2019年7月11日 更新

【保存版】どんだけ好きやねん!街角にあふれる京都人の祇園祭愛を感じる風景☆【厳選4スポット】

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は現在進行中の2019祇園祭。その期間中にちなみ、街角にあふれる祇園祭愛を感じる風景を集めました。

日本三大祭であり、京都三大祭でもある祇園祭。7月まるまる1ヶ月に渡る長いお祭りですが、現在着々とハイライトの山鉾巡行を中心にいろいろな神事が催されています。

そして街を歩くと、京都人の祇園祭愛にあふれる風景がいろんな場所で見受けられます。そこで、今回はそんなスポットを集めてみました。

アーケードのBGMは祇園ばやし♪そして、祇園祭自販機も

 (158101)

 (158102)

 (158105)

寺町商店街や四条通のアーケード。
祇園町祭期間中、山鉾町の各家庭にも提灯が飾られたり、もちろん山鉾にも。多種多様な提灯で祭の雰囲気をよりいっそう盛り上げます。
 (158107)

 (158106)

祇園祭の山鉾の中で最も注目を浴び、山鉾巡行の際には先頭をいく長刀鉾。その保存会の事務所。こちらには長刀鉾が描かれた自販機。鉾の細かい部位説明付。

一年中祇園祭気分!長刀鉾からくり時計☆「野村證券」

 (158112)

 (158113)

 (158114)

四条堺町通りにある野村証券京都支店。そのビルに掛かる時計。定刻になると、京都らしい雅やかなBGMと共に祇園祭のシンボル的長刀鉾が登場するからくり時計。多くの通行人が思わず足を止めて見入ってしまう光景。

山鉾を模した昭和モダン建築の旧明倫小学校の校舎

 (158089)

 (158090)

 (158091)

現在京都芸術センターとして再利用され、昭和初期のモダン建築の趣きある建物、旧明倫小学校の校舎。校舎内には老舗のコーヒー専門店・前田珈琲も入居し、旧教室を活用。そして、この校舎は鉾町内にあるということで山鉾を模したデザイン。

ビル全体が山鉾に!!

 (158079)

 (158080)

 (158081)

四条御幸町通りにある四条御幸町通りにあるJTBトラベルゲート京都四条が入居してるビル。ちょっと他のビルと違うデザインなんですが。側面からみると一目瞭然。祇園祭山鉾を模したデザインビル。今にも動きそうな大きな車輪が大胆に描かれています(笑)

まとめ

いかがでしたか?建物を模してしまうあたり、ちょっと祇園祭偏愛すぎる感も(笑)他のもいろいろありそうです。ぜひ巷にある祇園祭愛、見つけてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【日本三大祭】どんだけ好きやねん!京都人の祇園祭愛あふれる風景を集めてみました☆

【日本三大祭】どんだけ好きやねん!京都人の祇園祭愛あふれる風景を集めてみました☆

日本三大祭であり、京都三大祭でもある祇園祭。京都人がどれだけ祇園祭愛にあふれているかを目のあたりにできるスポットを集めてみました。
【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

祇園祭後半。前祭に引き続いて後祭。猛暑続く中、山鉾建て、曳初めも無事終わり、各山鉾町内には後祭の山鉾が全て出そろっています。そんな夜の後祭山鉾町をぶらり散策してきました。
【日本三大祭】2018祇園祭☆職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました!

【日本三大祭】2018祇園祭☆職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました!

日本三大祭、京都三大祭の一つである祇園祭。7月から始まり、1か月の長きに渡る祭で、その間いろいろな行事、神事が執り行われています。そして、本日から祭りの主役でもある山鉾を組み立てる『山鉾建て』開始。
【京都珍百景】そろそろ日本三大祭・祇園祭準備!アスファルト道路に埋め込まれた謎の四角石?【四条烏丸】

【京都珍百景】そろそろ日本三大祭・祇園祭準備!アスファルト道路に埋め込まれた謎の四角石?【四条烏丸】

ふだん気づかずに歩いていた通りの地面を見ると、何やら謎の四角い石。なんじゃこれは?と調べてみると納得。そろそろ祇園祭の準備で街中がソワソワし始める京都(笑)
【2019京都祇園祭後祭】約200年ぶりに山鉾巡行登場で大注目!創始1150年記念限定御朱印も☆「鷹山」

【2019京都祇園祭後祭】約200年ぶりに山鉾巡行登場で大注目!創始1150年記念限定御朱印も☆「鷹山」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は今年193年ぶりに祇園祭後祭にて193年ぶりに山鉾巡行に参加することで注目を集める「鷹山」。保存会では授与品の販売開始。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers