2018年3月30日 更新

”1日2回のモーニング” 街中エアポケット「アーマー」【四条烏丸カフェ】

本格派洋食がいただける界隈に愛される街中の老舗喫茶店。古き良き面影をにじませるレトロな空間で朝夕提供されるユニークなモーニングは必食です。

四条烏丸のいぶし銀

 (117376)

錦市場の外れ、堺町通りに位置する老舗喫茶店。
光が灯るオレンジの看板が目印です。
 (117377)

ガラス戸にメニューを貼り付けた、やや古めかしい表情のエントランス。
スケルトンの扉からはうっすら中の様子が伺えます。

穏やかな空気感

 (117387)

来年で30周年を迎える中堅の老舗。
ミニマムながらもゆったりとしたレイアウトの店内。
お席はテーブル二つと数人がけのテーブルが一つ。
古き良き面影を残す
レトロなコーヒーディテール。
シックなランプシェードに壁にはハンドメイドのアクセサリー。
大衆的な空気の中に
女性的センスをプラスした
ラブリーな装飾。
充実のマガジンラック

充実のマガジンラック

マガジンラックには情報誌や週刊誌、漫画本や女性誌も取り揃えられ様々な世代や性別を問わず楽しめる内容。
アナログ面のみならず、Wi-Fiも飛んでおりデジタル面のニーズも満たしています。
 (117386)

奥の大きなテレビからはお馴染みの朝の情報番組。
BGMはなく、背景には包丁を刻むリズムがとんとんと。
多くは語らずご自身の作業を淡々とこなしていく寡黙なマスター。
硬派でありながら
行き届いた細やかな配慮は、正に紳士的でスマート。
 (117385)

オリジナルアクセサリー

オリジナルアクセサリー

壁には手作りのオリジナルアクセサリーが展示販売。
どれも他では手に入らない手間暇かけたいってんものばかり。
 (117388)

南座の近くで15年修行をつんだそう
マスターが振る舞う料理。
マヨネーズなど調味料やプリンは自家製。
洋食店顔負けのメニューがづらりとならび、
ランチスポットとして定評があるそう。
ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニューもたくさん。
手書きのメニューボード

手書きのメニューボード

コルクボードに貼り付けた素朴なメニュー表。
モーニングは三種類用意。
モーニング ¥450

モーニング ¥450

私はサラダ付きのトーストモーニングをチョイス。
内容はサラダ、トースト、ドリンクのオーソドックスなモーニング。
トーストは六枚切りのしっとりした生地をこんがり焼いた、シンプルに美味しいトースト。

ポテトサラダはほっくほく

 (117373)

サラダはレタスにきゅうりのうすぎり、トマトを一切れにサウザンアイランドドレッシングがたーっぷり。ほくほくしたポテトサラダは人参の食感を残したあっさりしたもの。
マヨネーズでしっとり和え、家庭的な素朴な味わい。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

関西エリア初出店は京都に!ドトールの新形態*日本人による日本人のためのコーヒーを|神乃珈琲(かんの)【四条烏丸】

関西エリア初出店は京都に!ドトールの新形態*日本人による日本人のためのコーヒーを|神乃珈琲(かんの)【四条烏丸】

ドトールコーヒーの新形態の神乃珈琲がコーヒーの街、京都に参入。コンセプトは日本人のためのコーヒー。日本人による日本人のための上質珈琲空間をご紹介。
京都・癒しの純喫茶モーニング*樹林(じゅりん)【京都大丸店近く】

京都・癒しの純喫茶モーニング*樹林(じゅりん)【京都大丸店近く】

京都市内で長きにわたり愛されるう老舗喫茶店。鰻の寝床のアプローチを進むと石庭をのぞむ癒しスポットがありました。
大満足ケーキとくつろぎログハウス空間「セカンドハウス出町店」【京都カフェ】

大満足ケーキとくつろぎログハウス空間「セカンドハウス出町店」【京都カフェ】

大きなケーキと独創的なパスタのお店として京都市内で確固たる地位に君臨した皆様お馴染みのセカンドハウス。 セカンドハウス出町柳よりその歴史は始まりました。
海外でも人気の京都喫茶!癒しのネコ空間『茶房 白い花』【市役所前カフェ】

海外でも人気の京都喫茶!癒しのネコ空間『茶房 白い花』【市役所前カフェ】

寺町通りから姉小路中入りひっそりと佇む品格ある純喫茶。じっくり入れた味わい深いコーヒーと海外でも評判のネコ空間で微睡みのモーニングタイム。
京都のお馴染みカフェ★一号店の風格きらり「進々堂 寺町店」【京都丸太町カフェ】

京都のお馴染みカフェ★一号店の風格きらり「進々堂 寺町店」【京都丸太町カフェ】

皆さまお馴染みの老舗ベーカリー『進々堂』の発祥店として揺るぎない人気をキープする寺町店はセルフスタイルではないホテル並のフルサービスホスピタリティ。ミネストローネでベジなヘルシーモーニング。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen