2016年12月12日 更新

【東池袋発祥】つけ麺の元祖!レジェントラーメン店の系列店「大勝軒 千代原口店」

つけ麺の元祖とされる東池袋発祥の大勝軒、その系列店の千代原口店に行ってきました!

つけ麺のルーツは大勝軒 にあり!

 (65212)

9号線沿い、上桂の千代原口交差点にある「大勝軒」にやってきました。車でしか行きにくい場所ではありますが、提携駐車場があるので、ぜひご利用ください。

京都では「大勝軒」にあまり馴染みがないかもしれませんが、東京・東池袋発祥のつけ麺の元祖と言われるレジェント的なラーメン店です。
 (65316)

入口すぐの場所には券売機がありますので、そちらで食券を購入してください。
つけ麺は濃厚と元祖の2種、その他、中華そば・みそラーメン・とんこつラーメンといったラインナップです。

サイドは唐揚げや餃子、チャーハンなど定番のものは揃っています。
 (65318)

店内はL字のカウンター席とテーブル席2卓です。営業時間は通し営業なので使い勝手もよし。

シンプルな造りになっており窓が大きく明るいお店です。
 (65380)

オーダーしたつけ麺を待っている間に、卓上調味料のチェックです。

つけ麺にはやっぱりおろしにんにくがあいますよね。さらに珍しい魚粉も備えつけれられています。これも嬉しいですね。

脈々と受け継がれてきた、つけ麺

 (65320)

元祖つけ麺(並800円)と唐揚げ(大160円)をオーダーしました。

先代の山岸氏が勤めていた頃、ざるそばのようにまかないとして食べていたのがキッカケで、それを見た常連さんが「俺にも食わせてくれよ」というお客さんの声で始まり、1955年につけ麺がメニューに加えられました。
元々はまかないなので早く食べられる様つけ汁はぬるめなのがデフォルトですが、京都ではアツアツにして提供されています。
 (65321)

このようにチャーシューやメンマ、ナルトなどつけ汁の中には具材がたっぷり入っています。
 (65319)

つけ汁の濃度はそれなどなく、比較的さらりとして少し甘さも感じます。最近のつけ麺は濃厚なのが多いのですが、食べやすく万人受けしそうな仕上がりです。

麺はモチモチと太麺で食べ応えもあり!つけ汁ともよく絡みます。
 (65322)

〆に残ったつけ汁をスープ割にして最後の最後までしっかりと頂きましょう。魚介の香りもたっぷりで、最後まで美味しく頂きけました。
 (65323)

唐揚げはなかなかのビッグサイズで食べ応え満点です!
2人でシェアしてもいいですね。
 (65341)

塩コショウにチョンチョンとして頂きます。

サクッとジューシー、サイドメニューも抜かり有りません!

つけ麺好きとしては、原点回帰という意味も含めて一度は行っておきたいお店ですね(笑)

大勝軒 千代原口店 クチコミ情報

大勝軒 千代原口店 店舗情報

店名:大勝軒 千代原口店
住所:京都市西京区山田車塚町5-2
電話番号:075-381-2758
営業時間:
[火~土] 11:00~22:00
[日・祝] 11:00~20:30
定休日:月曜日
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事

今注目の記事