2020年11月11日 更新

京都西エリアがアツい!☆スパイスカレー「明星咖喱(ミョウジョウカレー)」【車折神社】

”カレーの街”と表現してもいいほど盛り上がっている京都西エリアの「円町」☆もう少し西の嵯峨嵐山、車折神社近くにも見逃せないお店「明星咖喱(ミョウジョウカレー)」さんが今年6月にオープンしています!

スパイスカレーの波☆西エリアにも

 (195884)

昨年から今年にかけて「円町」にカレー屋さんがどんどん増えて盛り上がってます。
”カレーの街”と表現しても全然オーバーじゃないし。
それぞれのお店としてのクオリティも、もちろん高いものですから素晴らしい。

京都の西エリア在住者としては、全く地元意識で喜んでおりますが!(笑)

円町からさらにもう少し西方向、ほぼ嵯峨嵐山と言っていい場所「車折神社」近くにも注目のスパイスカレー屋さんがあるんです。
今年6月にオープンした「明星咖喱(ミョウジョウカレー)」さん。
 (195882)

比較的広い印象の店内ですが、カウンター3席に2名掛けテーブル席×2、4人掛けテーブル席×1というキャパ。

店主1人で営業されていますからスパイスカレーというメニューの特性からすると混み合うとなかなか大変だろうと思います。

シンプルで分かりやすい黒板メニューから3種あいがけに半熟たまごトッピングでオーダーしました。
 (195883)

トッピングメニューとしてタンドリーチキンもあって、それを使った丼仕様のメニューもありますね。

以前のメニュー紹介を見るとビーフストロガノフがあったり、本格的スパイスカレーも押さえつつ、そうしたノリのいい自由さが面白いですね。
 (195886)

3種あいがけで選んだひとつ「豚ひき肉のスパイシーキーマ」。
水分多めの「飲める」キーマですね。
程よい辛さです。
 (195887)

同じく「赤ワインで煮込んだラム肉カレー」。
名前の通りのなるほどというお味なんですが、最初にいただいたキーマと方向と印象がガラッと変わるのがとても面白い。
 (195888)

そして同じく「ココナッツ風味のバターチキン」。

これも全く期待通りというか想像通りのお味です。
ほろほろの鶏肉がとてもいい感じ。

あいがけの楽しみ方は自由なんですが、この選んだ3種に関してはとにかく変化に富んで飽きさせない楽しさがありました。
 (195885)

 (195890)

副菜も凝ったものがしっかり並んでます。
3種あいがけカレーにこの組み合わせはほんと贅沢な一皿です。
 (195889)

 (195891)

家具職人でもあるという店主は店内の設えはもちろん自分で造られています。

余裕あるスペースに広がりを感じさせる処理はセンス良いですね。

今後はカフェタイムを設定して通し営業の計画もある様です。
いろんな方向でまだまだ充実していきそう。
車折周辺も充実してきましたね。

明星咖喱(ミョウジョウカレー) 基本情報

■店舗名     明星咖喱(ミョウジョウカレー)

■住所     京都市右京区嵯峨明星町31-4-1

■電話     075-366-3016

■営業時間   Lunch 11:00〜(LO)14:30
Dinner 18:00〜(LO)21:00 ※22時閉店

■定休日 水曜日、日曜日の夜

■詳細ページ  https://www.instagram.com/myojo_curry_kyoto/
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し

オススメの記事