2018年12月12日 更新

百花繚乱オムライスのパラダイス☆伏見醍醐の名店「オムライス屋 スー醍醐店」

石田駅近くにひっそり佇むオムライス専門店。サイズやソース、卵の形状も選べるまさにオムライスパラダイス。リピート必至の伏見醍醐エリアの卵の楽園。

知る人ぞ知るオムライスパラダイス

 (133184)

最寄りは地下鉄東西線 石田駅、伏見醍醐にある武田病院のすぐ北側にあるオムライス 専門店。
外環状線沿いの看板には
オムライス の文字が踊ります。

ネイションフラッグに日焼けしたメニュー表、古めかしいやや野暮ったさを醸し出す店構え。
入り口は自動ドアはアウトオブサービス、手動で扉を開く中へ。
 (133181)

通り沿いの看板

通り沿いの看板

 (133186)

ペンダントライトの間接照明が控え目な灯りを放つ往年の趣が充満した店内。

クリームイエローで統一した
花柄モチーフの壁には世界地図と手書きの
温かみのあるメニューがずらり。
ダンボールや調理器具などがダイレクトに目に入るやや雑然としたキッチン周り。
お席はボックス席で区切られた六人掛けのソファと、四人掛け。
カウンター席はわりとゆったり。
お子様連れや団体様、お一人様みでほっこり、くつろげるナチュラルな空気感です。
 (133187)

BGMにはBONNIE PINKなどミレニアムなJ-popがランダムに。
しっとりとした空間に似つかわしくない、意外とファンキーな選曲。
いらっしゃいともてなす物腰柔らかなご主人。

マスクに白衣と清潔感のある出で立ちのマスター、
ホールからキッチンまでお一人で切り盛りされています。

オムライス百科事典

 (133182)

オムライスはスタンダードなケチャップや選べるソースのスタンダードタイプからカルボナーラや明太子などオリジナルタイプのものと、大きく二種類。
 (133183)

サイズも四種から選べ、卵のタイプもタンポポ型のとろとろタイプとクラシックタイプの二種類からチョイス可能。サラダ、スープなどお得なセットメニューもあり。
 (133188)

明太子のクリームソース サイズも選べスタンダードなMをチョイス。

先ずはサラダと陶器の容器に入った福神漬けがサーブ。
サラダはレタスにコールスローにオリジナルトマトクリーミーソースを使用したこっくりまろやかに仕上げしたサラダ。
明太子クリームソースオムライス M

明太子クリームソースオムライス M

湧き上がる湯気と共に勇ましく登場した
横長フォルムのトラディショナルスタイル。
オムライスの中程までの高さまである明太子クリームソースはイメージしたこってりしたソースとはミルクスープの様にあっさり。
中はバターライス

中はバターライス

卵感控えめの薄焼き卵で包み込んだ
ご飯はぱらっとコーン、ハム、オニオンを使用した淡白なバターライスが滑らかなスープに同化。
明太子の塩見、コーンの甘み、ミルクのミルキーなコクがアセンブル。
ライトな食べ応えと
総じて
上品な味わいのオムライス。
癖になる自家製福神漬け

癖になる自家製福神漬け

小瓶にぎっしりつまったやや淡白な味わいを引き立てる
福神漬けは重要アイテムとみた。
無着色無香料、バリッと食感の懐かしの味付けはクラシックなオムライスとの相性抜群です。

リッチな深みのあるデミタスコーヒー

デミタスコーヒー

デミタスコーヒー

セットにはデミタスカップで提供されるコーヒー。
しっかりと濃いめでえぐみや嫌な酸味もなく
食後のお口をさっぱりさせてくれます。
 (133165)

ご主人お一人ですが、実に要領よく淡々と作業をこなしてゆく姿は傍目から見ても安心感を覚えます。
テイクアウトも可能で私が滞在している間にも注文のお電話がなり繁盛しているよう。福神漬けやドレッシングは自家製のようで家庭でもこちらの味を頂けます。
ドリンクやデザートもあり、喫茶利用としても使えるマルチユースな愛されオムライス店でした。

クチコミでの評判

基本情報

店名:オムライス屋・スー 醍醐店
住所:京都市伏見区石田森東町30-1
電話番号:075-574-3000
営業時間:11:00~21:00

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen