2017年7月11日 更新

【京都国立博物館内】開館120周年記念メニューも!明治と平成の名建築!!老舗カフェでレーコーを◎「からふね屋珈琲店」【東山七条】

あえて関西なんで、アイスコーヒーを「レーコー」と呼んでみました(笑)京都ではわりと老舗カフェ。市内に何店舗かある中、こちらは絶好のロケーション。京都国立博物館にあります。

暑い中の観光の途中に

 (86433)

東山七条界隈。観光スポットが集中するエリア。例にもれず、朝からこの辺りをうろつき、一旦喉がカラカラでどこかで休憩したいな、と。

で、通りかかった京都国立博物館。
 (86434)

今、こんな展覧会をやっていますが。今年京都国立博物館は開館120周年を迎えるんですね。まあ、ちょっとそうそうない石とレンガ造りの明治建築の洋館。国の重要文化財。
 (86435)

そんな博物館入口にある、京都ではわりと老舗のカフェ「からふね屋珈琲店」。本店は三条にあり、昔は24時間営業の喫茶店。終電を逃した人が集う店という印象が(笑)
 (86436)

ちょうど、この時間だとモーニングも食べられる時間帯。まあ、喫茶利用で入ってみることに。こちらは博物館の入館料払わなくても入れます。
 (86437)

店内はぐるりとガラス張り。そして、博物館がパノラマに見える店内。テラス席もあり。
 (86438)

しかも、明治に建てられた明治古都館と平成に建てられた平成知新館を同時に眺められるロケーション。眺めのいい場所ですよね。
 (86440)

飲み物だけにしようと決めてましたが、一応メニューチェック。
 (86441)

開館120周年記念メニューもあり。とらりん柄のラテアート。
 (86442)

これからの季節にはデフォメニュー(笑)
 (86443)

ドリンク類、あとケーキも。
 (86444)

ランチタイムは11時からで、このメニュー。軽食もいろいろ種類豊富。博物館の展覧会観賞の合間休憩にも利用してゆったり過ごせそう。
 (86439)

で、注文したのがダッチアイス500円。レーコー(アイスコーヒー)です。関西流に(笑)
銅製マグカップに入ってるって、ちょっと珍しいのと、このカップが汗かいてる感が冷たさの演出をしてくれていいですね。少し苦味を感じる本格アイスコーヒー。店内に完備された雑誌類で京都情報をいろいろ収集しながら涼んでリフレッシュ。英気を養い、観光の続きを再開。そんな利便性もいいですね。

からふね屋珈琲店 へのツイート

詳細情報

住所:京都府京都市東山区茶屋町527 京都博物館内
電話番号:075-533-6235
営業時間:9:00~18:00
定休日:月曜日(京都国立博物館に準じます。月曜日が祝日の場合は次の日が定休日。)
関連サイト:http://karafuneya.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers