2017年8月8日 更新

京都祗園新橋界隈の有名店!ワインショップ直営ならではの品ぞろえと絶品フード!!カジュアルな隠れ家ワインバー「空き箱Hanare」

祗園縄手通り沿いにあるワインショップのビル4階にある直営ワインバー。バーに好みのワインがない時はワインショップで調達して持ち込みも可能。祗園という立地にもかかわらず、カジュアルでリーズナブル。

縄手通り沿いのワインショップの直営バー

 (89888)

たまたまフェイスブックで過去のこちらの画像が出てきて、そういえば紹介してなかったな、と思い出して(笑)なので、ちょっと古めの情報になります。

もともと、今の場所から南に下がった白川沿いにあったワインバーで、春は夜桜も楽しめる好立地なお店でした。ワインショップ「ピカソ」の直営バー。それが、ショップのあるビルの4階に移転。元々この界隈ではショップ、バーともにけっこう有名なお店で、かつては角打ちみたいにショップの前に樽を置いて店で買ったワインとつまみで立ち呑みできたり。今はいろいろ規制が厳しくなってできなくなってしまいましたが。
 (89900)

あと、ここが主催するイベントにも参加したことあります。フランス料理界の巨匠・ジョエル・ロブションのご子息が選んだワイン試飲会やら。ロブションそっくり(笑)
 (89889)

 (89893)

ワインショップ直営ということもあって、ワインもわりと品ぞろえ豊富で5~60種類。下のショップのワインを持ち込むことももちろん可能。チャージ料はかかったと思いますが。それでも、やはり割安。なのでボトルも安めなやつ何本か試したりも安心して(笑)
 (89890)

移転前の時からフードがとにかく充実してました。チーズ盛り合わせ。フランスやイタリアのもの中心に
 (89891)

オイルサーディンもアヒージョ感覚で火にかけた状態で提供。意外と醤油つけるのが美味しいとか
 (89892)

ハニー&チーズのナンピザなど、ちょっとひねりもあるメニュー。他ラクレットやら、フードが旧店舗の時よりかなり充実し、バーと言いつつ1軒目としても使い勝手よし。

4階になったので、さらに隠れ家的バーになったとも言えます。そして、カジュアルだし敷居高くないし。オススメです。

ヨ~イヤサ~♪

空き箱Hanare への口コミ

空き箱Hanare 基本情報

住所:京都市東山区弁財天町15 スペース新橋4F
電話番号:075-541-4450
営業時間:18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:第2月・日・祝日
関連サイト:https://www.facebook.com/akibakohanare/posts/1109508219150347
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

しっぽり京町家でリーズナブルに燻製料理!カフェ感覚の通し営業がうれしい☆「リゴレット スモーク グリル & バー 京都」【京都祗園】

しっぽり京町家でリーズナブルに燻製料理!カフェ感覚の通し営業がうれしい☆「リゴレット スモーク グリル & バー 京都」【京都祗園】

東京の人気店が祗園に3年前オープン。祗園らしい京町家リノベーションで落ち着いた佇まい。一見敷居&値段の高そうな店に思われがちだが、リーズナブル。料理も燻製メニュー充実で通し営業いつでも呑めるのが嬉しい。
京都3大ディープ酒場・四富会館の名物店!女性店主が営む国産ワインバー「たすく」【四条富小路】

京都3大ディープ酒場・四富会館の名物店!女性店主が営む国産ワインバー「たすく」【四条富小路】

京都3大ディープ酒場の一つ・四富会館。こちらも個性派そろいのお店が集まるエリア。中でも人気店。国産ワインにこだわった女性店主が営むお店をご紹介。
祇園で創作串揚げと一緒にワインを楽しむ「串揚げバル スキロ」

祇園で創作串揚げと一緒にワインを楽しむ「串揚げバル スキロ」

祇園 建仁寺近く、創作串カツとワインが楽しめる「串揚げバル スキロ」なり。
祇園白川の隠れ家ワイン&日本酒バー|フレンチ出身のマスターが営む「アッティコ バール ジェンテ」

祇園白川の隠れ家ワイン&日本酒バー|フレンチ出身のマスターが営む「アッティコ バール ジェンテ」

祇園白川、路地奥に佇むフレンチ出身のマスターが営むワインバー「アッティコ バール ジェンテ」なり。
【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!白川沿いの絶景広がる好立地バー「ル・プー祇園 」

【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!白川沿いの絶景広がる好立地バー「ル・プー祇園 」

絶賛好評中の祇園ナイトシリーズ4回目。お茶屋さんを後にして、バーめぐり。祇園白川沿いにある素敵なオーセンティックバー。大きなガラス張りの窓からはしっぽりとした情緒あふれる祇園の風景が広がる。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな