2017年2月4日 更新

詩仙堂~泊まりたくなるお寺~ @京都一乗寺 Shisendo-temple

左京区一乗寺、閑静な住宅街にある詩仙堂を紹介します。

左京区一乗寺、閑静な住宅街に詩仙堂はあります。こちらのお寺、元々は石川丈山の邸宅として使われていたため、住宅街にぽつりとあるのもうなずけます。そんな家としての面影が残る詩仙堂をご紹介します。
The Shisendo-temple locates in a residential area in Ichijoji.
This temple is used to be a Jozan Ishikawa's manshion.
Today's topic is this Shisendo, a temple which was used as a house:)
 (71009)

開放的な伽藍。鳥の声や、住宅街の車の音が入り混じって聞こえます。しかし、ししおどしの「カラン」という音が聞こえると、雑音が止まずとも「静か」になります。
こんな場所で朝を迎えたいですね。
A half-open house. You hear birds singing, cars in the town. But once a Shishiodoshi(water-filled bamboo tube which clacks against a stone when emptied) hits a stone, you feel calm without stopping the noise.
I wish I could get up in this situation in the morning:)
 (71020)

水の流れ、風、ししおどし...躍動がなぜか心を静めます。
Flowing water, wind, Shishiodoshi... Some movements make me "stop"
 (71019)

小ぶりな灯篭。庭の隙間から顔を出します。
A small lantern, appearing out of the bushes.
 (71023)

帰り道に、猫に会いました(^^)
猫の世界でも、美人の振り返る姿はきれいですね。
I encountered a cat on the way back home:)
"A pretty woman" looked back at me...

詩仙堂 への口コミ

詩仙堂(丈山寺)施設情報

住所:京都市左京区一乗寺門口町27
電話:075-781-2954
開門時間:9:00~17:00(最終受付16:45)
拝観休止日:5月23日
アクセス:
市バスバス停 一乗寺下り松町下車 徒歩約5分
叡山電車 一乗寺駅下車 徒歩約15分

H.P:http://www.kyoto-shisendo.com/Ja.html
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一乗寺*新緑に心洗われる「詩仙堂(丈山寺)」の風景・今だからこその静寂に身を委ねてみる【観光】

一乗寺*新緑に心洗われる「詩仙堂(丈山寺)」の風景・今だからこその静寂に身を委ねてみる【観光】

見事な庭園と紅葉の名所として名高い「詩仙堂」。紅葉時期以外にも四季折々の花が咲き誇り、それぞれに見応えがありますが、今回はこの時期ならではの新緑美しい光景を鑑賞してまいりました。
マンガに囲まれてウマい定食を食べる幸せ!京都・一乗寺の人気定食屋「げんざえもん」

マンガに囲まれてウマい定食を食べる幸せ!京都・一乗寺の人気定食屋「げんざえもん」

ラーメン店激戦区 一乗寺のメインストリートにある少し変わった定食屋さん「げんざえもん」。大量のマンガに囲まれて美味しい定食を食べることができる癒しの定食屋さんです。
【京都カレーめぐり】ラーメン激戦区一乗寺の創業30年余の名物店!二代目でさらに進化のスパイスカレー「ガラムマサラ」

【京都カレーめぐり】ラーメン激戦区一乗寺の創業30年余の名物店!二代目でさらに進化のスパイスカレー「ガラムマサラ」

北白川では有名なスパイスカレーのお店。先代の強烈なキャラクターから二代目に代替わりして、インドカレー色強まり、さらにバリエーションが増え進化。久々に行ってきました。
【殿堂入り】非凡なる蒐集家はハワイアンスタイル★あなたは知っていますか?北白川の小宇宙を「ミュ~」【京都造芸大前】

【殿堂入り】非凡なる蒐集家はハワイアンスタイル★あなたは知っていますか?北白川の小宇宙を「ミュ~」【京都造芸大前】

北白川にタイムレスコンフォートな小宇宙があることをご存知だろうか? こちらで頂ける、オリジナルトーストは南国の楽園を回想させるオサレミール。 独自のスタイルをつらぬくノンフィクション完全保存版。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Dai Dai