2017年4月7日 更新

嵯峨広沢「平安郷」桜の見頃に合わせ4/9まで公開延長が決定【一般公開】

先日ご紹介した「嵯峨野広沢 桜めぐり」のメインとも言える、 世界救世教いづのめ教団の「京都平安郷 」。予定では4/5で一般公開が終了だったのですが、桜の開花に合わせて公開の延長が決定。今週末まで見学できますよ!

うれしい配慮!一般公開の期間延長が決定

 (76914)

先日お伝えした、世界救世教いづのめ教団の施設「平安郷」の一般公開ですが、4/5で終了予定でしたが、今年はあまりに桜の開花が遅いとの事で急遽期間延長、4/9まで公開される事になりました。

以前の記事は↓からご覧ください。
 (76915)

4/5までの一般公開では売店でお弁当や名産品の販売、野点やコンサートなどがあり賑やかでしたが、急遽決まったそうなので催しはなく、開門時間は10:00~16:00(入苑〜15:30)。7日のみ13時からの開門だそうです。
けれどイベントがなくても、こくして臨機応変に公開してくださるのはありがたい限り。
世界救世教の皆さんありがとうございます!
 (76950)

ここ数日の温かさで一気に花開いた桜。まだ満開ではありませんが、これでも見応え充分。多くの桜が見物客を出迎えてくれています。
お天気が心配ですが、この温かさだと最終日には満開になるかも。
 (76947)

 (76948)

青空が美しい画像は4/3午前中に訪れたもの。お天気は良かったもののこの日はそこまで温かくなかったので、まだあまり開花していませんでしたが…
 (76951)

こちらは4/6午後のもの。わずか数日違いでこれだけ花開いていてびっくり。少しアングルは違いますが、花の違いはおわかりいただけますよね?
公開が延長になったことはあまり知られていないようで、人出も少なくのんびり見物できて得した気分。まるで広大な敷地を独り占めしているかのようでした。
 (76953)

そして数日だけでしたがライトアップもされていました(現在は終了)。周りが真っ暗な事もあり、桜だけがぽっかり浮かび上がる姿がとても幻想的で神秘的でさえありました。
これだけ開けたライトアップもそうそうないと思うので、とても貴重で贅沢なひとときでした。
 (76959)

 (76952)

苑内は桜だけでなく、季節の花々もあちこちで咲いていて、春の訪れを感じる事ができます。
秋は登れた東山に登る事も、池のほとりの遊歩道を歩く事もできませんが、美しく手入れされたこの風景は一見の価値あり。施設のみなさんはとても温かく出迎えてくださいますし、何より人が少なくて穴場!ゆったり桜を愛でたい方にオススメします。

平安郷だけでなく、向かいの池の茶屋や佐野藤右衛門邸、広沢池ほとりも満開でとても美しいので、周辺もたっぷり散策してみてくださいね。

EVENT DATA

開催日時:3月30日(木)〜4月9日(日)10:00〜16:00(最終入苑 15:30)入場無料
※4/7のみ13時から開門
開催場所:平安郷(京都市右京区嵯峨広沢池下町24-1・電話:075-872-3550)
アクセス:市バス 広沢池・佛大広沢校前バス停下車・山越バス停下車 徒歩約5分/JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅下車 徒歩約20分

http://www.heiankyo.org/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス