2021年9月8日 更新

【京都ランチ】石臼挽き自家製蕎麦の鴨せいろ必食☆予約必須の人気店「そば処桝富」

おおきに~豆はなどす☆今回は東山区三条白川西沿いにある人気のお蕎麦屋さん。石臼挽き自家製紛蕎麦を使った風味豊かな蕎麦。鴨せいろそばをいただきました。

行列もできる三条白川の人気のお蕎麦屋さん

 (211667)

東山区、三条白川西。ちょうど地下鉄東山駅1番出口からスグの細い通り。岡崎エリアへ向かう抜け道として、地元民はもちろん観光客も好んで歩く通りでもあります。静かな京町家の並ぶ住宅街を抜けると白川縁の道につながり、川の清涼感を味わいつつ、さらに進むと平安神宮の大鳥居にたどり着く、そんな通り。
 (211668)

そんな場所にある人気のお蕎麦屋さんの「そば処桝富」。以前から知りつつ、じつは今回初訪問。鴨鍋のついたお蕎麦が有名と知りつつ、今回は最近食べ過ぎがたたり体重爆上げ中なので、たまには控えめにお蕎麦でも、と思いやってきました(笑)
 (211669)

お店は2018年の食べログそば部門で百名店にも選ばれるほどの人気店。コロナ禍になる前は予約必須で昼時であれば行列もできるほど。私もお店の前でお客が並んでいる場面をよく目の当たりにすることがありました。

あと、この辺り、白川には昔麦挽きの水車があったらしく、そんなことからも立地としてもお蕎麦向きの場所と言えるかもしれませんね。祇園のお茶屋「桝屋」からのれん分けで昭和28年に創業されたお蕎麦屋さん。
 (211670)

オープンしてすぐの時間に入店したので一番乗り。予約キープ席以外で空いてるお好きな席へどうぞ、と。
店内入ってスグの場所にテーブル席があり、途中厨房挟んで奥に座敷席。その時、お店の女将さんらしき年配のおばあちゃんがおられ、看板娘的おばあちゃんなのかな?と思っていたら、そのあと厨房に入られ、中でガッツリ切り盛りされている様子でしたが、後で聞くと御年95歳!(驚愕)店の若い衆に「おばあちゃん!おばあちゃん!」と慕われているご様子でした(笑)
 (211671)

 (211672)

一番奥には掘りごたつ式の席もあり、今回はこちらで。清潔感あり、まだ少し真新しい雰囲気のスペース。数年前に改装されたそうです。
 (211673)

そして、メニュー。
店内のメニューは全て通し揚げ、つまり作り立てなんだそうです。そのため、少し時間がかかるとのこと。お蕎麦は石臼挽き自家製紛で、粗い粉と細かい粉が混在する蕎麦粉。それを季節や天候に応じ、挽き方や混ぜ方も変えつつ調整された二八蕎麦。
 (211674)

冷、温それぞれありますが、なんといっても名物は鴨せいろそば。客のほとんどが注文していました
 (211675)

丼や単品メニューも。定食もあります。
 (211685)

事前予約要メニュー。鴨、肉ちりは2名以上から。
で、今回は控えめチョイスということで、鴨せいろそば1250円を注文。
 (211676)

そして、しばらくして運ばれてきたのがこちら。
 (211677)

わりと量控えめですかね。鴨せいろの値段が思ったより割安だったのはそう言った理由もあるのかもしれません。大盛指定もできますが、今回はこれくらいがちょうどよかったので(笑)
 (211678)

蕎麦ですが、見るからにいい蕎麦とわかる、少しグリーンがかった細切りのお蕎麦。石臼挽きの良さですかね。蕎麦に粒々感があるのも目視できます。
 (211679)

そして、鴨汁。鴨肉がふんだんにゴロゴロと入り、九条ネギも一緒に炊いてあります。
 (211686)

まずは蕎麦。ツヤツヤです。そして、何もつけずに一口。ちょうどいいザラザラとした蕎麦の質感と喉ごしの良さ。そして、噛みしめると蕎麦の風味と甘味。美味しいお蕎麦ですね。
 (211680)

さらに、鴨汁に投入。出汁は甘味少なめで鰹出汁のキリリとしたキレを後味に感じます。そして、鴨の旨味と脂。わりとあっさりめの鴨ですね。鴨味全面押しという感じでもなく。繊細な蕎麦との調和を考えた、相性のいい鴨肉ということなのか。
 (211682)

噛み応えはあり肉厚。そして、山椒の風味が効いてます。京都的というか。お出汁もお蕎麦屋さんの濃いヤツというより、京都のうどん蕎麦屋さんのお出汁を濃くしたような、そんな印象も受けます。
 (211681)

 (211683)

最後、蕎麦湯で割って、全て完食完汁ゴチ!甘味少なく出汁が効きているのが印象的でした。上品でもあり。
機会あれば、寒い時期に鴨ちりもまたいただきたいですね。京都らしい風情もあり、人気なのがうなずけるお蕎麦屋さんですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:そば処桝富
場所:京都市東山区三条白川橋西入大井手103
電話:075-771-5973
営業時間:11:30~15:00 17:00~20:30(L.O)
定休日:月・火曜日
公式サイト:http://www.masutomi.biz/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事