2017年10月30日 更新

伏見桃山でじわじわ人気上昇中!新進気鋭の海鮮居酒屋「旬彩漁 しん」

伏見桃山エリア、じわじわと人気上昇中、若き料理人が腕をふるう海鮮居酒屋さん「旬彩漁 しん」。界隈でも注目のお店は、舌の肥えた常連で連日にぎわいます。

若き料理人による海鮮居酒屋

 (98488)

京阪 伏見桃山駅や近鉄 桃山御陵前駅から徒歩すぐ、魚屋通りにある新進気鋭の海鮮居酒屋をご紹介します。駅からすこしだけ離れたこの魚屋通エリア、気の利いたお店おおいんですよね~。
サンチョ、石勢、元、かつ廣、ぎょうざの舗 食などなど、ここエリアだけでハシゴ酒をしても絶対楽しい。
 (98489)

今回ご紹介するのは、こちらのお店「旬彩漁 しん」。若き料理人が営む海鮮居酒屋。
オープンは2015年とまだ新しいんですが、周辺にお住いの舌の肥えたお客さんにも評判です。
 (98490)

店内はダウンライトの落ち着くアットホームな空間です。
テーブル席とカウンター席があります。
 (98492)

お一人様や少人数でしっぽりと飲むときは、やっぱりカウンター席がいいですね。
スタッフのみなさんもフレンドリーで楽しく飲めます。
 (98501)

季節によりメニューも変わりますので、参考までに。
その日に中央市場で仕入れた新鮮な海鮮料理がお店の自慢です。
 (98502)

定番のメニューが揃っていて、アテやサラダ、揚げ物もあります。
秋から冬にかけての人気メニュー、カキフライもありました。
 (98503)

〆のごはんものが豊富なのもありがたい!このあたりは、若き料理人ならではなのかな。
またコース料理、鍋もの、飲み放題などもあり、使い勝手もよさそうです。
 (98507)

お料理だけではなく、お酒にもこだわっています。
プレミアムな獺祭もあります。ほかにも人気銘柄揃っています。
銘柄の日本酒飲み放題メニューもあるので日本酒好きの方には絶賛オススメ。

手間をかけた料理の数々

 (98533)

付きだしは、サーモンを使った餡かけ茶碗蒸し。付きだしからシャレてますね。
サーモンの旨味を茶碗蒸しと餡かけの包みこみ、とてもまろやかな口当たり。

付きだしから美味しいので、後のお料理に期待しちゃいますね。
 (98498)

見つけるとつい頼んでしまう安定のポテトサラダ。
ベーコンの旨味、ジャガイモの甘味を玉子がまとめてあげて、よきスターター。
食感もいいですねぇ。
 (98534)

やっぱりお造りは欠かせません!今回は盛り合わせに。
「しん」では一人前ずつだしてくれるので、取り合いにはなりません(笑)
1人前ずつちょっとずつ盛るって結構面倒なんですが、手間を惜しまずさすがです。

今回は、たこ、さば、いくら、うに、たい、まぐろ、はまち、かます、とりがい、ホタテとオールスターでした。どれも新鮮で美味、マストオーダーの一皿です。
 (98505)

寒くなってきた時期に欠かせないのが、揚げたてのカキフライ。
たっぷり盛られたタルタルソースも高ポイントです。
サクッした衣に包まれた濃厚なカキがたまりませんね。
 (98529)

小休止にピッタリなのが漬物盛り合わせ。
チビチビとお酒を頂きながら、ポリポリとどうぞ!
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【近鉄「桃山御陵前」】高架下にある隠れた名店「酒房わかば」

【近鉄「桃山御陵前」】高架下にある隠れた名店「酒房わかば」

近鉄線の「桃山御陵駅」を出るとすぐ目の前には高架下。一歩足を踏み入れるとラーメン屋さんやバル、スナック、大衆居酒屋などが軒を連ねている中で、実はこの界隈でもイチオシの大衆酒場がこの「わかば」なのです。
伏見桃山 酒蔵風情の雰囲気が◎ 美味しい料理と地酒が楽しい「キザクラ カッパカントリー」【グルメ】

伏見桃山 酒蔵風情の雰囲気が◎ 美味しい料理と地酒が楽しい「キザクラ カッパカントリー」【グルメ】

伏見と言えば日本酒が有名で多くの酒造メーカーがございます。その中でも有名な「黄桜」直営の「黄桜カッパカントリー」に行ってきました。
盛り上がる京都伏見!多彩で鮮度のいい海鮮料理が盛りだくさん「三献(さんこん)」

盛り上がる京都伏見!多彩で鮮度のいい海鮮料理が盛りだくさん「三献(さんこん)」

伏見桃山駅や桃山御陵前駅から徒歩数分、駅前の再開発もすすみ新店がふえてきている伏見エリアで、おすすめの海鮮居酒屋さんをご紹介。
【京都酒場めぐり】酒処伏見の老舗酒蔵直営店!鳥料理をアテに自慢の日本酒を☆「鳥せい本店」

【京都酒場めぐり】酒処伏見の老舗酒蔵直営店!鳥料理をアテに自慢の日本酒を☆「鳥せい本店」

創業300年の老舗酒蔵・山本本家直営の鳥料理専門の居酒屋。多彩なメニューをアテに自慢の日本酒を堪能できる人気店。平日行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン