2017年10月18日 更新

“西陣の聖天さん”の愛称で親しまれるお寺!名水もあり!!雨の日に行きたくなる桜の名所「雨宝院」

西陣エリアにあるこじんまりとしたお寺。境内にはいろいろな品種がある桜の名所。最近雨続きの中、「雨」の文字に惹かれて初訪(笑)

「雨」キーワード数珠つなぎ的に初訪

 (98864)

千本今出川通りを東へ。
 (98865)

で、歩いていると「雨」のつくお寺発見。よく雨の日に行きたいお寺!みたいなまとめ記事はありますが、「雨」キーワードに特化した観光てないな、と。

最近雨続きなんで、少し遊び感覚でそんなめぐり方するのも面白いかと、雨宝院へ行ってみることに。
 (98862)

本隆寺の土壁。いつもこのインパクトでこっちばかり見入ってましたが。
 (98866)

その土塀の北向かいにある雨宝院。西陣の聖天さんとして、親しまれているお寺。
 (98867)

平安時代(821年)空海(弘法大師)が建立。真言宗の寺であり、後に禅宗に改める。応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失。安土・桃山時代(1573-1592)この地へ移り、雨宝院のみ再建。再び真言宗に改める。現在の建物は、天明の大火(天明8年・1788年)で鳥有に帰した後に堂舎を再々興されたもの。
 (98871)

西陣五名水の一つ「染殿井」が境内にあり、染織に敵した水であったことからこの名がつき、水飢饉の際にも涸れることなく水が湧いたそうです。
 (98872)

インド由来の仏教守護神・聖天こと大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)をご本尊とし、「西陣の聖天さん」の愛称で親しまれる。
 (98870)

そして、こちらは桜の名所としても知られ、境内には歓喜桜(御室桜)、御衣黄(ぎょいこう)という黄緑色の八重桜、松月桜、枝垂れ桜があり、春にはにぎわいを見せる。
 (98873)

本尊脇には「雨宝童子」が祀られ、聖天尊の化現とされる。雨宝院の名の由来に。「雨宝」とは法雨、雨が宝のように降るという意味。そんなに降られてもちょっと困りますが(笑)「五秘密像」も安置。

ひっそりとした雰囲気が魅力的なお寺。雨の日にあえて観光してみてはいかがですか?

雨宝院 へのツイート

詳細情報

住所:京都市上京区 智恵光院上立売西入る聖天町9-3
電話番号:075-441-8678
関連サイト:https://www.uhoin.com/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018京都桜パトロール】まだまだ見頃の遅咲き桜も!穴場的桜の名所“西陣の聖天さん”☆「雨宝院」

【2018京都桜パトロール】まだまだ見頃の遅咲き桜も!穴場的桜の名所“西陣の聖天さん”☆「雨宝院」

西陣エリアにあるこじんまりとしたお寺。境内にはいろいろな珍しい品種の桜もあり、早咲きから遅咲きまで長い期間桜を楽しめることでも知られている桜の名所。
【京都珍スポット】釘と釘抜きのレア絵馬が!全ての苦を抜いてくれるお地蔵☆石像寺「釘抜地蔵」

【京都珍スポット】釘と釘抜きのレア絵馬が!全ての苦を抜いてくれるお地蔵☆石像寺「釘抜地蔵」

西陣界隈にある、ちょっと珍しいお寺。境内、本堂には釘と釘抜きがセットになった絵馬が張りめぐらされ、圧巻の光景。そして、弘法大師が掘った井戸もあり。
「焼き菓子工房 COLETTE(コレット)」下鴨から西陣へ移転

「焼き菓子工房 COLETTE(コレット)」下鴨から西陣へ移転

以前紹介した「焼き菓子工房 COLETTE(コレット)」が5月末、下鴨から西陣へ移転しました。先日イートインで訪問しましたので紹介します。
【京都お寺めぐり】『そうだ京都行こう』CMで一躍メジャースポットに!睡蓮満開まさに見頃☆「勧修寺」

【京都お寺めぐり】『そうだ京都行こう』CMで一躍メジャースポットに!睡蓮満開まさに見頃☆「勧修寺」

山科にあるお寺。これまでわりと穴場だったのが、今年JR東海『そうだ京都行こう』のCMで桜の名所として一躍有名に。そして、現在は花菖蒲や睡蓮が見頃。行ってきました。
京都西陣エリア|老舗鳥料理専門店で頂くふわトロの絶品親子丼「鳥よし」

京都西陣エリア|老舗鳥料理専門店で頂くふわトロの絶品親子丼「鳥よし」

千本今出川を南へ少し、老舗の鳥料理専門店「鳥よし」でランチの親子丼を頂いてきました。北野天満宮からもほど近い場所にあり、オススメのランチ処です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers