2019年9月7日 更新

【京都名坂めぐり】観光客が絶えない京都屈指の観光スポット清水の名所☆「産寧坂(三年坂)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は東山区清水エリアにある名物坂。国内外問わず、いつも観光客でにぎわう、風情ある名坂。

清水寺参道途中の「転ぶと三年以内に死ぬ」とも言われる坂

 (162777)

東山区清水界隈。京都屈指の観光スポット・清水寺参道でもある清水坂は土産物屋やレンタル着物、陶器店など軒を連ね、国内外問わずいつも賑わう場所。
 (162779)

 (162785)

ちょうど老舗七味店角に差しかかったところで「京の坂みち」と書かれた石標が。
 (162780)

ここから北にある、ねねの道、八坂神社に向かって伸びる石段。この場所からは下りになってますが約100メートルほど。
 (162782)

 (162783)

京都らしい風情が色濃く残る重要伝統的建造物群保存地区にも指定されるエリアの名所「産寧坂(三年坂)」。わりと幅の狭い石段になっていますが、多くの観光客が記念撮影する場所でもあり。
 (162781)

808年(大同3年)清水寺創建の際に開かれたことから、その名が付いたと伝えられています。

その名前の由来は諸説あり。  
京都初の名所案内説『京童』(1658年)などにはすでに諸説挙げられ、清水寺の子安の塔に続く坂であるため産年坂というのが一般的。この坂を通って清水寺を参ると安産すると伝わっています。

他には、大同3年にできたため三年坂とも。

さらに、ちょっと怖いものとしては、転ぶと三年以内に死ぬという説も。急こう配の坂であることや、この界隈は昔のあの世とこの世をつなぐ葬送の地であったため、俗にそんな言い伝えにもなったんでしょうね。
 (162784)

そんなちょっと怖い伝説をよそに、多くの観光客にとっての人気スポットでもあり。着物姿で撮影するにも京都らしさ全開の場所でもありますね。

産寧坂(三年坂) へのツイート

基本情報

名称:産寧坂(三年坂)
住所:京都市東山区清水2丁目221

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都名坂めぐり】京都随一の観光スポット・清水の名所☆大正初期に整備「二寧坂(二年坂)」

【京都名坂めぐり】京都随一の観光スポット・清水の名所☆大正初期に整備「二寧坂(二年坂)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は東山区清水エリアにある名物坂。京都随一の観光スポット東山メインストリートにある、風情ある名坂。
【京都名坂めぐり】清水焼発祥の地!夏の風物詩・陶器まつりの五条坂に続く☆「茶わん坂」

【京都名坂めぐり】清水焼発祥の地!夏の風物詩・陶器まつりの五条坂に続く☆「茶わん坂」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は東山区、清水焼発祥の地。京都夏の風物詩・陶器まつりでおなじみの五条坂から清水寺へと続く坂。
【京都名坂めぐり】二年坂、三年坂とくればここも!観光スポット清水の風情ある京の坂道☆「一念坂」

【京都名坂めぐり】二年坂、三年坂とくればここも!観光スポット清水の風情ある京の坂道☆「一念坂」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は東山区清水エリアにある京の坂道。二年坂(二寧坂)、三年坂(産寧坂)とともに名を連ねる。
【京都陶器めぐり】恒例夏の風物詩!400もの陶器商が清水界隈に集結☆五条坂「陶器まつり」

【京都陶器めぐり】恒例夏の風物詩!400もの陶器商が清水界隈に集結☆五条坂「陶器まつり」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は毎年恒例イベント。清水焼発祥の地、五条坂に全国から集まる陶器商。気に入った陶器を求めて、多くのやきものファンが暑い中そぞろ歩き。
【京都神社めぐり】行列もできる悪縁を断ち切るパワースポット!縁みくじも必須☆「安井金比羅宮」

【京都神社めぐり】行列もできる悪縁を断ち切るパワースポット!縁みくじも必須☆「安井金比羅宮」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は縁切り祈願でおなじみの神社。大量のお札が貼られた巨石をくぐると願いが叶い、行列必至の人気スポット。そして、縁みくじも必須アイテム。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers