2021年9月26日 更新

おすすめカフェ食べ歩きツアー!「まいまい京都」カフェ・四条編【後編】

コーヒーツアーでお馴染みのトラベリングコーヒー牧野さんがガイドするカフェツアー☆今回は四条烏丸から河原町までおすすめおカフェを“食べ歩き☆後半の様子を紹介します☆

~鶏に謝れ!?老舗ゆば屋の豆乳ラテ、映えドーナツ、エスプレッソバナナまで~

 (212141)

京都ミニツアー「まいまい京都」は、京都の住民がガイドを務め、地元京都人にもあまり知られていないマニアックで奥深いところを紹介する人気のミニツアー。

毎回凄い人気のコーヒーツアーでお馴染みトラベリングコーヒーの牧野さん。
今回はコーヒーネットワークから派生する様々な人気カフェを紹介します。

コーヒー文化からリンクする喫茶店文化。そこから繋がる京都のカフェシーンを知るとても興味深いコースです。
先に紹介しました【前編】に続く後半の様子を紹介します。

※ コロナ感染対策として全員マスク着用の上、飲食時は黙食。狭い店内では分割して入店するなど、徹底した対策の下開催されました。
 (212140)

 (212220)

さて、3軒目へ向かいます。
【前編】で紹介した2軒目「ハイライトカツサンド」さんを出て綾小路を東へ。
 (212221)

3軒目へ向かう途中、立ち寄ったのは「ハイライトカツサンド」さんから徒歩1分。綾小路富小路東入る。
「IKARIYA COFFEE KYOTO(イカリヤコーヒーキョウト)」さん。

「イカリヤ食堂」など、京都で6店舗展開するイカリヤグループの珈琲店。
自家焙煎で全店の珈琲豆の供給も担っています。

お得なモーニングメニューやグループ店「IKARIYA BAIKA KYOTO」のお菓子などがいただけます。

https://ikariyacoffekyoto.gorp.jp/
https://kyotopi.jp/articles/tkQgn
 (212222)

次に立ち寄ったのが仏光寺麩屋町東入る。
日本茶スタンドの「YUGEN」さん。

スタンド形式で気軽にハイクオリティな日本茶を楽しんでもらおうというスタイル。
京都ではこうしたスタイルでは先駆け的存在です。

https://yugen.liv-japan.com/
 (212318)

 (212223)

3軒目 koe donuts(コエドーナツ)

 (212224)

3軒目にお邪魔したのは新京極通四条上る。「koe donuts(コエドーナツ)」さん。

オープンしてもう2年以上経ってますが、いまだにこの独持のデザインや他に例を見ないキラキラした雰囲気は色褪せませんね。
”ドーナツファクトリー”を演出する店舗デザインは隈研吾氏の監修です。

https://kyotopi.jp/articles/H2gHr

https://www.koe.com/koedonuts/?utm_source=google&utm_medium=maps&utm_campaign=kyoto&utm_term=4025
 (212227)

京都嵐山の竹を使った伝統的な六ツ目編みの竹かご。
これが広大な店舗の天井に572個配されているそうです。

「何で竹かご?」なのはいまだに思いますが、今もなお見飽きない美しさを感じるのはデザイン力なのでしょう。
コンクリートとメタルを使った”ファクトリー”に自然素材の柔らかさがいいバランスです。
 (212225)

陳列のドーナツが個包装に変わっていますね。
今日はこちらでは各自1個選んでテイクアウトすることになっています。

ドーナツ1個だけ選ぶというのはなかなか難しい。
皆さん妙に真剣です(笑)
 (212228)

 (212226)

 (212230)

牧野さんのサービスタイム(笑)
 (212231)

まるでテーマパークのような演出の”ドーナツファクトリー”。
ベルトコンベヤ式のドーナツフライヤーなど、「魅せるキッチン」、ではなく「魅せるファクトリー」です。
 (212233)

 (212235)

