2018年9月24日 更新

【京都一大イベント】今年で12年目!梅小路公園が沸いた!!くるり主催☆「京都音楽博覧会2018」

毎年恒例の野外音楽フェス。地元人気ロックバンド・くるり主催。毎年豪華出演者を迎え、今年で12年目。会場である梅小路公園は観衆で大いに盛り上がりました。

毎年恒例の野外音楽フェスも今年で12年目

 (134143)

七条大宮にある梅小路公園。敷地には鉄道博物館や水族館もあり、連休となるとファミリー層を中心に多くの観光客や地元民が訪れる憩いの場。

そして、この日は野外音楽フェス『京都音楽博覧会2018』が開催。毎年恒例の地元京都が誇るロックバンド・くるり主催で多彩な出演者が登場。
 (134145)

今年はちゃんとチケット入手して行ってきました。いつも気づいた時には購入期間終わってたパターンだったので(笑)

それでも公園周辺ではレジャーシート広げお弁当持参で音漏れでもかなりその場の空気感を楽しんでる方も大勢。
 (134147)

今年で12回目。この日はフェフ姉さん化(笑)
 (134146)

暖簾に書かれた出演者。

never young beach、クラウド・ルー、スターダスト☆レビュー、手嶌葵、ハナレグミ、ASIAN KUNG-FU GENERATION、そしてくるりと豪華メンバー。

終わってみて、どのアーティストもステキな歌声で素晴らしかったんですが、個人的にはアジカンが最高でした。森見登美彦原作映画『夜は短し歩けよ乙女』のテーマ曲もあり、神々しくてシビレました(笑)
 (134149)

出演者登場中は撮影禁止のため、ステージの雰囲気だけこんな様子。スクリーンの画質がかなりよく、現物とそん色なく拡大。

時折水族館のイルカショーのイルカたちが回転してステージ上のアーティストより存在感を増していたり。オイ!(笑)
 (134144)

会場内には物販やフードブースもあり、どこの長蛇の列で大盛況。
 (134150)

ビール買うにもこんな。
 (134151)

今年は天候にも恵まれ、比較的爽やかで涼しくもあり。
段々暮れてゆくうろこ雲の秋空。最後のくるり登場の時には完全に日が落ちていました。
 (134152)

最後、京都タワーもこの日は音博コーデで緑色。来年もまた期待しています!

ヨ~イヤサ~♪

京都音楽博覧会2018 への口コミ

詳細情報

開催日:2018年9月23日(日) ※イベントは終了しました。
会場:梅小路公園(京都市下京区観喜寺町56−3 )
公式サイト:http://kyotoonpaku.net/2018/
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな