2017年4月19日 更新

【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

以前お花見の時に友人が持参してて、なんてカワイイ花見だんご!さすが祗園!!と皆絶賛。創業300年の老舗京菓子店で、名物くずきりでおなじみ。今回は季節限定の三色だんごです。

四条通沿いの人気老舗京菓子店

 (78077)

京都を代表する和菓子店。よくテレビや雑誌にも紹介されてて、観光客の間で知らない人はいないんじゃないか?というくらい有名店(笑)

創業300年ほどの歴史をもつ老舗京菓子の名店。そして、京都で一番にぎわう四条通沿いの祗園界隈に立地。見るからに重厚な佇まいの店構えですが、こちらの建物自体は平成10年に新しくされたんだとか。
 (78078)

和菓子店なので、テイクアウトはもちろんなんですが喫茶スペースもあり、そちらで提供されてるくずきりがこのお店で一番有名かもしれませんね。
 (78092)

場所柄、店内には芸舞妓さんのうちわも飾られていたり。
 (78091)

重厚感ある家具や調度品、そしてお干菓子用の型が飾られていたり。
 (78093)

お干菓子、羊かん、季節のお菓子、生菓子など
 (78079)

とくにお干菓子のバリエーションが多い印象。こうしてみると、お干菓子も色とりどりで食べるのが惜しくなるような
 (78080)

で、今回はこちら。電話で予約して取り置きで。
以前友人がお花見の時に持参してて、愛らしい配色が気に入り、その時期がまた来たら買おうと思っていて。季節限定の花見だんご。こちらでは『祗園だんご』と呼びます。

はんなりカワイイ祗園らしい配色の三色だんご

 (78081)

で、自宅に帰って。何気に紙袋もイラストがカワイイです。
 (78094)

で、この裏面は意外とスタイリッシュで攻めてる感じ(笑)外国人観光客にもわかるようにしてるんですかね。
 (78082)

パッケージははんなり桜色。
 (78083)

で、祗園の御菓子ということで、祗園の紋章「つなぎ団子」柄のお皿に祗園だんごを盛ってみました。
 (78085)

一般的な三色団子って、ピンク・白・緑ですが、こちらの祗園だんごは緑のだんごが小豆団子に。この祗園らしいはんなりとした配色、カワイイ!
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】歌舞伎発祥の地・南座で昨年オープン!春の舞い『都をどり』も華やぐ老舗銘菓☆「虎屋菓寮」

【京都和菓子めぐり】歌舞伎発祥の地・南座で昨年オープン!春の舞い『都をどり』も華やぐ老舗銘菓☆「虎屋菓寮」

おおきに~豆はなどす☆今回は昨年リニューアルオープンした京都四条南座に入店した老舗銘菓とらやの菓寮。南座内にあるため、現在春の風物詩『都をどり』も公演中。行ってきました。
【京都和菓子めぐり】期間限定の栗バブルのぜんざいは必食!繁華街・四条河原町のオアシス「永楽屋」

【京都和菓子めぐり】期間限定の栗バブルのぜんざいは必食!繁華街・四条河原町のオアシス「永楽屋」

京都イチの繁華街四条河原町にある和菓子や佃煮を販売する、比較的古いお店。その二階にある甘味処では期間限定の栗ぜんざいが絶品。
【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

もう6月に入りました。6月の和菓子といえば、水無月。京都では6月30日に水無月を食べる習慣があります。清水寺にほど近い老舗店の水無月を一足お先に頂きました。
おたべのミニサイズ!バレンタイン限定こたべカワユス♡京都土産の新定番「京ばあむ」【京都祗園】

おたべのミニサイズ!バレンタイン限定こたべカワユス♡京都土産の新定番「京ばあむ」【京都祗園】

最近では京都土産の一番人気商品らしいです。京ばあむ。京ばあむはおたべメーカー「株式会社美十(びじゅう)」が展開する抹茶バームクーヘン。そして、バレンタイン限定商品もいろいろ出揃ってました。
【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

冬になったら必ずまた来ようと狙ってました(笑)地下鉄烏丸御池駅から西へ。西洞院にある、江戸時代創業の宇治茶の老舗の茶房。冬季限定の抹茶ぜんざいをいただきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな