2019年3月29日 更新

【2019京都桜情報】ちょっと足をのばして山科エリアの桜名所の開花をパトロール☆「山科疎水~毘沙門堂」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は2019年3月29日時点の桜の様子をパトロール。ちょっと郊外、山科の桜の名所をチェック。

菜の花とのコラボ風景が名物「山科疎水」

 (148449)

JR山科駅から北へ。
毘沙門堂への参道を登っていく途中にある、山科疎水。疎水べりに植えられた菜の花の黄色と桜のピンクが春らしい風景をつくるこの場所が、山科疎水の中でも一番の絶景ポイントですが。

ご覧のとおり、見ごろはまだまだの様子。
 (148450)

少し西に向かって疎水べり遊歩道の桜をチェックしてみましたが、ソメイヨシノ中心で全体的にまだの様子ですね。
 (148451)

それでも先端は今か今かと咲くタイミングを探るようなピンク色に染まり、もう間もなくといった様子ではありますが。

境内には桜が中心「毘沙門堂」

 (148452)

さらに参道を北へ。
JR東海『そうだ京都、いこう。』のポスターになって以来、秋の紅葉の名所として知られる毘沙門堂ですが、桜の名所でもあります。
 (148453)

境内、建物周辺には桜、さらにその外周にカエデという配置。なので、このあたりはカエデの木中心で、若干傾斜に桜の木があるほど。
 (148454)

お寺でもこんな観桜会を4月7日(日)に実施予定。例年それくらいの時期が満開ということの表われでもあり。
 (148455)

 (148456)

境内。それでも桜目当ての観光客の方、わりと来られていました。
 (148457)

本堂周辺には早咲きの品種・糸桜がすでに開花中。
 (148458)

5分咲きという感じでしょうか。
 (148459)

 (148460)

境内にあるソメイヨシノ。こちらはまだまだの様子です。
 (148461)

 (148462)

そして、ここの名木である枝垂れ桜。これも糸桜なんですが。
 (148463)

先端はピンク色に色づいていますが、開花には至らない状態。もう間もなくのようにも見えますが。
 (148464)

もう少しすれば、ここにも華やかなピンク色が差す風景に。
 (148465)

そして、秋と春だけこちらの食事処もオープン。参拝客以外もこのあたりは大文字山登山の方の通り道でもありますから、こういう場所があると何かと便利。予定では4月9日まで営業予定で、7日はイベントのため貸切だそうです。

桜の開花状況、またパトロールして随意お知らせする予定です。

毘沙門堂 へのツイート

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2019京都桜情報】まさに見ごろ!山科エリアの桜名所の開花をパトロール☆「山科疎水~毘沙門堂」

【2019京都桜情報】まさに見ごろ!山科エリアの桜名所の開花をパトロール☆「山科疎水~毘沙門堂」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は2019年4月9日時点の桜の様子をパトロール。今まさに見ごろを迎えている、山科エリアの疎水から毘沙門堂へ。
2018京都桜開花情報☆琵琶湖疏水通船も運航中!村上春樹お気に入りスポット「山科疏水」

2018京都桜開花情報☆琵琶湖疏水通船も運航中!村上春樹お気に入りスポット「山科疏水」

2018年3月26日時点の桜開花状況。山科にある桜の名所。疏水べりの桜並木は地元民御用達の身近な見物スポット。今年から琵琶湖疏水通船も開始。
【2019京都桜情報】一部早咲き!洛東の名所をパトロール☆南禅寺~蹴上インクライン~哲学の道

【2019京都桜情報】一部早咲き!洛東の名所をパトロール☆南禅寺~蹴上インクライン~哲学の道

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は2019年3月24日時点の桜の様子をパトロール。主に洛東の有名スポットをめぐってきました。
【京都神社めぐり】来年の干支・イノシシの大絵馬は驚きの3D!ウリ坊までいる力作☆「諸羽神社」

【京都神社めぐり】来年の干支・イノシシの大絵馬は驚きの3D!ウリ坊までいる力作☆「諸羽神社」

山科駅から毘沙門堂に向かう参道途中にある神社。なんでも来年の干支でありイノシシが3Dで飛び出す大絵馬が飾られているというので行ってきました。
【2018京都桜パトロール】まだまだ見頃の遅咲き桜も!穴場的桜の名所“西陣の聖天さん”☆「雨宝院」

【2018京都桜パトロール】まだまだ見頃の遅咲き桜も!穴場的桜の名所“西陣の聖天さん”☆「雨宝院」

西陣エリアにあるこじんまりとしたお寺。境内にはいろいろな珍しい品種の桜もあり、早咲きから遅咲きまで長い期間桜を楽しめることでも知られている桜の名所。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers