2016年2月16日 更新

山科 11月は火の神事に合わせたおまんじゅうを!「仙太郎」【和菓子】

こちらも、古いお店だと思いますがHPには会社情報が載っておらず。一番の看板商品はやはりご存じ最中でしょうか。とにかく、小豆に自信ありなのでしょう。今回はそんな和菓子店「仙太郎」をご紹介します。

【身土不二(しんどふじ)】をテーマに素材の味を大切に

 (13790)

 (13791)

百貨店にも出店してていつも人気ですが、今回は山科店で。ゆったりと店員さんとお話しながら品選びできます。こちらの商品づくりのテーマは【身土不二】。身土不二とは、仏教用語で「身」(今までの行為の結果=正報)と、「土」(身がよりどころにしている環境=依報)は切り離せない、という意味。そしてそれは、地元の旬の食品や伝統食が身体に良いということ。なので、素材も丹波、近江、大和、但馬など比較的京都から近い産地から取り寄せているとこのと。そのせいか、素材の味がすごく主張してる印象。

火を大切に想う和菓子「おしたけさん」(お火焚)

 (13794)

季節のお菓子ということで、名残りの栗系もありましたが初めて見かけたこちら。「おしたけさん」を。
 (13796)

こんな風にいつも和菓子の説明書きが添えられます。これから寒くなるにあたって、「火」を大切に想う神事「おしたけさん」(お火焚)にちなんだ11月中の和菓子。そして、この神事を区切りに炬燵や火鉢など冬仕度を始める慣わし。
 (13798)

近所のお寺で紅葉の落ち葉が印象的だったので、持ち帰ってあしらってみました。このおまんじゅうの焼印は火の象形文字。その時のお供えの代表である、という証。
うちではすでに炬燵を出してフル活用ですが、火を畏れ、火を大切に思いながらいただき、これからの師走に向けて備えたいと思います。

仙太郎への口コミ

仙太郎山科店 基本情報

名称
仙太郎山科店
住所
京都府京都市山科区竹鼻竹ノ街道町60−1
電話番号
営業時間
9:30~18:00
定休日
無休(1月1日のみ休み)
関連URL
http://www.sentaro.co.jp/index.html

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】知る人ぞ知る幻の絶品わらび餅名店!プルンプルンの薄皮が醍醐味☆「喜仙堂(きせんどう)」

【京都和菓子めぐり】知る人ぞ知る幻の絶品わらび餅名店!プルンプルンの薄皮が醍醐味☆「喜仙堂(きせんどう)」

おおきに~豆はなどす☆今回は山科区の住宅街にある、知る人ぞ知るわらび餅の名店。ちょうど季節菓子として買ってみました。
創業130年の京都老舗和菓子!お彼岸に名物青しそ入りぼた餅!!ご先祖への感謝をこめて☆「仙太郎」【山科】

創業130年の京都老舗和菓子!お彼岸に名物青しそ入りぼた餅!!ご先祖への感謝をこめて☆「仙太郎」【山科】

お彼岸の御仏前へのお供えとして、この時期の季節菓子となる和菓子。今回は京都老舗和菓子で有名な仙太郎のぼた餅を買ってみました。
京都人が6月30日に食す和菓子・水無月!小豆の和菓子ならここが天下一品!!創業130年老舗「仙太郎」

京都人が6月30日に食す和菓子・水無月!小豆の和菓子ならここが天下一品!!創業130年老舗「仙太郎」

明日6月30日は夏越の祓(なごしのはらい)。正月から六月までの半年間の汚れを祓い清め、残り半年も無事過ごせるよう願う神事。その日に合わせて食べる和菓子が『水無月(みなづき)』。老舗和菓子店に行ってきました。
中秋の名月を愛でながらいただく月見だんご!十三夜月は栗名月にちなんだ栗むし☆老舗京菓子「仙太郎」【京都山科】

中秋の名月を愛でながらいただく月見だんご!十三夜月は栗名月にちなんだ栗むし☆老舗京菓子「仙太郎」【京都山科】

おおきに~豆はなどす☆中秋も名月。月見だんごをお供えして、いただきながら月を愛でる日。今年は10月4日。今回は、京菓子の老舗店「仙太郎」で季節菓子の月見だんごを買ってきました。
【保存版】創立記念日を祝して徹底解剖!120年余の歴史と魅力に迫る☆「京都大学」【まとめ】

【保存版】創立記念日を祝して徹底解剖!120年余の歴史と魅力に迫る☆「京都大学」【まとめ】

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は6月18日に創立122年を迎えた地元・京都大学。多くのノーベル賞受賞者を輩出する西の最高学府。中でも中核をなす吉田キャンパス中心にその魅力についてまとめてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな