2016年10月20日 更新

【最新】リアルな京都紅葉情報!新緑の青竹に際立つ紅葉グラデーション!!「大徳寺高桐院」

もう京都紅葉情報がネット上ではあれこれ出回っていますが、騙されてはいけません!10月19日時点の京都有名紅葉スポット最新情報をお届けします。

大本山大徳寺の塔頭のひとつ「高桐院」

 (59284)

徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山で、京都の五山の一つ。その中の塔頭のひとつ「高桐院」。
 (59285)

高桐院は戦国大名で有名な細川忠興(三斎)が、父や弟を開祖として建立した寺院。細川氏の菩提寺でもあります。
忠興は茶人としても有名で、千利休の七哲の一人とされ、高桐院には千利休ゆかりの品も多くあります。書院は利休の邸宅を移築したもので、書院に続く茶室「松向軒」は秀吉(1587年)北野神社で開いた大茶会で使われた茶室と伝えられます。
境内には細川忠興や夫人の細川ガラシャの墓もあり、書院の庭は楓をうまく配し、京都では代表的紅葉スポット。
 (59286)

こちらも、JR東海「そうだ、京都いこう。」のポスターにもなったことのある絶景紅葉スポット。

楓とは対称的な新緑の青竹

 (59287)

こちらのド定番アングル。紅葉ピーク時、あまりにも有名でこの参道も行列だったりするんですが。
 (59288)

振り返ると、楓が若干グラデーション。で、それとは対称的に青竹。
じつは、竹の紅葉シーズンは他とは真逆で、春に紅葉(黄葉ですかね)、落葉します。なので、今は竹にとっては新緑シーズン。
 (59289)

春には改修工事をやってましたが、完了したようです。
 (59290)

お庭の楓は少しグラデーションの進行が他より早いようです。
 (59291)

さらに、参道奥へ
 (59292)

ここからは有料。絹本墨画山水図(国宝)や 絹本著色稲葉良籌像・絹本著色牡丹図(国・重要文化財)もあり、有名すぎる楓の庭園。こちらもタイミングさえ良ければ、落葉した赤い楓が織りなす一面赤絨毯の庭園が見られます。絶好調シーズン、かなり混雑するとは思いますが、ちゃんと拝観料払って今年は見てみたいと思います。

ヨ~イヤサ~♪

大徳寺高桐院 への口コミ

大徳寺高桐院 基本情報

名称
高桐院
住所京都府京都市北区紫野大徳寺町73
電話番号
075-492-0068
関連URL
kanko.city.kyoto.lg.jp
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな