2017年2月8日 更新

【新店】本日オープン!京都限定プレミアムな高級餃子も登場!!あの「餃子の王将」が持ち帰り専門店を展開【高島屋京都店】

「安い、早い、うまい」をキャッチフレーズに地元はおろか、全国的にも人気店の「餃子の王将」。その王将が、王将カフェに続いてまた新展開。高島屋京都店のデパ地下で、持ち帰り専用の餃子専門店を2月8日オープン。

2月8日、高島屋京都店にて餃子持ち帰り専門店オープン!

 (71611)

高島屋京都店地下1階。惣菜売り場の一角。すでに行列が出来ていました。

地元民のソウルフード「餃子の王将」が王将カフェに続いて、また新たな展開。餃子の持ち帰り専門店をオープン。
 (71604)

ガラス張りの厨房では、すでにじゃんじゃん焼いています。
 (71615)

普段のレギュラー餃子に加え、にんにくゼロ餃子、プレミアム餃子。焼きと生を。そして、生タイプのラーメン、餃子のタレなどの調味料類を販売。
 (71613)

生餃子の現物が3種並んでいます。包み方も若干プレミアムと他2種は違うみたいです。
 (71605)

 (71610)

こちらはにんにくゼロ餃子。持ち帰り用の箱はいつものやつ。
 (71606)

 (71607)

こちらがプレミアム餃子。レギュラー餃子に比べて、肉増量、餡2割増し、肉汁の旨味、和風(かつおだし、昆布だし)、大葉、白ネギ使用。
 (71608)

パッケージもいつもとはちがい、プレミアム。
 (71609)

箱代は全て10円かかります。
 (71616)

生麺タイプのラーメンは醤油、豚骨、塩、味噌味の4種類。
 (71617)

餃子のタレはボトルタイプのゆず風味といつもの小袋タイプ。そしてラー油も。

プレミアム餃子の生をテイクアウト♪

 (71618)

そして、今回は焼たてが食べたかったんで、生のプレミアム餃子を持ち帰って家で焼くことに。この袋も、いつもの王将のやつとちがいます。高島屋仕様ですかね。
 (71619)

タレはいつものやつ。
 (71620)

パッケージにもプレミアムと書かれています。
 (71621)

で、生状態はこんなかんじ。2人前。いつもより、大きいですねやはり。
 (71622)

そして、添えられた焼き方指南書を見ながら焼いてみました。ちょっと焼き色が足りなかったか(汗)
 (71623)

で、タレにつけて食べてみます。
 (71624)

肉感がスゴイ!固形感ありあり。粗みじんですね。肉汁も旨味たっぷり。かつおと昆布だしの旨味ですかね。噛むほどに旨味が口に広がります。それにしても、国産小麦粉になってから、皮が美味しくなりましたよね。小麦の風味とモチモチとした弾力が。
 (71625)

野菜は白ネギ、大葉。機械でカットしたんではなく、手切りですかね。繊維のつぶれた感なく、野菜の固形感、風味も主張。大葉はほんのり。きっとこのあたりのさじ加減、神経使ったのかな、と。入れすぎると大葉ってかなり自己主張しますから。美味いです。プレミアム餃子。
ただ、レギュラー餃子1人前237円に比べて、プレミアム価格は2倍以上の626円。なので、いつものようにドカ食いはできませんが(笑)何かの時のご褒美餃子みたいな。

これまでも、王将カフェをはじめ、王将バーガーやら新しいことにチャレンジしてきた餃子の王将。より多様なニーズに応えて、いろいろな層に愛される王将を目指して。地元民としてはそんな王将を応援したいですね。

ヨ~イヤサ~♪

餃子の王将 への口コミ

餃子の王将 基本情報

住所:京都府京都市下京区真町 四条通河原町西入真町52番地 高島屋京都店地下1階
電話番号:075-361-8181
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:無休
関連サイト:https://www.takashimaya.co.jp/kyoto/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな