2018年11月15日 更新

【京都パンめぐり】真のパン好きがわざわざ足を運ぶ名店!驚愕のもっちり食パン必食☆「クロア」

市内の北西エリア、鷹峯、御土居跡すぐそばにあるパン屋さん。パン好きの間では有名店で、遠くとも足を運んで食べたくなる美味しさ。中でももっちり食パンやハード系は高評価。

驚きのもっちり湯ごね食パン

 (138348)

休日、美味しいパンを求めて鷹峯に。これまで何度か来店しましたが、運悪く臨時休業だったり定休日だったり。で、ようやくたどり着きました。市内の中心部からはかなり外れていて、アクセス的にはあまりいいとは言えませんが。

でも、そんな悪条件でもパン好きには関係なく評判のお店。
 (138349)

この日は車で。まだ10時前くらいでしょうか。朝の光です。
外観からは一見何屋さんかわからないような店構え。このバスケットに入ったパンたちが目印。
 (138350)

外観と同じく、店内の雰囲気もシンプル。平台に美味しそうな焼き目のパンが並びます。
 (138352)

デニッシュ系いろいろ
 (138353)

ふっくら系おかずパンやメロンパンなど
 (138354)

 (138351)

おかずパンでも、いろいろ挟んで焼いたタイプのものも。パン、具材、調味料の組み合わせにセンスの良さを感じます。
 (138356)

こちら、名物パンのようです。常温15時間発酵させた国産小麦100%使用の湯ごね食パン。

他、ハード系が定評らしいのですが、通常10時半から焼き上がり、全て出そろうのはお昼くらい。なので、残念ながらこの時はハード系にありつけませんでした。
 (138355)

レジ奥、厨房になっていて、ご夫婦ですかね。お二人で切り盛りされていました。
 (138357)

そして、気になるやつをいろいろと購入。

湯ごね食パン270円、ノルマンド280円、ブロッコリーの味噌マヨソース270円、カレーパン226円、クロワッサン162円。
 (138358)

とりあえず、片っ端から断面チェック。

ノルマンド。水を1滴も加えず、発酵バター、牛乳、生クリームで仕上げたリッチなパン。食べるとミルキーで濃厚な味わい。
 (138359)

発酵バター100%使用。表面のパイのガラス細工のようなカリカリ感。その中に香ばしい風味とバターの風味。
 (138360)

ブロッコリーの味噌マヨソース。ゴロゴロとブロッコリーがイン。
 (138361)

白味噌、マヨネーズ、粒マスタードのソースとブロッコリー本来の甘さが引き立てられた味わい。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】パン消費量日本一の京都が誇るオススメの老舗ベーカリー【厳選7店】

【保存版】パン消費量日本一の京都が誇るオススメの老舗ベーカリー【厳選7店】

石を投げればパン屋に当たる、といっても過言ではない京都。わりと年配の方でも朝パンを食べる人が多く、パン消費量全国ランキング1位になったことも。そんなパンにはうるさい京都人がオススメする老舗パン屋さんをご紹介します。
【京都パンめぐり】北白川の創業70年余の老舗ベーカリー!先駆けフランスパンは不変の人気☆「ヤマダベーカリー」

【京都パンめぐり】北白川の創業70年余の老舗ベーカリー!先駆けフランスパンは不変の人気☆「ヤマダベーカリー」

左京区、北白川にある創業70年余の地元ではよく知られた老舗ベーカリー。戦後珍しかったフランスパンを軸に食パンなど老舗らしい素朴な味わいのパンが今も人気。
【京都パンめぐり】神戸の超有名ベーカリー!フランスパンの巨匠を悼んで☆「オーボンパン ビゴの店」

【京都パンめぐり】神戸の超有名ベーカリー!フランスパンの巨匠を悼んで☆「オーボンパン ビゴの店」

神戸芦屋に本店構える有名ベーカリー『ビゴの店』。フランスパンの普及に尽力したパン職人フィリップ・ビゴさんが亡くなられ、故人を偲ぶべく、京都北大路にあるFC店に。
【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

たまたま北大路新町界隈を歩いていて発見。今はなき老舗パンチェーン店「バード」の支店。そして、京都発祥パンともいわれている名物レトロパンも発見。食べてみました。
【京都パンめぐり】松ヶ崎にあるカフェテラスもあるベーカリー!早朝営業がうれしい☆「コティアコティ(cote a cote)」

【京都パンめぐり】松ヶ崎にあるカフェテラスもあるベーカリー!早朝営業がうれしい☆「コティアコティ(cote a cote)」

松ヶ崎にあるベーカリー。添加物や保存料をほとんど使わず、子供からお年寄りまで安心安全に食べられるパン。休日の早朝営業がありがたい。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな