2017年11月27日 更新

【京都珍神社】世界遺産・下鴨神社糺の森にある美人の神様!女子は全員今すぐ直行祈願!!「河合神社」

世界遺産、下鴨神社境内、糺の森にある神社。最近、ここを参拝すると美人になれる!というフレコミで、女性参拝客でにぎわっています。美人祈願にちなんだ鏡絵馬も話題。

霊験あらたかな糺の森にひっそりたたずむ神社

 (105258)

下鴨神社の摂末社。境内の糺の森の「瀬見の小川」の西側。ひっそりとたたずむ神社ですが、最近若い女子の間で人気スポット。
 (105259)

なんでも、美人の神様がいて美人祈願ができるということで。私もこうしちゃおれない!と参拝に来たわけですが(笑)
 (105261)

神武天皇のご母神として、玉依姫命がご祭神。すべての女性が一層美しくなり、安産・育児・縁結びなど、女性の願望をかなえてくれる神様。女性の味方です。
 (105262)

 (105264)

ちょうど神事があったのか、烏帽子、白装束姿の神社の方が社殿に参拝。厳かな雰囲気でした。
 (105273)

境内。そして、その東側。
 (105266)

こんな建物が。中は囲炉裏部屋。日本三大随筆家・鴨長明が晩年過ごしたとされる家「方丈の庵」を再現。
 (105265)

「方丈記」の著者・鴨長明は、河合神社の神宮の家系に生まれましたが重職に就くことができず、世を嘆いて方丈記を書いたと言われています。
 (105268)

そして、丸い形の絵馬が並んでいます。
 (105269)

女子必見の鏡絵馬。日本古来の柄鏡の形をしている珍しい「鏡絵馬」。
 (105271)

自分のメイク道具で願いを込めて鏡絵馬に化粧する御化粧室。といっても、化粧品がなくてもクレヨンが用意されてます。
 (105272)

手鏡型の絵馬を自分の顔と見立てて、キレイにメイクを仕上げ、自分の願いの裏面に書いて祈願するというもの。内面の美しさも併せて。
 (105270)

いろいろな思いが込められていますね。仕上りも十人十色といいますか。
私も祈願したんですが、それ以降飲食店でサービスで1品つけてもらったり、殿方に親切にされる場面ひんぱんに。これって、美人祈願の賜物かも!(妄想)

まあ、冗談はさておき女子はこぞって参拝することをオススメします。

河合神社 へのツイート

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都美人祈願】世界遺産・下鴨神社糺の森にある『美人水』でめざせべっぴんさん!!「河合神社」

【京都美人祈願】世界遺産・下鴨神社糺の森にある『美人水』でめざせべっぴんさん!!「河合神社」

世界遺産、下鴨神社境内、糺の森にある神社。参拝すると美人になれる!というフレコミで、女性参拝客でにぎわう神社。美人祈願にちなんだ鏡絵馬も話題だが、今回はさらに美人度アップの美人水をいただきに参拝してきました。
【京都神社めぐり】世界遺産に初詣!糺の森でパワーチャージ!!世界に一つだけの御守で運気上々☆「下鴨神社」

【京都神社めぐり】世界遺産に初詣!糺の森でパワーチャージ!!世界に一つだけの御守で運気上々☆「下鴨神社」

京都パワースポット神社としても名高い世界遺産・下鴨神社。新しい年を迎えた初詣ということで、いつも以上に念入りに。世界に一つしかない御守も人気。
【京都下鴨エリア】渡り鳥の季節到来かも!下鴨神社や鴨川デルタでバードウォッチング☆発足日本最古「日本野鳥の会京都支部」

【京都下鴨エリア】渡り鳥の季節到来かも!下鴨神社や鴨川デルタでバードウォッチング☆発足日本最古「日本野鳥の会京都支部」

タイトルが『鴨』バブルです。「到来かも!」にも隠れ鴨を忍ばせています(笑)年末の紅白歌合戦、最後の会場赤白カウントでおなじみ「日本野鳥の会」。その京都支部で野鳥を探しながら歩く「探鳥会」があり、参加してきました。
【チームラボ】2018年も開催!下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab - TOKIO インカラミ

【チームラボ】2018年も開催!下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab - TOKIO インカラミ

夕涼みが楽しくなる夏の終わり。数多く存在する神社の中でもとくに長い歴史を誇り、世界遺産でもある下鴨神社とその前に広がる糺の森で、幻想的な光の祭が開催されます。手掛けるのはアート集団のチームラボ。京都を舞台に新たな伝統行事が誕生しようとしています。
【京都】世界遺産でチームラボによる光のイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭」開催中!

【京都】世界遺産でチームラボによる光のイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭」開催中!

話題のクリエイター集団「チームラボ」が、世界文化遺産の下鴨神社とタッグを組んでライトアップイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭」を開催!会期は9月2日まで、お見逃しなく!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers