2016年2月11日 更新

京都府立植物園 ライトアップ夜間開園に行ってきた【琳派400年記念祭】【イベント】

7月から4章立てで展示されている「PANTHEON -神々の饗宴-」と題された、彫刻・光・音が創り出す物語。

10月25日まで、「最終章」としてライトアップイベントが行われています。
琳派400年を記念して、代表作品「風神雷神図」をモチーフに神話の世界を楽しむことができますよ。

メイン会場「鏡池」で、神話を目の当たりに

植物園正門はいって正面の「鏡池」。
ここに現代彫刻3体が降臨しています。
 (10241)

向かって左から雷神、花の女神フローラ、奥に風神。
ライトアップ期間中は15分おきにライトアップショーが行われます。
 (10243)

壮大な物語の幕開けを予感させるオープニングから、「魔法使いの弟子」のテーマを連想するようなメロディが流れると、雷神が放電を始めます。
噴水に呼応してフローラの周りのぼんぼりが輝くと、女神が目を覚まして立ち上がり、物語はクライマックスへ。
最後は風神が起こす風が、さあっと幻想の世界に幕を閉じる。

短い時間でたたみかけられるように広がる宴に、見たあとしばらく立ち尽くしていました。

北山門から鏡池へは、光のトンネルを抜けて(10月11日まで)

北山門からメイン会場へは7~8分、植物園の中を歩いて向かいます。
暗くて距離感がつかみづらいので、遠く感じるかな…と思っていたのですが、素晴らしい裏切られ方をしました。
入場はこちらがおすすめです。
北山門からしばらく歩くと、「光のくすの木並木」が現れます。
 (10247)

道の端から端に向かって虹色のグラデーションが動いていく演出。
自然の中にいるのに宇宙空間へ向かっているような、近未来SFを疑似体験しているようで、メイン会場に着くまでに大いに気分を盛り上げてくれます。

みんなで作る夜景「ひかりの実」(10月11日まで)

「鏡池」の前の植木には、もう一つのやさしいライトアップがあります。
地元の子どもたちが笑顔や願いごとを書き込んだ袋を吊り下げた、「ひかりの実」。
 (10251)

「しょうらいのゆめ ケーキやさん」
「おかあさんへ いつも、ごはん作ってくれてありがとう」
「みんなが笑顔になれますように」

自分を原点に戻してくれるような、純粋な願いがこめられた色とりどりの果実たち。
幻想的であたたかな灯りに、なんだか励まされた気がします。


会期も残りわずかとなりました。
この週末は、琳派の伝統と若手アーティストの時空を超えた饗宴に、招待されてみませんか。

京都府立植物園へのtweet

京都府立植物園 パンデオン・ライトアップ夜間開園 基本情報

名称
PANTHEON -神々の饗宴-
住所
京都市左京区下鴨半木町
電話番号
075-701-0141
開園時間
9:00~17:00(入園は16:00まで)
★夜間開園 18:00~20:00(入園は19:30まで)
入園料
夜間開園 無料 (昼間は通常入園料)
関連URL
京都府立植物園
http://www.pref.kyoto.jp/plant/index.html
Kenji Yanobe Supporters club
http://yanobe.hatenablog.com/entry/2015/09/24/115620
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

little-maya little-maya

オススメの記事

今注目の記事