2017年12月4日 更新

【京都師走の風物詩】食べて祈願!!中風封じ・厄除け☆12月7日~8日「大根だき」【千本釈迦堂】

毎年恒例、12月7、8日に行われる京都師走の風物詩。境内で炊かれる絶品の大根だきを食べて、中風封じ、厄除けを祈願する行事。

湯気に包まれる毎年12月7~8日の恒例行事『大根だき』

 (106763)

北野天満宮ほど近く、真言宗智山派の寺院で通称・千本釈迦堂として地元民にはよく知られているお寺。正式名称・大報恩寺。
 (106764)

節分の頃には境内で茂山狂言社中による狂言も観賞できる「おかめ福節分」、春は「阿亀桜(おかめさくら)」の名で親しまれる大きな枝垂れ桜が有名だが、この時期はこれ。

毎年、12月7日・8日に行なわれる成道会法要「大根だき」。京都師走の風物詩として有名で、ニュースでも毎年紹介されています。
 (106765)

根の切り口に梵字を書いて息災祈願を行なったのが起源とされる法要で、この大根を炊いて食べると中風など諸病除けになるというもの。

お釈迦さまを偲んで、聖護院大根一個一個に梵字を書き、これが大根だきの材料に。最近では参拝者が増加して聖護院大根が不足し、長い大根を使用されてるようですが。
 (106766)

普段はひっそりとした境内には大釜が用意され、お寺の方が総動員で大量の大根を炊かれています。

寒い冬のこの湯気の立ち上る光景がなんともいい風情なんですよね。
 (106767)

大釜で炊いた大根、味が滲みてて本当に美味しいんですよね。厄除け祈願なんですけど、こういう食べながら祈願するっていいですよね(笑)毎年これを目当てに多くの参拝客でこの時期にぎわいます。大根だき授与は10:00〜16:00、供養料として1000円。

ヨ~イヤサ~♪

千本釈迦堂 大根だき への口コミ

詳細情報

日時:12月7,8日 10~16時
料金: 1000円 (供養料)
場所:千本釈迦堂(京都府京都市 上京区七本松通今出川上ル溝前町1034)
電話番号:075-461-5973
関連サイト:http://www.daihoonji.com/
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都北野天満宮】一年の厄除けを願う大福梅授与も開始!絵馬も新年の装い

【京都北野天満宮】一年の厄除けを願う大福梅授与も開始!絵馬も新年の装い

毎年恒例12月13日、一年の厄除けを願う大福梅の授与も始まった北野天満宮。そして、新年に向けての絵馬も飾られてました。
京都師走の風物詩!食べて祈願!!中風封じ・厄除け「大根だき」【千本釈迦堂】

京都師走の風物詩!食べて祈願!!中風封じ・厄除け「大根だき」【千本釈迦堂】

食べる系の厄除けって、いいですね(笑)毎年恒例、12月7、8日に行われる京都師走の風物詩。境内で炊かれる絶品の大根だきを食べて、中風封じ、厄除けを祈願する行事。
【2017京都イルミネーション特集】国内2番目の高さを誇るヒマラヤスギのクリスマスツリー!「同志社大今出川キャンパス」

【2017京都イルミネーション特集】国内2番目の高さを誇るヒマラヤスギのクリスマスツリー!「同志社大今出川キャンパス」

同志社大学今出川キャンパス。烏丸通りを歩いていても目立つイルミネーションが施された巨大クリスマスツリー。レンガ造りの校舎に映える一点豪華主義なイルミネーション。
【まとめ】6月30日は和菓子・水無月(みなづき)を食べる日!京都オススメの和菓子店【4店】

【まとめ】6月30日は和菓子・水無月(みなづき)を食べる日!京都オススメの和菓子店【4店】

京都では6月30日、夏越の祓(なごしのはらえ)に和菓子・水無月を食べる習慣があり、最近では全国的にもそれが広がっているようです。今回は京都オススメの美味しい水無月をまとめてみました。
絶賛開幕中!京都冬の風物詩・先斗町歌舞練場「吉例顔見世興行」に行ってきました!!

絶賛開幕中!京都冬の風物詩・先斗町歌舞練場「吉例顔見世興行」に行ってきました!!

すでに絶賛開幕中。毎年恒例の吉例顔見世興行。今年の舞台は先斗町歌舞練場。それにともない先斗町界隈はいつも以上のにぎわい。さっそく鑑賞してきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな