2019年1月28日 更新

とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

京都伏見の大箱エンタメカフェ。創業当時から変わらない本格派洋食メニューにはスケールの大きさを感じるネーミングがずらり。オムライスメニューのとろける牛タンとデミグラスソースのマリアージュ。絶世の美女も唸るグルメオムライス。

いつも愉快な伏見のカフェレストラン

 (117742)

京阪藤森駅近く、個性的なネーミングセンスで一目置かれる伏見エリアの大箱カフェレストラン「ポポロヒロバ」
 (117741)

広々としたスペースに木目の家具をゆったりレイアウト。
マガジンラックには各種週刊誌、テレビモニターもあり、お一人様でもくつろげるニュートラルな空気感です。
 (136542)

見た目やコンセプトから想像されるファンキーなイメージとは違い、シックな居心地は喫茶店としての使い勝手にも申し分なし。
もちろんお一人様もウエルカム。

オムライスのネーミングも一捻り

 (117703)

全てに形容詞がついたコミカルなオムライスメニュー。
 (117704)

こちらは今風のとろフワオムライス
 (117702)

私は牛タンオムライスセットをチョイス。お盆にはスープ、サラダ、柔らか牛タンがオンしたグルメオムライスがサーブ。
サラダはコールスローにオニオンにサウザンアイランドドレッシング。
スープはかきたまのの中華ベースのもの。
サイドとはいえ、しっかり量感ある内容。
 (117740)

ドリンクバーにはわかめスープもあり、甘いものを頼まれた際の救世主になり得る得る塩気メニュー。
こちらはドリンクバーのブースにはなく、直接スタッフさんにオーダーする形です。
スープもおかわり自由なのがうれしい。

とろける牛タン

 (117709)

オムライスは中にケチャップライスを包み込んだトラディショナルスタイル。
ほろっととろける牛タンはグルメな味わい。
 (136538)

ランチタイムは限定の定食やドリンクバー付きとかなりお得感のある内容。食後のスイーツも目が離せない魅力に富んだ内容。大学も近くにあるため貸し切り営業もしばしば、事前に営業状況をチェックするのがオススメ。
伏見が誇るエンタメレストランでした。

クチコミでの評判

基本情報

店名:ポポロヒロバ
住所:京都市伏見区深草飯食町839-4
電話番号:075-642-6666
営業時間:11:00~22:00(入店21:00まで)
定休日:不定休 ※HPをご確認ください
関連ページ:https://www.popolohiroba.net/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【懐かしの京都洋食】サクサクフライが堪らない!選べるソースと洋食メニュー★オムライスあらき

【懐かしの京都洋食】サクサクフライが堪らない!選べるソースと洋食メニュー★オムライスあらき

伏見を代表すり昔懐かしオムライス。アットホームなほっこり団らん空間で選べるソースと洋食でオンリーワンの味わい。
百花繚乱オムライスのパラダイス☆伏見醍醐の名店「オムライス屋 スー醍醐店」

百花繚乱オムライスのパラダイス☆伏見醍醐の名店「オムライス屋 スー醍醐店」

石田駅近くにひっそり佇むオムライス専門店。サイズやソース、卵の形状も選べるまさにオムライスパラダイス。リピート必至の伏見醍醐エリアの卵の楽園。
"京都おすすめカレー" 華麗なるボリュームカレー「喫茶 うずら」【伏見カフェ】

"京都おすすめカレー" 華麗なるボリュームカレー「喫茶 うずら」【伏見カフェ】

伏見の住宅街に現るスパイスの魔物。喫茶カレーの域を超えたスパイスマジック。じわじわとくるスパイス魅惑のコーヒーとカレーが奏でる無限大に広がる深い味わい。カレー専門店顔負けのカレーバリエーションです。
長居ウエルカム!団らん邸宅喫茶店★「ウイズ・ユー」【伏見カフェ】

長居ウエルカム!団らん邸宅喫茶店★「ウイズ・ユー」【伏見カフェ】

知る人ぞ知る大箱カフェレストラン。朝は6時から営業と他を凌ぐ使い勝手。モーニングからランチ、ディナーと長居必至のオールデーくつろぎタイム。
匠が織りなすシェフ渾身の洋食カフェ「和蘭芹(パセリ)」【京都洋食】

匠が織りなすシェフ渾身の洋食カフェ「和蘭芹(パセリ)」【京都洋食】

閑静な北山の地に馴染んだ厳選素材にこだわる洋食カフェ。カジュアルな雰囲気は普段使いにも特別な日にも重宝するワンランク上の上質洋食店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen