2017年11月13日 更新

もみじに囲まれた秀吉が築いた史跡 御土居のライトアップ!北野天満宮「もみじ苑」

北野天満宮「もみじ苑」のライトアップに行ってきました。見頃はもう少しのようでしたが、十分楽しめました

ライトアップされた北野天満宮

 (62715)

学問の神様、菅原道真公をお祀りし全国天満宮の総本社、北野天満宮です。947年の創建以来、多くの人々に信仰されてきました。

境内の西側には、豊臣秀吉公が築いたとされる御土居があり、その一部と自然林が残っており、約250本のもみじを楽しむことができます。

もみじに囲まれた御土居を堪能

 (62700)

もみじ苑自体の会期は、平成29年10月28日(土)~ 12月3日(日)です。ライトアップは11月11日から。

入苑拝観料(茶菓子付)は大人700円になっています。

光に照らされた一際大きな木は樹齢600年の大けやきです。
 (62718)

朱色の舞台からは紙屋川を見下ろすことができます。
またこちらの舞台では、時々催しも行われます。
 (62701)

所々、色付き初めているものの、まだまだ緑のフレッシュなもみじが多く紅葉として少しもの足りないのものの、生命力溢れるもみじは美しく十分魅力的です。
 (62702)

途中、ライトアップされて美しい本殿を拝むこともできます。
 (62703)

階段を下り、御土居に。
 (62704)

こちらは和魂漢才の牌です。

「和魂漢才」の語は幕末から明治にかけて流行語となり,国学者のスローガンになったそうです。
同様の牌は、全国にもあるそうです。
 (62705)

歩きすすめていくと鶯橋(うぐいすばし)です。
川面にはもみじが映る撮影スポットです。
 (62706)

折り返し地点の橋からは、この眺め。
うっすらともみじが川面に反射して美しい写真に。
 (62707)

紅葉の進行は3分といったところですが、このように真っ赤なもみじもチラホラと。
約250本のもみじの中の御土居は、風情があってとてもいいです。最盛期にできたら再度伺いたいと思います。
 (62708)

秋も深まりすっかり冷えるようになりましたので、もみじ苑を堪能した後は茶店で一息ついてください。
 (62709)

入苑料には無料のお茶菓子がついていますので、券と交換してください。
もみじ苑の余韻に浸りながらお茶菓子とほうじ茶を。

風情たっぷりの北野天満宮もみじ苑、ぜひお越しください。

もみじ苑 ライトアップ クチコミ情報

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【初ライトアップ】梅の名所・北野天満宮の梅苑で週末だけの幻想的な夜

【初ライトアップ】梅の名所・北野天満宮の梅苑で週末だけの幻想的な夜

今年から始まった北野天満宮梅苑のライトアップ!「北野の天神さん」「北野さん」と呼ばれて親しまれている北野天満宮は、ご祭神の菅原道真公が梅と紅葉を特に愛でられたため、梅と紅葉の名所でもあります。
昼間とはまた違った趣を見せる「北野天満宮」の夜間参拝【期間限定】

昼間とはまた違った趣を見せる「北野天満宮」の夜間参拝【期間限定】

もみじ苑のライトアップ期間中やお正月には、夜も開門されて北野天満宮。昼とは違う顔を見せる、夜の北野天満宮をお送ります。
【最新】タイムリーな京都紅葉情報!毎年名物の史跡御土居のもみじ苑も☆「北野天満宮」

【最新】タイムリーな京都紅葉情報!毎年名物の史跡御土居のもみじ苑も☆「北野天満宮」

一番タイムリーな京都紅葉情報はここにあり。今回は11月7日時点の北野天満宮の様子をご紹介します。
【京都北野天満宮】夏の風物詩!境内の大福梅の土用干し!!七夕飾りもカラフルに☆

【京都北野天満宮】夏の風物詩!境内の大福梅の土用干し!!七夕飾りもカラフルに☆

真夏の北野天満宮。境内はちょうど真夏の装い。境内は色とりどりの短冊。そして、年末に授与される、大福梅の土用干しが始まってます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし