2018年8月3日 更新

マールブランシュ人気商品の”夏もの”が新登場「涼 茶の菓」は常温持ち歩きOK

京都土産として定番で人気のマールブランシュ「茶の菓」。この夏より夏もの商品が登場しましたので紹介します。今まで難しかった、夏場の常温持ち歩きが可能になり便利になりましたよ!

大人気・京都土産の新定番誕生!

 (130190)

人気菓子店・マールブランシュの「茶の菓」。軽く日持ちもすることから、京都土産としてすっかり定着していますね。抹茶嫌いでない人にはもれなく喜んでもらえるので、私もおもたせに重宝してます。

けど、挟まれているホワイトチョコレートが溶けるので、真夏の持ち歩きに向かないという難点がありました。保冷剤で対応できるものの、ちょっとおおげさになりますよね。
それを打破するため、夏限定の新製品が開発されました。これなら酷暑でも常温で持ち歩きができるそうで、6月〜8月の間、期間限定で販売されています。
京都 木津川沿いの〈川の茶葉〉をはじめとする宇治茶。その力強い旨味をいかした新しいラングドシャが誕生するまでには、たくさんの試行錯誤がありました。その結果、ホワイトチョコレートを挟むのではなく“練り込む”ことで、川の茶葉の旨味を引き立てる手法に辿り着きます。川の茶葉を多くした「涼 茶の菓」独自の合組による、キレのよい苦味。ほのかに乳味を感じる生地を薄く焼き上げて2枚を重ねることで、軽快な食感と、奥行きある味わいが生まれています。夏限定、もうひとつの茶の菓です。
暑い中でも常温OKのヒミツは、ホワイトチョコを挟むのではなく、生地に練り込み焼いている点。これでチョコが溶ける心配をせず持ち歩けるになりました。

茶の菓は山の茶葉が多く使われているのに対し、涼茶の菓は川の茶葉の割合が多いのだそう。川の茶葉はキレのよい苦味が特徴で、より濃茶感が感じられるとのことです。

店内では↓のように、主力商品として目立つように販売されていますよ。

濃茶の苦味が暑い夏にぴったり

 (130186)

違いを試すべく、両方購入してみました。左が涼茶の菓、右が通常の茶の菓です。
パッケージも涼を意識して、涼しさを感じるブルーが使われています。
 (130187)

中身はこんな感じで、上が「涼」下が通常のものです。「涼」にはチョコレートが挟まれておらず、お茶が濃厚そうなのが見て取れます。

では食べてみましょう。
「涼」はひっそりホワイトチョコを感じますが、お茶の苦味がはっきりしています。
ホワイトチョコがあるから茶の菓、という気もしますが、こうも暑いとチョコをくどく感じるのでこれぐらいでいいかも。さっぱりさが夏向きな気がします。濃いぃ〜お茶が好きな人はハマりそう。
 (130188)

「涼」も京都市内 or オンラインショップでしか買えないのでお土産に最適ですし、自分用に買っても満足できると思います。冷茶のおともに、アイスコーヒーのおともに、アイスを添えて食べてもおいしそうですよ!

