山上皇の離宮・禅林寺殿があった場所。離宮は上の御所(上の宮)と下の御所(下の宮)に分かれていたが、このうちの上の御所に弘安10年(1287年)建立された持仏堂を南禅院と号した。明徳4年(1393年)以降、たびたび火災に遭い、応仁の乱以後は荒廃していたが、元禄16年(1703年)に桂昌院(徳川5代将軍・徳川綱吉の母)によって再建。

そんな場所の縁側に移動して庭園を臨みながら座禅し、瞑想。野鳥のさえずりや川のせせらぎを感じつつ。

水路閣周辺も季節の花でにぎやか

 (78389)

座禅会終了後は、南禅寺の中でも独特な雰囲気を放つ水路閣まわりを散策。よく、2時間サスペンスドラマにも登場(笑)すっかり青もみじが優勢に。
 (78386)

今が見頃。シャクナゲも満開。淡いピンクの色調がなんとも優美。
 (78390)

日差しの力強さに、すっかり初夏の様相を感じます。なんだか緑がうれしそうです(笑)
 (78391)

どちらかというと、南禅寺は桜よりモミジの木が多いですね。三門から本堂へ続く参道はほとんどモミジの木。急に伸び伸びと存在感をあらわしたような。
 (78392)

早朝来た参道が、1時間後にはこんなに眩しく、力強い。
そんな木々のエネルギーやパワーをより感じる早朝の参拝は、とくにオススメですよ。

ヨ~イヤサ~♪

南禅寺 への口コミ

南禅寺 基本情報

■名称
南禅寺
■住所
京都府京都市左京区南禅寺福地町86
■電話番号
075-771-0365
■詳細ページ
http://nanzenji.com/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都桜パトロール】人気観光スポット最終章!桜の見頃終盤☆すでに新緑の季節の兆し☆「南禅寺」

【京都桜パトロール】人気観光スポット最終章!桜の見頃終盤☆すでに新緑の季節の兆し☆「南禅寺」

全国的にシーズンが例年より前倒しだった今年の桜。もうほぼほぼ終盤ではありますが、人気観光スポット南禅寺の今の様子をパトロール。すでに新緑の季節へと移行。
【京都朝活観光】新年の坐禅初め&寺めぐり!早朝の澄んだ空気チャージ☆水路閣も冬景色「南禅寺」

【京都朝活観光】新年の坐禅初め&寺めぐり!早朝の澄んだ空気チャージ☆水路閣も冬景色「南禅寺」

岡崎にある多くの観光客に人気のスポット・南禅寺。新年の坐禅会初めに参加。かじかむ寒さの中での瞑想後、静かな境内を散策。一年でもっとも観光客が少ない時期にゆったりと冬の風景を満喫してきました。
【京都新緑めぐり】青もみじシーズン先取り!京都東山界隈の新緑の名所を朝活パトロール☆【厳選6か所】

【京都新緑めぐり】青もみじシーズン先取り!京都東山界隈の新緑の名所を朝活パトロール☆【厳選6か所】

今年は桜シーズンも早々に終了し、新緑も例年より前倒しですでにそこそこ旺盛。まだ涼しくて観光客も少ない早朝に、新緑の名所をぐるっと自転車でパトロール。
【2018京都桜情報】朝活・座禅会からの桜パトロール!見頃はもう少し先☆「南禅寺」

【2018京都桜情報】朝活・座禅会からの桜パトロール!見頃はもう少し先☆「南禅寺」

2018年直近の京都桜情報(3月25日時点)。今回は早朝から座禅会に参加し、終了後桜チェック。早朝ならでは、観光客少なく、悠々自適に撮影。
【2017最新】朝活先進都市・京都オススメの座禅体験!空いてる時間帯にゆったり紅葉観光「南禅寺」

【2017最新】朝活先進都市・京都オススメの座禅体験!空いてる時間帯にゆったり紅葉観光「南禅寺」

2017年最新の紅葉パトロール。今回は南禅寺。究極の朝活・座禅会に参加し、その後まだ観光客の少ない境内の紅葉をゆったり散策。健康的であり、心身が洗われる体験。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな