2017年4月22日 更新

自然あふれるクレープリー!むっちりガレットもあり「スリージェ市原店」

叡山電鉄市原と二ノ瀬の駅のちょうど中間ほどにある「スリージェ市原店」でガレット&クレープのランチなり。

自然の中でのんびりできるクレープリー

 (78288)

そういえば市原と二ノ瀬の駅のちょうど中間ほどに良いレストランがあるよね!と思いついたのですな。
お店の名前はスリージェ。出町柳駅に本店があるフレンチレストランですが、最近ガレットやクレープを食べられる「クレープリー」に方針変更されたというのを聞きつけていて、やってきたのだ。お店前のミモザがそろそろ咲き出す季節。
 (78289)

店内に。一軒家の大きなお店でテーブルは外のテラスも含めて8、かな。先客は1組だけで、せっかく久々の良い天気なので外のテラスでいただこうということに。
 (78290)

ランチメニューは以上の3種類。クレープは食べたいけれど2人で2枚頂くのは多いよねえBとCを1つづつお願いすることに。
 (78304)

ガレット・クレープもクレープリーにあるものは大体揃えておらえる感じ。厚切りベーコンにびびびと反応。私は+¥200でイワシとジャガイモをお願いすることに。

クレープ&ガレットを

 (78291)

いつものパターンで赤白グラスは当然注文の¥500なり。どちらも自然派系の非常に軽やかなごくごくイケるタイプですな。
で、まずは野菜類をたっぷり使ったポタージュが。説明がなかったので不明ですが、香味野菜類とアスパラ、かな。ちゃんと熱々で美味しいです。
 (78292)

お次がとても健康的なもので、たっぷり量の大原産野菜のサラダ。ドレッシングも極控えめでこれ一皿で野菜10種類は確実。野菜嫌いは苦手でしょうが、我々は大好き。 でいよいよガレット登場。
 (78293)

イワシとジャガイモ。ソテーしたイワシをマリネしているのですかねえ。酸味は程よく、揚げジャガイモと良く合う。ガレットはさくさく感よりもむっちりを重視しているタイプ。こちらはボリュームはちょい控えめかな。
 (78294)

こちらは厚切りベーコン+卵+チーズ+玉ねぎ赤ワイン煮(+¥50)なり。
 (78295)

しっかり量のベーコンで大納得。玉ねぎの甘味を乗せるのは良いアイデア。私もこちらを推薦します。
 (78296)

Bセットのほうはバジルをこれでもか!と使ったアイスクリームを。面白い味ですが、これはアリですなあ。
 (78297)

クレープのほうは塩バターキャラメルを。当然アイスとセットで頂きます。先のアイスとの組み合わせとするとどうかなあですが、なかなか美味しく頂けました。
 (78298)

お店の向こうの森の中をごとごとと通り過ぎる叡山電車を眺めたり、山鳥の鳴き声を聞きながら激しくのんびりできる良きお店ですな。テラス席でのんびりしたいなら、梅雨前までにぜひどうぞ。

レストラン スリージェ 市原店 クチコミ情報

レストラン スリージェ 市原店 店舗情報

レストラン スリージェ 市原店
住所:京都市左京区静市野中町172-1
営業時間:11:30~17:00 (フードL.O.15:00 ドリンクL.O.16:30)
定休日:木曜日・第3水休
TEL:072-741-1581
店舗HP: http://www.cerisier-kyoto.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

絶品ガレットで気分はプチパリジェンヌ「ヌフクレープリー」 (neuf creperie)【御所南】

絶品ガレットで気分はプチパリジェンヌ「ヌフクレープリー」 (neuf creperie)【御所南】

御所南に位置する人気クレープリー。モーニングタイムから頂ける絶品ガレットで気分はプチパリ気分。
くつろぎの町家喫茶「さろん淳平」【下鴨カフェ】

くつろぎの町家喫茶「さろん淳平」【下鴨カフェ】

下鴨で評判の町屋カフェ。こだわりの珈琲は神戸の人気ハギワラコーヒー。家庭的喫茶メニューと座敷でほっこり珈琲時間。
ボリュームサンドに渾身のラテアート!出町柳のプチリゾート★「さるぅ屋」【出町柳】

ボリュームサンドに渾身のラテアート!出町柳のプチリゾート★「さるぅ屋」【出町柳】

出町柳駅すぐ、古民家を改装したカフェ&バー。オリジナリティあるボリュームメニューに、まったり空間はもはや無敵のリラクシングプレイス。
癒しの一杯*マスター渾身のサイフォンコーヒー☆木下珈琲店【下鴨本通り】

癒しの一杯*マスター渾身のサイフォンコーヒー☆木下珈琲店【下鴨本通り】

下鴨神社からほど近い珈琲専門店。マスター渾身のサイフォンコーヒーとアットホームな寛ぎとアンティークカップで来客をもてなします。
スロウな時間が流れるくつろぎのヒーリングカフェ「ロクジアン」【京都・岡崎】

スロウな時間が流れるくつろぎのヒーリングカフェ「ロクジアン」【京都・岡崎】

屈指のアートエリア、岡崎にひっそり佇む緑に覆われたヒーリングカフェ。時間を忘れてしまうコンフォートさ、 使い勝手のよいメニュー構成も必見。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。