2017年6月25日 更新

東京やフランスの名店出身の凄腕シェフ!隠れ家的京町家フレンチ「ラ ファミーユ モリナガ 」【四条烏丸】

蛸薬師通り。オフィス街のランチ組が集うお店が集中したエリアからさらに西へ。通りから細い路地を伝う隠れ家的場所に立地。築80年の京町家リノベーションのフレンチレストラン。

地図を見ながらでも一瞬迷う隠れ家的立地(笑)

 (84280)

友人と急にランチ行くことになり、予約したらたまたま空きがあり。普段は人気店のようで、ミシュランガイド星付店でもあるフレンチレストラン。

初めてのお店なので、地図をたよりに。とりあえず「うめぞの cafe & gallery」を起点に路地を行けば見つかるだろうと。
 (84281)

東側路地を行くと全く見当違いのお店ばかりで、一瞬道間違えたか?と不安になり、再びうめぞのに戻ると西側にも路地が。
 (84282)

その一番奥の並びにようやく発見。
 (84283)

築80年の京町家リノベーションのお店だそうで、この白い壁がなかったら見つけられなかったかもしれないような、町並みに違和感なく完全に溶け込んだレストラン。

こちらのシェフ森永さんは、東京「シェ・ノイ」やフランス三ツ星レストランで修業され、神戸北野「グランメゾン・グラシアニ」で総料理長を務めた実力派。
 (84284)

予約の段階で、ランチはおまかせコース1種類ということで。税サ合わせて5000円ちょっと。
 (84285)

間口小さなエントランスは京町家なんで段差があるわけで、靴を履いたまま上がるのもちょっといつもとは違う感覚で(笑)手前にわりと小さめの厨房があり、さらに奥に進むと4人がけテーブル席が4つ。
 (84286)

奥はガラス張りになっていて坪庭に。シックで落ち着いた雰囲気で、町家のテイストが上手く融合されてる印象。
 (84287)

テーブルセッティングにうっとり。
で、このタケコプターなんや?テーブルの飾り?と思ってたら、途中サーヴィスの方がクルクル回して「バターナイフです~」と。ちょっと面白いセッティング。

友人はキール、私はグラスワイン白を注文して、料理スタート。
3本あったワイン、いろいろ説明されたんですが、その中で「ええのんです。」のフレーズだけ覚えててそれを(笑)ブルゴーニュのシャルドネだったと思います。

シェフおまかせコーススタート

 (84289)

まず、アミューズ。
活鱧お万願寺とうがらしの昆布風味ソース。あとに続く料理もそうなんですが、わりと素材の味を引き出すために、調味はほのかでマイルド。鱧自体白身ということで、昆布風味の繊細なソースということなんでしょうね。

万願寺とうがらし、最初どこにあるのかわからないくらい葉に隠れて小ぶりだったんですが。あとでわかりましたが、こちらのお店の前にあるプランターで栽培されてるものみたいです。この時期はまだ小さめみたいで。
 (84290)

この前に、前菜「魚介類の取り合わせ、大原野菜を添えて」があったんですが、画像撮れてなくて(汗)

3種類あり、カンパチのカルパッチョ柚子胡椒ソース、ホタテとクスクス、海老とアボカドムースにジュレがかかったもの。これらも、繊細な素材の味を楽しむ趣向。

で、こちら。
カプチーノ仕立てで、フレッシュコーンスープとサマートリュフ。コーンスープはよりコーンの味を感じれるように、水と塩だけで仕上げたスープなんだが、このコーンの甘さと力強さが印象的。トリュフの存在が霞むほど。
 (84291)

ヒメジのポワレ 塩レモン風味。
皮目のパリパリ感はもちろんのこと。レモンソース以外にも、ラタトゥユ的野菜ペースト状のものが敷かれ、ソースと合わせていただく。
 (84292)

ガルシア産栗豚ロース肉のロティ ペッパーソース。どんぐりを食べて育てたイベリコ豚はよく知られていますが、スペインガルシア地方の栗を食べさせて育てた希少豚だそうな。

身の繊維が細かく柔らか。クセもなく旨味あってジューシー。ソースの刺激がいいアクセント。付け合せ野菜のじゃがいもとビーツのコンフィですかね。野菜の旨味が凝縮。ビーツも色まで凝縮されるような。
 (84293)

プレデセール。琵琶と紫蘇のグラニテ。紫蘇って、なんかちょっと変化球で面白い。味自体、紫蘇ジュースのアイスみたいな(笑)
 (84294)

デセール。ルバーブとフランボワーズのパートフィロタルトレット。パートフィロの軽さとパリパリ感がスイーツ類がそれほど好きでもない私でも美味しく(笑)
 (84295)

エスプレッソとショコラ。ショコラのとなりのはフレンチ流の生姜糖みたいな(笑)しっかり刺激も残ってて。

わりと京都素材を意識して取り入れた構成。というか今はどこのレストランもそんな感じなんですかね。で、そうなると素材の味をより感じるように、というわりと全体的に淡白な印象というか。アッサリとしたフレンチ好きにはいいかもしれませんね。そして、なんだかんだ2時間以上いたので、居心地よかったことには間違いないです(笑)

ヨ~イヤサ~♪

ラ ファミーユ モリナガ への口コミ

ラ ファミーユ モリナガ 基本情報

住所:京都府中京区蛸薬師通新町西入不動町175-5
電話番号:075-223-3120
営業時間:11:30~13:30(L.O)  18:00~20:00(L.O)
定休日:月曜日・日曜日
関連サイト:http://famille-morinaga.jp/jpn/index.html
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな