2016年2月24日 更新

【嵐山まとめ】本格的な季節到来!寒い季節にこそ嵐山で食べたい【湯豆腐】編

嵐山ではどの季節でも湯豆腐が楽しめるんですが、やっぱり寒い時期に食べる湯豆腐が一番いいですよね~。

嵐山でも紅葉のピークを迎え終盤に差し掛かってきた、そろそろ12月に入る今日この頃。日中でも冷えが増してきましたね~(ノД`)
そこで今回はあったかいものが恋しいそんな季節到来!ということで、【湯豆腐】編をお送りします。

広大なお庭もおもてなし『嵯峨野』

天龍寺のすぐ近く、嵐山の風情に溶け込むような数寄屋造りの純和風建築の湯豆腐専門店です。

ふわりととろける湯豆腐をご堪能あれ!嵐山の老舗豆腐店 森嘉のお豆腐を使用されています。
 (17935)

 (17933)

大堰川のすぐ『琴ヶ瀬茶屋』

川沿いのロケーション、どこよりも最高な眺めなんじゃないでしょうか。自然の中で食べるとほんと美味しいですもんね。
景色の良さを満喫しつつ、美味しいもの「湯豆腐」を頂いちゃってください。
 (17949)

 (17950)

胡麻豆腐もオススメしたい『竹むら』

お店の前からは野宮神社などにつながる竹林へ入れる観光に便利な立地にあり、TVでの紹介も数多いお店です(^^)

秘伝のたれでいただく湯豆腐や、自家製の胡麻豆腐などが美味しいですよ。また、単品でオーダーできるもの魅力です。こちらでも森嘉のお豆腐が味わえますよ。
 (17938)

 (17939)

天龍寺内、『西山艸堂(ぜいざんそうどう)』

天龍寺内の妙智院というお寺にあり、嵐山情緒あふれている嵯峨で最も古い湯豆腐のお店なんですよ(^^)

お料理は、湯豆腐だけでなくコースの全体が精進料理になっているのが面白いですよ。こちらでも森嘉のお豆腐を頂けます。
 (17945)

 (17944)

丹波牛と湯豆腐どっちも味わえる『庵珠 (あんじゅ)』

京都らしい湯豆腐、生湯葉、生麩に、厳選した和牛がよく合うと評判のお店です。贅沢に丹波牛も湯豆腐もどちらも楽しみたい方にオススメです(^O^)こちらも竹林への入口に近い場所にありますよ。
 (17955)

 (17954)

湯葉ひきもできる!『花筏(はないかだ』

渡月橋のたもとにあり、お部屋からは嵐山の景色やお舟の往来が臨めて素晴らしいロケーションのお宿です。
湯豆腐はもちろん、前菜・胡麻豆腐・天ぷらなど贅沢なコースがリーズナブルにいただけちゃいます♪デザートにはマンゴープリンまで(^O^)
 (17986)

 (17987)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー