2022年2月17日 更新

【京都季節の花】春を告げる『蝋梅』黄色と珍しい『寒咲き菖蒲』紫色の共演「大蓮寺」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は左京区、東山二条界隈にある通称『走り坊さん』で知られ、足腰健常のお守りもあるお寺。蝋梅の名所としても知られ、さらに珍しい寒咲き菖蒲も。

暖かい春を待つ境内は鮮やかな彩りに満ちて

 (219155)

 (219156)

左京区東山二条、寺院が集中するエリア。静かな立地で穴場的な浄土宗寺院『大蓮寺』。早春に咲く花『蝋梅(ろうばい)』の名所として知られるお寺でもあり。今年は寒い日が続き、まだまだ蝋梅が見ごろとのウワサを聞き、やってきました。例年のこの時期と比較しても際立った厳しい寒さ。

慶長5年(1600年)、専蓮社深誉上人が現在の下京区に創建。
伏見で金色に輝く阿弥陀如来を見出し、供養する者がいないことを悼み、持ち帰って五条に仏堂を創建したのが始まり。
 (219157)

 (219158)

のちにそれが真如堂(真正極楽寺)の阿弥陀如来であることがわかり、返還することに。残念に思った深誉が二十一日間念仏を唱え、最後の夜に旅の僧があらわれ共に念仏。翌朝旅の僧の姿はなく、代わりに本尊の阿弥陀如来が分かれて二体に。一体は真如堂に、もう一体はこれまで通り、大蓮寺の本尊として祀ったとか。

 (219159)

境内は静かでこじんまりとしたスペース。コロナ禍ということもあり閑散とした有様でしたが、この時広告の撮影とかでその取材陣が蝋梅フォーカスで撮影されてる最中でした。
 (219160)

 (219161)

寺名からもわかる通り、花蓮の名所としても有名みたいで、花蓮の鉢がたくさんありました。見ごろシーズン真逆の今ではこんな様子ですが、また花蓮が咲くころに訪れたいですね。

 (219162)

本堂・阿弥陀如来立像を安置。女人救済、安産に御利益あり今も信仰を集めています。

 (219163)

その参道の傍ら。平安時代から室町時代まで平安京の東郊、白河天皇が1076年(承保3年)に建立した仏教寺院『法勝寺』。かつて院政期に造られた六勝寺の一つで、六つのうち最初にして最大の寺だったとか。応仁の乱以後廃絶し、その礎石がこちらに残っています。
 (219164)

 (219165)

 (219166)

 (219167)

そして、境内に南側に蝋梅。
中国原産の落葉樹。半透明でヌラヌラとした光沢のある黄色い花がその特徴。この時は撮影隊の方がいたのでじっくり観察できませんでしたが、強い香りを放ち、まるで蝋細工のようなちょっと独特の趣きのある花。曇天だったので、光量不足の画ですが(汗)

 (219168)

 (219169)

で、いつも蝋梅ばかりにフォーカスしがちですが、それ以外の花も鮮やかに開花しています。

こちらの紅梅も可愛らしい佇まい。
 (219170)

さらに寺門入ってスグの足元。思わず二度見しました(笑)
え!こんな季節に菖蒲!?と。菖蒲と言えば夏の花ですが、この厳冬の中鮮やかな紫色を放っています。あとで調べると、『カンザキアヤメ(寒咲き菖蒲)』という、地中海の東部沿岸から西アジアが原産の菖蒲で、日本では1~3月の寒い時期に咲く花のようで、この時期には新鮮な色目に見えます。

まだまだ寒い日が続き、暖かい春が待ち遠しいですが、この寒さに耐えつつも咲く蝋梅や寒咲き菖蒲に季節の移ろいを感じます。蝋梅の黄色&寒咲き菖蒲の薄紫色の共演、ぜひ参拝がてら愛でてみてください!

詳細情報

名称:大蓮寺
場所:京都市左京区正往寺町457
電話番号:075-761-0077
公式サイト:http://www.anzan-no-tera.jp/index.html
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事