コエドーナツさんを出て新京極から花遊小路へ。
こちらは「さらさ花遊小路」さん。

京都のカフェシーンを語る上で欠かせない存在の「さらさ」。
6店舗あるうちの一つです。
食事もデザートも贅沢に何でもこなす、良き時代のカフェの雰囲気を今でも維持されています。

https://www.cafe-sarasa.com/
 (212236)

 (212237)

四条通へ出てきました。
こういう雰囲気ある路地のショートカットが良いですね!。
 (212238)

四条河原町を東へ。
 (212240)

 (212234)

あまりにも有名な老舗「フランソワ喫茶室」。
木屋町通を南へ。

4軒目 Coffee Base BnA

 (212414)

 (212415)

最後の4軒目。
河原町通り高辻上る「Coffee Base BnA」さん。
四条烏丸のコーヒースタンド「Coffee Base KANONDO」の2号店にあたります。

ブラックをテーマカラーにしたメニュー構成で、竹炭を使った「ブラックラテ」や「黒いマリトッツォ」が”映え”に敏感な女子向けに大ヒット。
元々は宿泊施設のラウンジを兼ねたカフェとしてスタートしたお店ですが、コロナ禍にありながらオシャレカフェとして人気を誇っています。

https://kyotopi.jp/articles/ljlkm
https://www.instagram.com/coffeebase.bna/
 (212239)

「思いの外、若い女子で毎日いっぱいになって僕らおじさんは戸惑ってます」と言うオーナーの鬼追(きおい)さん。

ご謙遜ですが、感度の高さとセンスが上手くハマっているわけです。
 (212243)

牧野さんは、こちらの「ゲストビーンズ」の監修もされています。

その時々の話題性あふれる豆をさまざまなロースターから供給されています。
 (212247)

今回はなんと、先程テイクアウトしたドーナツをこちらでいただく事になっているんです。
普通では考えられないことですが、太っ腹対応の鬼追さんのおかげです(笑)

こちらのアイスコーヒーと一緒にいただきました。
 (212248)

 (212249)

もう一ついただいたのは「エスプレッソバナナ」。

バナナ独特の甘さとエスプレッソの苦味がとてもナイスなバランス!
コーヒー屋さんだからこそ出来る、単なる組み合わせではない相性を調整できるのが強みですね。
めちゃめちゃ美味しかったです。
 (212250)

エスプレッソバナナ開発にあたっては、バナナの選定にかなり苦労したそうです。説明に熱が入る鬼追さん。
 (212246)

この斜めに固められたゼリーがおしゃれなボトルドリンクも人気商品。
様々なフレーバーや季節のドリンクなどと組み合わせてどんどん新商品が繰り出されています。

”若い女子に人気”と言って追従するおじさんおばさんも実は結構イケてるんですよ(笑)
 (212242)

 (212245)

牧野さんガイドのいつものコーヒーツアーでもコーヒーだけいただくわけではありません。
そしてコーヒー好きの人にとってもコーヒーしか飲まないというわけでもない。
その時々で自分にベストなチョイス出来る多くの引き出しを持っておくのは人生を豊かに出来るはずです。

人間らしく生きるために友達同士であったり一人であったり、どこかへ癒やしを求めに出かけるのはとても自然で必要なこと。
そこに美味しいフードやドリンクがあればとても幸せな事ですね。

自分なりのお気に入りのお店探しに少しでも参考になれば幸いです。

基本情報

[ツアータイトル]      ※ ツアーは終了しています。

【カフェ・四条編】トラベリングコーヒー牧野さんと絶品☆最新カフェめぐり
~鶏に謝れ!?老舗ゆば屋の豆乳ラテ、映えドーナツ、エスプレッソバナナまで~


◆開催日時   2021年8月17日(火)9:00~12:00頃

◆集合場所   地下鉄「四条」北改札前  

◆コースルート 【距離:2.5km】地下鉄「四条」駅 → 1軒目 → 2軒目 → 3軒目 → 4軒目 → 河原町松原あたり (解散)

◆参加費用    5,500円(保険料含む) ※全店試飲または試食付き
                   ※中学生以下も、参加費用が必要です。

◆定員      15名(要予約)
38 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し

オススメの記事