2017年11月13日 更新

京都・桂で美味しい讃岐うどん!愛される地元の名店「自家製うどん つるめん」

阪急桂駅の東口からすぐのところにある、地元の愛されうどん店「自家製うどん つるめん」。ツヤツヤでツルツルのうどんが絶品!定食メニューあり、評判です!

桂にある讃岐うどんの名店

 (102338)

阪急桂駅、東口すぐのところにある讃岐うどんの名店「つるめん」
周辺でお住まいの方や働く方々から、支持されている人気店です。
夕方の営業は17時からと少し早いので、早めの夕食にもありがたい存在。
 (102340)

ダウンライトの落ち着いた和を基調とした店内です。
カウンター席はなく、テーブル席のみ、ゆったりと美味しい食事をいただくことができます。

一体感が素晴らしい一杯

 (102342)

讃岐うどんと言えば、やっぱり冷たいおうどんですよね。
とり天おろしとめっちゃ迷いましたが、半熟玉子とちくわ天(780円)に。

うどんはツヤツヤで、天ぷらはきれいに揚げられています。
ねぎと大根おろし、レモンが添えられています。
 (102344)

小麦の香りとお出汁の香りがミックスされ、食欲をそそられます、

角がたったツヤツヤのおうどんは、ほどよいコシと弾力。讃岐うどんにしては、少し細めでツルツルと食べやすいですね。
 (102343)

もちもちのちくわ天も美味しかったのですが、この半熟玉子がまたよく、お出汁と黄身が絡むとさらに美味しく。
大根おろしとネギもよきアクセントになり、レモンを絞ると少しサッパリと。
うどん、お出汁、天ぷら、薬味の一体感がある整った美味しいうどんでした。
 (103002)

最後に全体のメニューをご紹介しておきます。
温かいうどん、冷たいうどん、湯だめ、つけめんと定番から独自のメニューまで幅広いラインナップです。
 (103003)

また、定番のどんぶりをはじめ、しょうが焼きやおろしカツなど定食もメニューも評判です。
天ぷら、だし巻、ミニきつねなどがセットなったつるめん定食は、つるめんの美味しさをちょこちょこと楽しめるので人気です。

「桂には美味しいお店が・・」なんてことを度々お伺いしますが、美味しいうどん屋さんがありました。
松尾や嵐山からもほど近く意外と便利、観光名所の桂離宮の最寄り駅でもあります。
住宅街のイメージが強い桂ですが、ぜひ寄ってみて美味しいうどん食べて帰ってくださいね。

自家製うどん つるめん クチコミでの評判

いける☆帰ってジムいこ #うどん #カレー #つけ麺

A post shared by Keita Nakano (@gatturi_men) on

自家製うどん つるめん 店舗情報

店名:自家製うどん つるめん
住所:京都市西京区桂野里町41-56 1F
電話番号:075-394-0286
営業時間:11:00~14:00 / 17:00~20:00(L.O)
定休日:火曜日
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

強いコシとツルツルのさぬきうどん!伏見の隠れた名店「浅右衛門」【グルメ】

強いコシとツルツルのさぬきうどん!伏見の隠れた名店「浅右衛門」【グルメ】

手打ちうどん「浅右衛門(あさえもん)」は、京町屋風の店構え、緑ののれんが目印です。和の雰囲気で、ふと入りたくなる感じ・・伏見区の大手筋商店街近くの、業務スーパーのお向かいにありますよ(^O^)
まろやかな黒胡麻担々麺にハマル!桂の人気四川料理店「瀘川(ろせん)」

まろやかな黒胡麻担々麺にハマル!桂の人気四川料理店「瀘川(ろせん)」

桂にある四川料理店「瀘川(ろせん)」でランチ。ほどよい辛さでまろやかな黒胡麻担々麺に美味しい。
老若男女誰でもウェルカム!地元民に愛される上桂の喫茶店「CLOVER(クローバー)」

老若男女誰でもウェルカム!地元民に愛される上桂の喫茶店「CLOVER(クローバー)」

どもこんにちは〜西のお店行きまくりのデブ子デラックスです★今回は上桂にある喫茶店「CLOVER(クローバー)」を紹介します☆いつも賑わう地元民に愛されるお店で、オムライスを食べてきましたよ〜
本場 香川発祥の讃岐うどんを京都の烏丸御池で「いきいきうどん 京都本店」

本場 香川発祥の讃岐うどんを京都の烏丸御池で「いきいきうどん 京都本店」

讃岐うどんの本場、香川発祥のうどんチェーン「いきいきうどん」、京都の烏丸御池にもあります!コシのある讃岐うどんを頂いてきました!
ホテル仕込みの本格中華をお手軽に「喜鳥 旬菜中華×京地鶏」@桂 千代原口の巻っす

ホテル仕込みの本格中華をお手軽に「喜鳥 旬菜中華×京地鶏」@桂 千代原口の巻っす

桂 千代原口の交差点にオープンした「喜鳥 旬菜中華×京地鶏」さんです。シェフはリーガロイヤルで修行され本格的な中華料理がお手軽に頂けます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン