2022年8月16日 更新

【京都】焼肉の名店『江畑」の味を絶品コース仕立てに「祇園えばた」

肉好きの京都人の間でも名高い銘店、西陣エリアの「焼肉 江畑」。その「江畑」の味をコース仕立てでいただけるお店が祇園にありますので、ご紹介します。

名店の味をコース仕立てで

西陣の焼肉江畑

西陣の焼肉江畑

焼肉店の多い京都でもきっての人気、西陣エリアにたたずむ「焼肉 江畑」
昭和風情が残る印象的な場所で、創業40年を超える名店。
祇園えばたの外観

祇園えばたの外観

西陣の大衆店とは違う、姉妹店が祇園にオープン。場所は祇園の新橋東大路、西側の雑居ビル一階奥で、店名は「祇園 えばた」。
西陣のお店とは違い、お任せコース1本で、カウンター席のみです。

予約して伺いました。
 (226843)

まずは挨拶代わりの生系から。
たたき、はつ、厚切りタンなど。

確かな仕入れ力と目利きだからこそのクオリティ。のっけからビックリしました。
 (226844)

 (226845)

 (226846)

キムチ、キャベツ、ポテサラといった定番のアテが登場。
お酒のアテにもなりますが、ちょうどいい箸休めにもなります。
 (226847)

つづいて、ミノの湯引き。
ミノ独特の食感がよくて、濃厚なタレが食欲を誘います。
お酒のよきお供です。
 (226848)

ユッケは黄身ととろろを絡めてどうぞ。
お肉の強い味わいがたまりません。
 (226849)

サラダの野菜は鮮度もよく、ぬかりなし。

様々な部位を美味しい最適な調理方で

 (226850)

いよいよ、焼肉タイムです。
こちらでは、プロの焼き手さんが丁寧に焼いてくれるので、最高の状態に焼けるのを待って食べるという、贅沢なスタイル。
 (226852)

近江牛の牛タン塩。
 (226853)

同じく近江牛の牛ハツ塩。
 (226854)

ミノサンド。
 (226855)

続きまして和牛のサーロインも目の前で。分厚いお肉は迫力満点。食欲を搔き立てられますね。
 (226856)

あっさりと大根おろしと一緒に。いくらでも食べられそう。
 (226859)

ミスジはとろろをつけて。
 (227759)

てっちゃん片面焼きは新食感。鮮度がいいホルモンだからできるメニューです。
 (227761)

希少部位のカイノミ。
 (227760)

タレでどうぞ。
 (226860)

ヒウチは漬けにして、ごはんと共に。
タレとごはんは、言うまでもない相性の良さ。

名物のギャアネギも健在

 (226861)

この絵をみただけで、メニューがわかった方は『江畑フリーク』間違いなし。
コースの終盤に名物のギァラネギです。

まずはギアラを焼いていきます。
 (226862)

ギアラにある程度、火が入ったら九条ねぎをたっぷりと。
九条ねぎにも少し火が入ったら、特製タレを絡めます。
 (226863)

出来上がりがこちら。
食感いいのギアラと、しっとりと優しい甘味の九条ねぎ、それらをまとめるタレ、三位一体の美味しさ。お酒もすすみます。
こちらでも江畑の名物メニューがいただけるのはうれしいですね。
 (226864)

〆はカレーを。
カレーのようなビーフシチューのような、複雑な味わい。店主こだわりの逸品。
 (226865)

最後に、テールスープをいただいてホッと一息。

様々な部位を、最適な調理方法でいただけます。焼肉店ではできない、お肉の贅沢な楽しみ方。

これだけ食べて、結構飲んでお会計は13,000円ほど。祇園という場所、このクオリティを考えたらとってもお得。
予約制なので予定確認の上、伺ってみてくださいね。

店舗情報

店名:祇園 えばた
住所:京都市東山区林下町434 EXIT祇園 1F奥
電話番号:075-708-2975
営業時間:18:00~23:00 (last入店21:00)
定休日:月曜日
SNS:https://www.instagram.com/gion.ebata/
31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事