2019年6月7日 更新

京都のあじさいが見ごろに!街を彩る御池通のあじさい【御池通】

京都市役所があり、地下鉄東西線が通る京都市のシンボルロード、御池通。祇園祭山鉾巡行が行われることも有名ですが、あじさいが咲く風景も素敵です♪(画像は2018年のものです。)

御池通は京都のシンボルロード

御池通の名前の由来は、神泉苑の池のそばを通る道であったことから江戸時代中期頃に『御池通』と呼ばれるようになったと伝わっているそうです。
東は川端通から、二条城駅で一旦行き止まり、北へ一節ずれて、西は太秦の天神川通りまでの全長4.9kmです。
戦後の事業で整備され、祇園祭山鉾巡行や時代祭などのルートになり、京都市シンボルロード的な存在です。

京都市内では早期に見ごろを迎える紫陽花

御池通の紫陽花は、5月末〜6月上旬に見ごろを迎えることが多いですが、
セイヨウアジサイに関しては、ここ数年5月末には見ごろを迎えていることが多いようです。
御池通のあじさい等は、「スポンサー花壇」として御池通周辺の企業や団体、市民の皆さんから協賛と協力を得て維持管理されています。
サポーターさんのおかげでこんなに美しい風景を見せていただき、ありがたいですね!

セイヨウアジサイ 【北側】柳馬場御池~富小路御池

 (154590)

一面の青いあじさいを見ることができます。
昨年5月末には見ごろを迎えている花が多くありました。
街の景観に溶け込んでいる美しい風景を、
通りがかりに楽しまれている方、撮影を楽しまれている方もおられました。
逆さミッキーあじさい

逆さミッキーあじさい

こんな可愛いあじさいがありました。
今年はハートのあじさいと出会えたらいいな♪

アナベル【南側】柳馬場御池~富小路御池

 (154592)

北側のセイヨウアジサイの南側にアナベルという品種の白いあじさいがあります。
こちらは一面の白いあじさいが楽しめます。
昨年5月末は見ごろ前でしたが、見ごろを迎えている花もあり、
初夏の美しい風景を見ることができました。
ハートあじさい(アナベル)

ハートあじさい(アナベル)

少しですが、ハートに見えるアナベルがありました。
今年はもっとハートらしいあじさいに出会えるかな?
花数か多いので、そんな楽しみ方もありますね♪

クチコミによる評価

その他のあじさいポイントについて

★河原町御池周辺のあじさいです。

基本情報

名称:御池通(おいけどおり)
住所:京都市中京区柳馬場御池~富小路御池付近
見学:自由

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都のあじさいを巡る|「真如堂」で1,000株のあじさいと新緑に癒される

京都のあじさいを巡る|「真如堂」で1,000株のあじさいと新緑に癒される

真如堂は紅葉の名所として知られていますが、新緑も美しく、紫陽花が1000株あり、梅雨時期のお庭散策を楽しむことが出来ます。(画像は2018年のものです)
m.m
【あじさいウィーク】長岡京  柳谷観音 楊谷寺で 紫陽花に癒される【フォトジェニック】

【あじさいウィーク】長岡京 柳谷観音 楊谷寺で 紫陽花に癒される【フォトジェニック】

SNSやTVでも話題の素敵な手水舎や境内の紫陽花も素晴らしい柳谷観音さんへ行ってきました♪
m.m
【夏の風物詩】東福寺 三門前の蓮が見頃です♪

【夏の風物詩】東福寺 三門前の蓮が見頃です♪

蓮は初夏から夏に楽しめる神秘的で美しい花です。紅葉の名所として知られる東福寺の三門前で蓮がたくさんの花を咲かせていました♪
m.m
【希少】東福寺塔頭『勝林寺』で珍しい双頭蓮が開花しました♪

【希少】東福寺塔頭『勝林寺』で珍しい双頭蓮が開花しました♪

東福寺塔頭『勝林寺』で非常に珍しい双頭蓮が開花しました♪一昨年にも開花しており、今年は1つの鉢から2つの双頭蓮が開花したようです。(画像は過去のものです。)
m.m
【京都花めぐり】智積院で色とりどりの紫陽花に癒される【東山七条】

【京都花めぐり】智積院で色とりどりの紫陽花に癒される【東山七条】

東山七条にある智積院でたくさんの紫陽花を無料で楽しめました!
m.m

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m