茶の菓をお土産に、おもたせにしたいけど持ち歩きが心配…と諦めていた皆さん、涼茶の菓なら心配無用です。あと1ヶ月ほどの販売予定なので、上手に活用してくださいね。

こんばんは。 今日もお疲れ様です。 * 今日のおやつは京都 北山「MALEBRANCHE(マールブランシュ)」さんの夏限定「涼 茶の菓」です。 * ご説明では… 京都 木津川沿いの〈川の茶葉〉をはじめとする宇治茶。 その力強い旨味をいかした新しいラングドシャが誕生するまでには、たくさんの試行錯誤がありました。 その結果、ホワイトチョコレートを挟むのではなく“練り込む”ことで、川の茶葉の旨味を引き立てる手法に辿り着きます。 川の茶葉を多くした「涼 茶の菓」独自の合組による、キレのよい苦味。 ほのかに乳味を感じる生地を薄く焼き上げて2枚を重ねることで、軽快な食感と、奥行きある味わいが生まれています。 夏限定、もうひとつの茶の菓です。 とのこと。。 * ラングドシャと言ってもチョコレートが挟み込んである訳ではなく、ホワイトチョコレートを生地に練り込んであります。 お濃茶なだけあり、抹茶が濃いです。 通常の「茶の菓」より、ビターで大人の味わいです。 * 前はラインストーンを付けたりしてキラキラした爪が好きでしたが、最近はめっきりシンプルなネイルです。 * 連休中に作ってしまった靴づれが痛いです。。 それでは、おやすみなさい。。 * #マールブランシュ #京都北山マールブランシュ #茶の菓 #涼茶の菓 #抹茶 #濃茶 #ラングドシャ #期間限定 #季節のお菓子 #スイーツ #スィーツ #スイーツ部 #おやつ #本日のおやつ #今日のおやつ #お茶 #お茶の時間 #ティータイム #malebranche #malebranche京都北山 #chanoka #ryochanoka #greentea #tea #teatime #seasonsweet #sweet #sweet #sweetspic #oyatu

@ hina_nyanchuがシェアした投稿 -

ITEM DATA

商品名:涼 茶の菓
販売場所:マールブランシュ京都北山本店など、京都市内店舗およびネットショップ(ネットでは8/19まで注文可能)
販売価格:5枚入¥680/10枚入¥1,360/20枚入¥2,721 など(いずれも税込)

H.P:http://www.malebranche.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/malebranchekyoto/
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【最新まとめ】京都街中で見かけた抹茶使いフード☆宇治抹茶推しにもほどがある!ついにここまできたか!!

【最新まとめ】京都街中で見かけた抹茶使いフード☆宇治抹茶推しにもほどがある!ついにここまできたか!!

京都を連想させる食品にもいろいろありますが、その代表格として登場する『宇治抹茶』。スイーツ系のお店ならほぼほぼ抹茶使用のメニューがあったり。最近ではスイーツにとどまらず、街の至る所で抹茶推しが見受けられます。そんな街の抹茶づくしの光景を集めました。
新施設・京都タワーサンド限定の名物スイーツ誕生!濃厚な抹茶のアイスバーは必食!!「京都北山 マールブランシュ」【京都駅前】

新施設・京都タワーサンド限定の名物スイーツ誕生!濃厚な抹茶のアイスバーは必食!!「京都北山 マールブランシュ」【京都駅前】

これは京都に来たらゼッタイ食べてください(笑)感動です。京スイーツの名店・マールブランシュが手がける京都タワーサンド限定のお濃茶アイスバー。
【お土産にオススメ】 ひんやり美味しい宇治抹茶ロール「茶游堂(ちゃゆうどう)」(六地蔵)

【お土産にオススメ】 ひんやり美味しい宇治抹茶ロール「茶游堂(ちゃゆうどう)」(六地蔵)

みんな大好きスイーツのご紹介です。本日は、六地蔵 抹茶ロールで有名な茶游堂に行ってきました。
【京都発酵食品めぐり】自家製発酵スイーツも人気!レアな食品も並ぶ発酵ワールド☆発酵食堂カモシカ「発酵マルシェ」

【京都発酵食品めぐり】自家製発酵スイーツも人気!レアな食品も並ぶ発酵ワールド☆発酵食堂カモシカ「発酵マルシェ」

JR嵯峨嵐山駅からスグの場所にある、発酵食品づくしな料理が楽しめる「発酵食堂カモシカ」。自家製発酵食品はもとより、全国から選りすぐりの発酵食品が並ぶマルシェが食堂のすぐそばに。
華やかさにうっとり☆茶の匠こだわりパフェ*季の音(きのね)【四条河原町】

華やかさにうっとり☆茶の匠こだわりパフェ*季の音(きのね)【四条河原町】

繁華街のど真ん中にあるお茶カフェの一号店を冠した人気茶寮。隠れ家的な空間でお茶の匠が作り上げる盛りだくさんのパフェはいかが?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス