2016年2月20日 更新

八条口 クオリティ高すぎ!新進気鋭の穴場割烹「燕(エン)」【グルメ】

京都駅前、なかなかいいお店がないなぁというのが地元の定説。駅ビルに入店の有名店やちょい飲みの店はわりとありますが、グルメの舌をうならせるようなお店は繁華街の四条や祇園あたりで、と思われてる方大半ではないでしょうか。

今回は、八条口少し下がったところにあるお店。あの関西グルメ界のドン・門上武司氏のお墨付きももらった割烹店「燕(エン)」をご紹介します。

ツバメマークが目印の隠れ家的お店

 (1302)

こんなツバメマークが看板。一見なんのお店だかわからない隠れ家的雰囲気。そして、店内はモダンな雰囲気でカウンターと背後に2人掛けテーブルが。お店の方の白衣でようやくここは割烹かな?とわかるようなモダンな佇まい。

天国への階段を上るような絶品料理たち(笑)

 (1305)

まずは突き出し。すでに本気を感じます(笑)寒い冬にぴったりの柚子釜。中に豆腐、柚子の銀あんがかかってます。そして、ビールはニューヨークのもの。
なんでも、こちらのご主人・田中さんはニューヨークで修行経験があり、それもあってのこのビール。
 (1307)

そして、ここから好きなものをいろいろ注文。まずは刺身たち。少しづつ、ちょこちょこあるのがいい!日本酒がすすむ~♪
 (1309)

チャレンジャーです。また、注文する私もチャレンジャーですが(笑)苺の白和え。斬新すぎる!!
 (1311)

雲子(タラの白子)焼き。中トロトロふわふわ~ヤバイよヤバイよ!
 (1313)

カキフライのつけダレが自家製実山椒醤油。これだけで、日本酒のアテになります(笑)
 (1315)

冬の味覚、コッペガニ。ん~こりゃたまらん☆
 (1317)

丸(スッポン)鍋。コラーゲンたっぷり(≧∇≦)
 (1319)

珍味、バチ子(ナマコの卵巣の干物)。これでさらに日本酒がすすむすすむ~
 (1321)

ザ☆肉厚!鯖寿司。脂がノリノリ~いいぞいいぞ~
 (1323)

これでもか!と〆の鴨と九条ねぎのそば。麺は全粒粉。黒トリュフのスライスも天盛り。

もう何もいうことありません!幸せすぎて昇天~こんなお店が京都駅近くにあるなんて・・・もしかしたら、新幹線で帰る観光の方で最後ギリギリまで京都グルメを堪能して帰りたい!という人にはぴったりかも。
あ、でも予約してくださいね。新幹線乗り遅れちゃいますよ(笑)

燕(エン)への口コミ

燕(エン) 店舗情報

名称
燕(エン)
住所
京都府京都市南区東九条西山王町15−2
電話番号
営業時間
17:30~23:00
定休日
日曜日
関連URL
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26022259/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな