2021年12月27日 更新

【京都日本酒】雑誌VOGUEにも掲載された世界に誇れる京丹後の銘酒☆「竹野酒造」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都府京丹後市弥栄町にある国内はもちろん世界をも魅了する銘酒をつくる酒蔵。お正月用のお酒を買いに伺いました。

世界的にも認められる京都が誇る京丹後の銘酒

 (216722)

京都府京丹後市弥栄町。
以前、丹後方面へ遊びに来た際立ち寄り、運悪く臨時休業中で訪問叶わなかった1947年創業の酒蔵『竹野酒造』。その時は結局、この近くにある食品スーパーで販売されていたこちらの銘酒を購入しましたが。

この日は営業してることを確認してやってきました。
 (216725)

ちょうど奥に蔵が見え、この日は中で作業もされてる様子。
 (216723)

 (216724)

お酒はこちらで購入することができるみたいです。
杉玉がいっぱい並んでいます(笑)つい最近出来上がったお酒があるのか、うっすら緑色の杉玉も。

 (216726)

 (216727)

建物の中に入ると、自慢の銘酒が並び、それもかなり種類豊富であることがわかります。こちらでは社長を含め3兄弟で杜氏をされていて、それぞれでブランドを手掛けられていたり。そういうこともあり、このバリエーションの豊かさということなんですかね。

今回応対してくださったのは奥様ですかね。終始とても明るくフレンドリーで、ざっくばらんに商品案内をしていただき好感。
 (216728)

 (216729)

そしていきなり「ちょっとプチ自慢させてください!!」と始まり、見せてもらった世界的ファッション雑誌『VOGUE(ヴォーグ)』。掲載されたそうです。プチと言わず大いに自慢していいレベル。
 (216730)

 (216731)

さらに、こちらジャンル問わず世界の銘酒ばかりを集めた分厚い本。ちょっと詳しくはわかりませんが、この本に唯一日本酒としてこちらのお酒が掲載されたとか。大いに自慢すべきレベル(笑)

お話を聞くと、ワインのように世界のマーケットを相手にできる酒をコンセプトに現在6代目社長が酒蔵の変革をされたとか。なので、取引先には香港、フランス、シンガポール、中国などワールドワイドに展開中とのこと。
 (216732)

こちらは仕込んだ酒米ごとに命名されたシリーズや期間限定品も。
 (216734)

 (216733)

ちょっと日本酒とは思えないようなボトル。
3兄弟杜氏なので、次男三男プロデュースのものや、海外向けのプレステージキュヴェ(究極の逸品)にあたる一般には流通せずここだけでしか購入できないシリーズなど。国内のレストランでは11店舗のみの取り扱い。
 (216735)

 (216736)

さらに、これが凄いんです。
お札の透かし技法を取り入れたラベルで、フラッシュ撮影するとその模様が浮き上がって見えるというもの。このラベルだけでお酒1本分に相当するコストなんだとか(驚)さらに吹きガラスボトル使用。
 (216737)

そして、お酒を美味しく飲むためにこのワイングラスも特注で作られたんだとか。
 (216738)

いろいろとテイスティングさせていただきました。わりと甘み控えめでバナナの皮のようなフルーティーな香りが気に入りました。
 (216739)

そして、お正月用にこの2本を購入。
希少で残り僅かの『天酒大明神』とお店の方がお寿司と合わせると最高!とオススメくださった『笑顔百薬』。どちらも京丹後でとれた酒米、祝米や祭り晴で仕込み、テロワールを意識した銘酒。そしてどちらも新年を迎えるにふさわしいネームの銘酒というか。

個人的に今までいろいろな酒蔵を訪れる機会がありましたが、こんなに進化した日本酒をプロデュースされてる酒蔵が京都にあるとは、我勝手に誇り高く思ったりもしています(笑)京丹後へ来る際にはぜひ立ち寄っていただきたい酒蔵です!

ヨーイヤサ~♪

詳細情報

名称:竹野酒造
場所:京都府京丹後市弥栄町溝谷3622−1
電話:0772‐65‐2021
営業時間:10時~12時、13時~16時
定休日:不定休
公式サイト:https://yasakaturu.co.jp/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事