2016年2月16日 更新

山科 11月は火の神事に合わせたおまんじゅうを!「仙太郎」【和菓子】

こちらも、古いお店だと思いますがHPには会社情報が載っておらず。一番の看板商品はやはりご存じ最中でしょうか。とにかく、小豆に自信ありなのでしょう。今回はそんな和菓子店「仙太郎」をご紹介します。

【身土不二(しんどふじ)】をテーマに素材の味を大切に

 (13790)

 (13791)

百貨店にも出店してていつも人気ですが、今回は山科店で。ゆったりと店員さんとお話しながら品選びできます。こちらの商品づくりのテーマは【身土不二】。身土不二とは、仏教用語で「身」(今までの行為の結果=正報)と、「土」(身がよりどころにしている環境=依報)は切り離せない、という意味。そしてそれは、地元の旬の食品や伝統食が身体に良いということ。なので、素材も丹波、近江、大和、但馬など比較的京都から近い産地から取り寄せているとこのと。そのせいか、素材の味がすごく主張してる印象。

火を大切に想う和菓子「おしたけさん」(お火焚)

 (13794)

季節のお菓子ということで、名残りの栗系もありましたが初めて見かけたこちら。「おしたけさん」を。
 (13796)

こんな風にいつも和菓子の説明書きが添えられます。これから寒くなるにあたって、「火」を大切に想う神事「おしたけさん」(お火焚)にちなんだ11月中の和菓子。そして、この神事を区切りに炬燵や火鉢など冬仕度を始める慣わし。
 (13798)

近所のお寺で紅葉の落ち葉が印象的だったので、持ち帰ってあしらってみました。このおまんじゅうの焼印は火の象形文字。その時のお供えの代表である、という証。
うちではすでに炬燵を出してフル活用ですが、火を畏れ、火を大切に思いながらいただき、これからの師走に向けて備えたいと思います。

仙太郎への口コミ

仙太郎山科店 基本情報

名称
仙太郎山科店
住所
京都府京都市山科区竹鼻竹ノ街道町60−1
電話番号
営業時間
9:30~18:00
定休日
無休(1月1日のみ休み)
関連URL
http://www.sentaro.co.jp/index.html
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

創業130年の京都老舗和菓子!お彼岸に名物青しそ入りぼた餅!!ご先祖への感謝をこめて☆「仙太郎」【山科】

創業130年の京都老舗和菓子!お彼岸に名物青しそ入りぼた餅!!ご先祖への感謝をこめて☆「仙太郎」【山科】

お彼岸の御仏前へのお供えとして、この時期の季節菓子となる和菓子。今回は京都老舗和菓子で有名な仙太郎のぼた餅を買ってみました。
京都人が6月30日に食す和菓子・水無月!小豆の和菓子ならここが天下一品!!創業130年老舗「仙太郎」

京都人が6月30日に食す和菓子・水無月!小豆の和菓子ならここが天下一品!!創業130年老舗「仙太郎」

明日6月30日は夏越の祓(なごしのはらい)。正月から六月までの半年間の汚れを祓い清め、残り半年も無事過ごせるよう願う神事。その日に合わせて食べる和菓子が『水無月(みなづき)』。老舗和菓子店に行ってきました。
中秋の名月を愛でながらいただく月見だんご!十三夜月は栗名月にちなんだ栗むし☆老舗京菓子「仙太郎」【京都山科】

中秋の名月を愛でながらいただく月見だんご!十三夜月は栗名月にちなんだ栗むし☆老舗京菓子「仙太郎」【京都山科】

中秋も名月。月見だんごをお供えして、いただきながら月を愛でる日。今年は10月4日。今回は、京菓子の老舗店「仙太郎」で季節菓子の月見だんごを買ってきました。
【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

縄文土器調は私の勝手な印象(笑)独特のビジュアルの和菓子。え!和菓子カテゴリーでいいの?と一瞬躊躇するほど。奈良時代から伝わり、1100年前から変わらないデザインの唐菓子(からくだもの)と呼ばれる独特の和菓子。
【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

伏見、国立病院スグの場所にある、創業150年の老舗和菓子店が営む野菜メニューを中心としたカフェ。和菓子店ならではな構成とヘルシーながら食べごたえある野菜料理で連日女性客を中心に人気。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな